医学書院

検索
HOME書籍・電子メディア > 書籍詳細

標準皮膚科学


(第11版)

監修:岩月 啓氏
編集:照井 正/石河 晃

  • 判型 AB
  • 頁 646
  • 発行 2020年02月
  • 定価 8,800円 (本体8,000円+税10%)
  • ISBN978-4-260-03888-1
皮膚科学教科書の決定版が卒前から卒後まで使えるテキストに生まれ変わりました!
今改訂では、判型、レイアウトを刷新し、より見やすく、調べやすい体裁となった。1,500点を超える臨床写真と図表を収載。教科書としてはもちろん臨床写真のアトラスとしても活用できる1冊。皮膚科診療で欠かせない診療ツール「ダーモスコピー」の章を新設。スマートフォン、タブレットPCで、いつでもどこでも臨床写真がみられるWeb付録を収載。医師国家試験、日常診療、皮膚科専門医試験も、これ1冊で万全!

『標準医学シリーズ 医学書院eテキスト版』は「基礎セット」「臨床セット」「基礎+臨床セット」のいずれかをお選びいただくセット商品です。
各セットは、該当する領域のタイトルをセットにしたもので、すべての標準シリーズがセットになっているわけではございません。
序 文
第11版 序

 IT社会の広がりとともに,医療に関する情報がWeb上に溢れ,診療の現場で活用できる検索ツールが増えた.医学生や研修医,専攻医は巧みにそれらのツールを使いこなしている.たしかに検索ツールは便利ではあるが,体系的に皮膚科学を習得することは難しい.医学研究では,次世代シ...
第11版 序

 IT社会の広がりとともに,医療に関する情報がWeb上に溢れ,診療の現場で活用できる検索ツールが増えた.医学生や研修医,専攻医は巧みにそれらのツールを使いこなしている.たしかに検索ツールは便利ではあるが,体系的に皮膚科学を習得することは難しい.医学研究では,次世代シーケンサーやアレイを用いたがん遺伝子の網羅的検索などの革新的な臨床診断技術が導入され,先天性疾患やがん遺伝子変異の膨大なデータベースが構築されている.これらは,もはや,ヒトが記憶するには不可能な情報量である.さらにAI(人工知能)が医療に導入されつつあり,今後,皮膚科診断学にも大きな影響を与えるものと思われる.現代の医学書に求められるのは,基礎,臨床,病態や類縁疾患,鑑別診断を体系的に学習でき,同時に,診療に直結した情報に迅速かつ効率よくアクセスできる検索ツールとしての機能であろう.
 医療におけるもう1つの潮流は,生物学的製剤,免疫チェックポイント阻害薬や分子標的薬が次々に上市されたことである.その結果,先達が経験しなかった副反応としての皮膚疾患や全身合併症に遭遇する機会が増えた.がん治療に伴う医原性皮膚疾患に対して,チーム医療として皮膚科医や他科・他職種の介入がより重要になってきた.
 本書の改訂にあたっては,上記のような潮流を把握しつつ,前版を刷新して新知見を盛り込み,座学としての皮膚科学のみならず,実地診療においても役立つ内容を加えた.1,500点を超える豊富な臨床写真と病理写真を厳選して収載し,重要疾患については診断基準や診療ガイドラインに関する図表を可能な限り掲載した.また,皮膚科診療で欠かすことのできない診療ツールである「ダーモスコピー」の章を新設した.
 今回の改訂で特筆すべきは,診察室でも役立つようにスマートフォンやタブレットPCでも閲覧可能なWeb付録として,臨床写真1,000点超を収載したことである.第9章以降の各章冒頭には,その章で取り扱う疾患の一覧表が掲載されており,重要疾患を星印で示している.Web付録には,この星印で示された重要疾患を中心に臨床写真を収載した.皮膚症状の鑑別診断に役立つものと期待される.
 前版に比して,情報量は格段に増やしたが,判型・レイアウトを工夫したことにより,本書の頁数はなるべく抑え,より見やすく,調べやすい体裁に仕上げた.また,皮膚科学の歴史的あるいは社会医学的事項や,知っておくべき重要な参考事項は「NOTE」と題するサイドコラムとして解説を加えた.
 本書が,皮膚科学を学ぶ医学生,研修医,専攻医や,皮膚科診療に携わる多くの臨床医をはじめ,皮膚疾患ケア看護師や多くの医療従事者に活用される新時代のツールになることを期待する.
 最後にご多忙のなか快く執筆に協力してくださった分担執筆者の先生方に心より御礼申し上げる次第である.また,初版以来『標準皮膚科学』の編集・執筆に携わり,育ててくださった歴代執筆者の先生方に衷心より感謝を申し上げる.

 2020年1月
 監修者 識す
目 次
第I編 総論
 第1章 皮膚科学序説
 第2章 皮膚の構造と機能
 第3章 皮膚の免疫学と病態生理
 第4章 皮膚科症候学
 第5章 皮膚疾患の診断
 第6章 ダーモスコピー
 第7章 皮膚病理組織学
 第8章 治療

第II編 炎症性皮膚疾患
 第9章 湿疹および皮膚炎
 第10章 紅皮症
 第11章 物理・化学的皮膚障害
 第12章 紅斑症および毛細血管拡張症
 第13章 膠原病とその類症
 第14章 血管・リンパ管の疾患および紫斑
 第15章 蕁麻疹,痒疹,皮膚瘙痒症
 第16章 中毒疹,薬疹,移植片対宿主病

第III編 皮膚特異的疾患
 第17章 水疱性・膿疱性疾患
 第18章 角化症
 第19章 色素異常症

第IV編 腫瘍・母斑性皮膚疾患
 第20章 真皮の疾患と肉芽腫症
 第21章 母斑および皮膚良性腫瘍
 第22章 母斑症
 第23章 皮膚悪性腫瘍

第V編 細菌・真菌・ウイルス性皮膚疾患
 第24章 細菌性皮膚疾患
 第25章 皮膚結核および皮膚非結核性抗酸菌症
 第26章 ハンセン病
 第27章 皮膚真菌症
 第28章 昆虫や動物が媒介する皮膚疾患
 第29章 ウイルス性皮膚疾患,急性発疹症
 第30章 性感染症

第VI編 様々な皮膚疾患と関連領域
 第31章 皮下脂肪組織・筋膜の疾患
 第32章 皮膚付属器の疾患
 第33章 皮膚代謝異常症
 第34章 粘膜疹とその関連疾患
 第35章 全身と皮膚

■代表的な遺伝性皮膚疾患
■代表的ながん遺伝子
■和文索引
■欧文索引
■症例提供