医学書院

検索
HOME書籍・電子メディア > 書籍詳細

京都ERポケットブック


編集:洛和会音羽病院 救命救急センター・京都ER
責任編集:宮前 伸啓
執筆:荒 隆紀

  • 判型 A6
  • 頁 416
  • 発行 2018年06月
  • 定価 3,780円 (本体3,500円+税8%)
  • ISBN978-4-260-03454-8
悩める研修医、コメディカルスタッフに捧げる! 救急診療の新バイブル
多くの研修医がERで経験すること――救急車で搬送された患者の緊急対応についていけず置いてけぼり。ウォークイン患者の問診に時間がかかり、検査治療計画が立たずあっという間に1時間。イライラする看護師、患者、家族――。ところが上級医はごく短時間でそれらを組み立て解決し、その上系統だったフィードバックまでこなす。本書は研修医時代の荒隆紀医師の問題意識から生まれた書。上級医は頭の中でこう考えこうアプローチしている!
序 文
推薦の序(松村理司)/(宮前伸啓)


推薦の序

 医学部卒業直後から呼吸器外科を専攻した筆者が,研修教育において日本と大きく異なる方法と戦略をもつ米国式臨床医学に初めて触れたのは,卒後10年も経ってからである.それは1983年,沖縄県立中部病...
推薦の序(松村理司)/(宮前伸啓)


推薦の序

 医学部卒業直後から呼吸器外科を専攻した筆者が,研修教育において日本と大きく異なる方法と戦略をもつ米国式臨床医学に初めて触れたのは,卒後10年も経ってからである.それは1983年,沖縄県立中部病院の見学研修を通してであった.「H & P(病歴聴取と身体診察)を重視した診断推論,文献(エビデンス)による裏付け,チーム医療下での屋根瓦式教育体制」は,「目から鱗が落ちる」代物であった.
 救急医療の圧倒的な量とそれを支える質にも驚かされた.救急車もwalk in患者も決して「断らない救急」の迫力を見せつけられた.内科診療部長(当時)の宮里不二彦先生の次のような文言は,実に刺激的であった.「本土の医療は,癌の診断だけなんだよね」「水分がとれて,食事ができて,話せて,座れて,立位になれて,歩けて,排尿・排便があって,体重が変わらず,仕事もできれば,BUNが200 mg/dLを超えても,緊急入院させる必要なんてないよ!」.その後すぐに渡米遊学し,あちこちの本場のERを視察する機会があったので,「北米型ER」はすっかり自明のものになってしまった.
 さて洛和会音羽病院は,「断らないER型救急」の診療実態が評価され,2012年に近畿圏の民間病院では初めて「救命救急センター」に指定された.「京都ER」も冠しているが,これは,米国でドラマ『ER』の放映が始まるといち早く取り入れられたと聞く.「問題は中身だな」と感じながらも,現場から離れ,洛和会音羽病院院長から弊会全体の医局をまとめる立場(総長)になりしばらく経った頃,他院で後期研修中の荒 隆紀医師の来訪を受けた.「2年間の初期研修と1年間の呼吸器内科研修中の3年間のER経験を基に,研修医用救急実践書をまとめました.ついては,正式にERでの屋根瓦式教育の補完材料にしてもらえないでしょうか?」という要件である.散見するに,内容は濃く,京都ERで働く若手医師にとても便利である.ひょっとすると,他院のERでも役立つかも?
 というわけで,出版の可能性も俎上に載り,いっそうの普遍化を図るべく,京都ERを代表して若手の宮前伸啓医師にも応援してもらうことになった.「ポケットサイズ,ボックス内まとめ,箇条書き,mnemonic(ネモニック)の使用,イラスト・写真や図表の多用」などの方針も確認された.荒・宮前両君の原稿は,弊会臨床の主砲である酒見英太医師の綿密な点検を受けることになった.
 本書は,研修医がERでまごつかないために創出された.彼・彼女らの琴線に触れることを願う.

