医学書院

検索
HOME書籍・電子メディア > 書籍詳細

造血幹細胞移植ポケットマニュアル


編集:国立がん研究センター中央病院 造血幹細胞移植科
執筆:福田 隆浩

  • 判型 B6変
  • 頁 500
  • 発行 2018年02月
  • 定価 4,860円 (本体4,500円+税8%)
  • ISBN978-4-260-03160-8
造血幹細胞移植に関わるすべての医療スタッフに向けて
造血幹細胞移植に関するガイドラインや書籍・雑誌は多数出版されているが、具体例まで記載されたものは多くはない。特にエビデンスが少ない分野は、施設ごとにプラクティスが異なっており、臨床現場では「実際、どうすればいいの?」との困惑もある。本書では、国立がん研究センター中央病院で実際に行っている方法を具体的に解説。また移植適応判断や合併症対策の基本なども詳述。血液内科医はもちろんコメディカルにもおすすめ!
序 文


 造血幹細胞移植は,造血器腫瘍に対する最も強力な治療法ですが,その反面,合併症も多く,救命できないこともあります.造血幹細胞移植に関するガイドラインや単行本が出版されていますが,具体例まで記載されたものは多くありません.特にエビデンスが少ない分野は,施設ごとにプラクティスが異...


 造血幹細胞移植は,造血器腫瘍に対する最も強力な治療法ですが,その反面,合併症も多く,救命できないこともあります.造血幹細胞移植に関するガイドラインや単行本が出版されていますが,具体例まで記載されたものは多くありません.特にエビデンスが少ない分野は,施設ごとにプラクティスが異なっているのが現状で,臨床の現場で「実際,どうすればいいのだろう?」と困ることもよくあります.そこで当院の若手医師向けのマニュアルを土台として,以下のようなコンセプトでマニュアルを作成することとしました.
・ポケットサイズにコンパクト化し,日常診療の際に持ち運べる.
・移植の全体像をつかむことができ,重要なポイントを簡潔明瞭に記載している.
・当院で実際に行っている方法を,具体的にわかりやすく解説している(処方例には,国内で保険適用されている病名・用法・用量と異なる場合もあります).

 当院の「造血幹細胞移植科」は,医師だけではなく看護師,薬剤師,移植コーディネーター(HCTC),管理栄養士など多職種チームで年間100件前後の造血幹細胞移植を行っています.1人でも多くの患者さんの完治を目指して,特にGVHDや感染症など合併症のコントロールと移植後長期フォロー外来には力を入れてきました.

 本マニュアルは,造血幹細胞移植の初心者である「レジデント」にわかりやすい内容を目指していますが,看護師・薬剤師・HCTC・管理栄養士などコメディカルスタッフの教育用にもお勧めです.もちろん,日本造血細胞移植学会の認定医試験にも役立つように最新の考え方を紹介しています.また,各疾患の移植適応判断や感染症も含めた合併症対策の基本など,普段,移植にかかわることが少ない血液内科の医師にとっても重要な内容を盛り込んでいます.ただし小児患者についての記載は不十分な面もあり,他の総説やガイドラインを参照していただけましたら幸いです.

 今後,造血幹細胞移植にかかわるすべての職種にとって,病棟・外来の診療現場で役に立つ「ポケットマニュアル」になることを願っています.

 2018年1月
 国立がん研究センター中央病院造血幹細胞移植科
 福田 隆浩
目 次
第1章 造血幹細胞移植を行うまでの準備
 1 造血幹細胞移植の基本
 2 患者・家族への説明
 3 HLA検査・ドナー検索
 4 ドナー・幹細胞の選択
 5 移植コーディネートの進め方
 6 移植適応の考え方:総論
 7 移植適応の考え方:急性骨髄性白血病
 8 移植適応の考え方:急性リンパ性白血病
 9 移植適応の考え方:骨髄異形成症候群
 10 移植適応の考え方:骨髄増殖性疾患
 11 移植適応の考え方:リンパ腫(ATLも含む)
 12 移植適応の考え方:骨髄腫
 13 移植適応の考え方:再生不良性貧血
 14 移植を目指す場合の注意点
 15 不妊対策
 16 移植前オリエンテーション
 17 同種移植ドナーへの説明
 18 同種移植ドナーの適格性評価
 19 末梢血幹細胞採取(アフェレーシス)
 20 骨髄採取

第2章 造血幹細胞移植:入院編
 21 移植前の入院時チェックリスト
 22 移植前処置の選択
 23 GVHD予防
 24 造血幹細胞輸注
 25 移植患者における輸血
 26 移植患者の栄養管理
 27 移植患者の食事
 28 嘔気・嘔吐
 29 口内炎
 30 下痢
 31 腎機能障害
 32 肝機能障害(VOD/SOSを中心に)
 33 心機能障害
 34 呼吸機能障害
 35 神経障害
 36 血管内皮障害(TMAを中心に)
 37 造血幹細胞移植患者に対する集中治療
 38 移植病室の防護環境
 39 中心静脈カテーテル感染対策
 40 移植後の感染症対策:総論(FNも含めて)
 41 敗血症への対応
 42 肺炎への対応
 43 移植後の感染症対策:各論
 44 PIR・生着症候群
 45 急性GVHDの診断
 46 急性GVHDの治療
 47 キメリズム検査・生着不全への対策
 48 原疾患再発を減らすための対策
 49 リハビリテーション
 50 疼痛管理
 51 精神的サポート
 52 移植医療にかかる費用と社会制度

第3章 移植後の外来フォロー編
 53 退院前オリエンテーション
 54 慢性GVHDの診断・治療
 55 移植後長期フォロー外来
 56 移植後の晩期障害
 57 移植後の二次がん
 58 外来フォロー時の感染症対策
 59 移植後の予防接種
 60 移植後再発に対する治療法

略語一覧
腎機能低下時の主な薬剤投与量一覧
索引