医学書院

検索
HOME書籍・電子メディア > 書籍詳細

発達障害支援の実際

診療の基本から多様な困難事例への対応まで

編集:内山 登紀夫

  • 判型 B5
  • 頁 264
  • 発行 2017年11月
  • 定価 5,832円 (本体5,400円+税8%)
  • ISBN978-4-260-03239-1
発達障害支援の“現場”の実態に沿ってまとめた実践的解説書
自閉スペクトラム症(ASD)や注意欠如・多動症(ADHD)などの発達特性を有する人をどのように診断し、どう支援していくべきか――。本書は、昨今の精神医療・福祉の現場で最も関心の高いテーマの一つである発達障害の診療・支援に真正面から向き合い、具体的な対応策を提示するもの。検査ツールの使い方や薬物療法、困難事例への対応など、発達障害にまつわるさまざまなトピックを第一人者らが具体的・実践的に解説。
序 文


 本書は自閉症スペクトラムを中心に発達障害の診断と評価,支援について医師や心理,福祉,司法関係者ら専門的支援者の参考になる内容を伝えるために企画されました。
 きっかけは厚生労働科学研究補助金による2つの研究「障害者対策総合研究事業,発達障害者に対する長期的な追跡調査を踏ま...


 本書は自閉症スペクトラムを中心に発達障害の診断と評価,支援について医師や心理,福祉,司法関係者ら専門的支援者の参考になる内容を伝えるために企画されました。
 きっかけは厚生労働科学研究補助金による2つの研究「障害者対策総合研究事業,発達障害者に対する長期的な追跡調査を踏まえ,幼児期から成人期に至る診断等の指針を開発する研究 平成22~24年度」と「精神神経分野 青年期・成人期発達障がいの対応困難ケースへの危機介入と治療・支援に関する研究 平成25~27年度」でした。通常は研究報告書と,それをもとにした論文が専門誌に発表されることが多いのですが,本研究班の成果をもっと読みやすく,まとめて読めるような方法で発行したいという気持ちが強くなり,医学書院の松本哲さんと相談してこうして形にすることができました。
 昨今の発達障害ブームもあり,発達障害に関する書籍は数多く発行されています。しかし,成人の発達障害を対象にした専門家向けの成書は少なく,さらに,本書のメインテーマの1つである,いわゆる対応困難例について包括的に論じた書籍はほとんどありませんでした。メディアが報じる触法発達障害者の情報は,ごく一部のセンセーショナルな犯罪を題材にした偏ったものが多く,私の目からは到底,現場の実態を反映しているようには思えませんでした。
 そこで本書は主に思春期以降から成人期にかけて発達障害の人を支援する専門家を想定し,触法問題などにも正面から論じ,正しい情報を伝えることを意図しました。
執筆者は2つの研究班の分担研究者や研究協力者の方に依頼しました。職種は精神科医師,心理士,福祉職,弁護士,研究者と多様ですが,いずれも現場で実際に発達障害者の支援をし,実態を熟知されている方ばかりです。
 発達障害の子どもや成人は療育センターや,児童精神科,発達障害者支援センターなどの専門的な機関だけで支援を受けているわけではありません。実際には一般の精神科クリニックで治療をされている人が非常に多いと思われます。元来は発達障害の支援を想定していなかった児童福祉施設や少年院などの矯正機関,医療観察病棟などでも支援を受けています。これまで,このような成人や子どもは発達障害と気付かれないままに支援をされてきました。本書で,お示ししたように,実際には発達障害の頻度は低くなく,発達障害の特性に配慮した支援を必要としています。
 これだけ社会で発達障害が喧伝されるようになった現在も,一部の医療関係者の中には発達障害は治療法がないと誤解している人がおり,特に対応困難例についてははじめから支援を忌避する専門家も多いことは残念なことです。そこで本書では対応困難例も対象に支援方法についても紹介しています。
 発達障害の人は多様な機関に遍在しています。いわゆる対応困難例についても,いきなり問題行動を示すことは少なく,問題行動が生じるまでに,さまざまなサインがあり,そのサインを見つけることで予防的支援を行うチャンスがあります。
 対応困難な問題を予防するためには,支援機関では発達障害の可能性がある人を見いだし,発達障害特性を評価し,それに基づく支援を行うことが重要です。そのような臨床の実践に本書が役立つことを願っています。

 2017年10月
 内山登紀夫
目 次
1 発達障害の疫学
 総論
 精神科クリニック
 児童福祉施設
 精神保健福祉分野
 児童医療機関
 成人医療機関
 医療観察法における指定入院医療機関・指定通院医療機関
 矯正施設における発達障害の疫学的知見

2 診断とその方法
 診断総論-主な症状と特徴
 面接の進め方と注意すべき事項
 評価ツール
  A 対人応答性尺度(SRS)-成人版
 ASDの診断ツール
  A ASDIとDISCO
  B ADI-RとADOS-2
  C CARS-2
  D PARS-TRの紹介

3 その他の精神疾患の合併・鑑別
 自閉症スペクトラム(ASD)とその他の発達障害の合併
 発達障害とその他の精神・身体疾患との合併

4 発達障害と問題行動
 問題行動総論
 不登校・ひきこもり,自殺関連行動
 発達障害と非行
 発達障害と犯罪

5 発達障害の支援の原則
 TEACCHとSPELLの原則
 非行からの復帰支援

6 発達障害の支援方法
 支援方法総論
 領域別の支援のあり方
  A 児童・思春期精神科
  B 成人精神科支援
  C 精神保健福祉分野における発達障害者支援と困難事例への対応
  D 児童福祉領域
  E 矯正医療(少年院,鑑別所,刑務所など)
  F 医療観察法-発達障害をもつ触法者の支援と医療観察法の問題点
 支援技法
  A CRAFTについて
  B DBT
  C SOTSEC-ID

7 発達障害とリスクアセスメント
 リスクアセスメント総論
 リスクアセスメントツール
  A 問題行動への予防的介入のためのアセスメントツール:@PIP33-ver.ASD
  B ARMIDILO-S

8 海外から学ぶ発達障害の支援
 海外の支援システムの紹介
  A 英国
  B オーストラリア・ビクトリア州における犯罪をした
     発達障害者への支援システム
  C 韓国における触法性発達障害者への刑事法的対応
  D ドイツにおける触法性発達障害者への刑事法的対応
  E カナダ・オンタリオ州における知的障害・発達障害のある
     支援困難な人への地域移行と地域包括的な支援

9 事例で学ぶ発達障害の支援
 自閉スペクトラム症(ASD)と境界性パーソナリティ障害(BPD)の併存事例
 発達障害・知的障害のある触法行為者への支援
 触法行為などの社会行動面での課題を有する事例
 児童福祉領域での支援
 児童・思春期精神科の入院治療ケース
 長年の引きこもり生活から就労・地域参加を果たした症例
 発達障害のある非行少年への地域生活支援センターによる支援
 救命救急センターに搬送された自殺企図事例への危機介入と再発予防

索引