 2018年4月
 医療法人社団洛和会 総長 松村理司




 ER初療に出始めたばかりのとき,多くの研修医には立ちはだかる様々な壁があります.
 救急車で搬送された患者の緊急対応についていけず置いていかれる.一方,walk in患者を診はじめると,問診に時間がかかり検査治療計画が立たず30分,1時間と経過してゆく.いらいらする看護師,患者,家族.たまっていく患者リスト.
 ところが上級医に相談すると,短時間で組み立てて解決する.そのうえで,系統だったフィードバックをしてくれる.
 「なぜその頭の中を言語化してまとめないんだ!」
 当時の当院研修医,荒 隆紀先生の問題意識から生まれたのが,この『京都ERポケットブック』です.
 この本では,救急車でくる蘇生レベルからwalk inでくる低緊急レベルまで,症候別に記載し,診察前に短時間で確認しておく外せないポイントを「アタマの中」として表現しています.また内科だけでなくERとして対応が必須な眼科,耳鼻咽喉科,皮膚科,泌尿器科,形成外科,整形外科,婦人科,小児科といったマイナーエマージェンシーの内容も網羅しており,それ以外にも,救急での情報収集ツール,覚えきれないけれど必要時にすぐに参照したい表やフローチャートも「使える! ERの覚え書き」としてまとめて盛り込まれています.
 後進教育のため3年前に院内自主制作されて以来,当院の研修医にとってはなくてはならないバイブルとなりました.今回,そのコンセプトを継承しながら,現時点での当院ERでのマネジメントや研修医へのフィードバックの内容と突き合わせて刷新し,発刊に至りました.そして常に持ち歩けるようにできる限り小さく書籍化をお願いしました.
 ERは診断のついていない患者が緊急度,内容,時間を問わず様々にやってきます.限られた時間で患者や家族とラポールを作り,ニーズを汲みとりながら,医療スタッフと一丸となってトリアージ,蘇生,次の治療への引き継ぎを次々と行うことが求められます.
 研修医がER研修で培うこうした患者・看護師・医師との対話力,様々な疾患,緊急度に対する初期対応力,瞬間瞬間の状況判断力は,どの診療科に進むにせよ必ず役に立つ能力だと信じています.
 本書がER研修の壁を乗り越えるための一助となることを願っています.

 2018年春
 宮前伸啓
目 次
I 原則編
 ER診療の大原則
 ER診療の流れ
 ER診療におけるプレゼンテーション
 ER診療におけるリスクマネジメント
 ER研修での学習方略(1) 成人学習理論を利用して
 ER研修での学習方略(2) 検査の判定や日々の学習にEBMを利用する

II 検査編
 (1)血液ガス分析
 (2)心電図
 (3)救急エコー
 (4)胸部X線
 (5)グラム染色
 (6)CT読影
 (7)頭部MRI
  COLUMN 脳梗塞局在診断の手引き

III トリアージで考える 主訴別アプローチ編
 トリアージ赤
  心肺停止
  多発外傷
  ショック
  呼吸困難
  胸痛
  けいれん
  喀血
  吐血,下血
 トリアージ黄
  意識障害
  めまい
   COLUMN 徹底分析! 中枢性めまい
  頭痛
  腹痛
  腰背部痛
  失神
  麻痺,脱力,しびれ
  嘔気・嘔吐
  発熱
  風邪
   COLUMN インフルエンザ
  咽頭痛
  陰嚢痛
  血尿
  分類困難愁訴
  【ERでの電解質異常対応(1)】高K血症
  【ERでの電解質異常対応(2)】低K血症
  【ERでの電解質異常対応(3)】低Na血症
  【ERでの電解質異常対応(4)】高Ca血症
 トリアージ緑
  咳
  下痢
  下腿浮腫

IV 治療編
 ERでの気管挿管
 ERでの人工呼吸器管理
 ERでのNPPV
 ERでの抗菌薬

V 特殊分野編
 薬物中毒
 創傷処置
 熱傷
 皮膚科救急
 整形外科救急
 眼科救急
 耳鼻咽喉科救急
 妊婦,婦人科救急
 透析患者救急
 トラブル患者対応

VI 使える! ERの覚え書き
 一般
 循環器
 呼吸器
 消化器
 血液
 腎臓
 神経
 小児
 感染症
 薬剤

あとがき
索引