医学書院

検索
HOME書籍・電子メディア > 書籍詳細


今日の治療指針 2019年版[デスク判]

私はこう治療している

総編集:福井 次矢/高木 誠/小室 一成

  • 判型 B5
  • 頁 2160
  • 発行 2019年01月
  • 定価 20,900円 (本体19,000円+税10%)
  • ISBN978-4-260-03650-4
新見出し「使い分けのポイント」を加え更に充実した、信頼と実績の治療年鑑
「処方例」に新見出し「使い分けのポイント」を追加。
各項目の要点をまとめた好評の見出し「治療のポイント」掲載項目数を大幅に拡充。
1,163疾患項目は毎年全面書き下ろし。
日常臨床で遭遇するほぼすべての疾患・病態に対する治療法が、この1冊に。
大好評の付録「診療ガイドライン」:診療ガイドラインのエッセンスと利用上の注意点を簡潔に解説。

● 購入特典・web電子版付!
 『治療薬マニュアル 2019』とのセット購入により、電子版で2冊がリンク。

web電子版は,本書を購入された方が無料で利用できるサービスです。
web電子版の閲覧期限は2020年1月末までとなります。

『今日の治療指針 2019年版』 詳細はこちら


● 『今日の治療指針2019年版』電子版 登録からご利用まで

● 『今日の治療指針2019年版』電子版のご利用方法

*「今日の治療指針」は株式会社医学書院の登録商標です。
序 文


 毎年異なる執筆者によって書き下ろされている「今日の治療指針」は,2019年版も1,126名もの新しい執筆者によって全27章,過去最高の1,163項目が執筆された.1959年に第1巻が刊行されて以来,毎年改訂されてきており本書は第61巻になる.
 本書は毎年新しい企画を採用...


 毎年異なる執筆者によって書き下ろされている「今日の治療指針」は,2019年版も1,126名もの新しい執筆者によって全27章,過去最高の1,163項目が執筆された.1959年に第1巻が刊行されて以来,毎年改訂されてきており本書は第61巻になる.
 本書は毎年新しい企画を採用して改善に努めているが,今年度版においてもいくつかの新企画がある.1つは薬の「使い分けのポイント」を示したことである.従来処方例としては基本的に第1候補をあげ,場合によっては第2候補を推奨していたが,多くの薬物治療において,複数の治療薬があり,通常は使い分けがなされている.薬の使い分けに関しては診療ガイドラインにも載っていないことが多いが,それこそが医師の腕の見せ所であり一番知りたいところである.また使い分けの指標や根拠となるような情報も記載されており,患者によって上手な使い分けができるように工夫されている.「使い分けのポイント」を自家薬籠中のものとしていただくことによって,一歩進んだ治療が可能となると思われる.もう1つの新企画は「ガイドライン」欄である.各項目で治療の参考となる診療ガイドラインがある場合に,そのタイトルと発行年を項目冒頭に記載した.200項目ほどに診療ガイドラインを記載したが,診断法や治療法についてさらに詳細を知りたいときに便利である.今年度版のもう1つの特徴は,「治療のポイント」の掲載数を増やしたことである.2014年版より治療の要点を箇条書きでまとめた「治療のポイント」を主要な約200項目の冒頭に掲載してきたが,本見出しは読者から大変好評であったため,2019年版では大幅に増やし約700項目に掲載した.
 昨年に続くことであるが,今年度版にも電子版が無料で付いている.書籍に付与されたシリアル番号を用い,オンライン上で電子版閲覧権を発行すると電子版の閲覧が可能となる.全文検索機能を搭載しているので,書籍よりも素早く検索・閲覧可能であろう.また電子版のみ「文献」および「エビデンス」が閲覧できるので深く知ることが可能である.重い本体を持ち運ぶことなく,スマートフォンやタブレットで検索・閲覧できるため,特に若手医師からは非常に好評である.また「治療薬マニュアル」も購入すると相互リンクし,治療指針の処方例から「治療薬マニュアル」の薬剤情報を確認することができることも大変便利である.このように「今日の治療指針」は毎年新しい企画を盛り込み,常に読者にとって使いやすい書籍であることを目指している.本書が皆様の診療のお役に立つことを心から願っている.

 2018年12月
 総編集を代表して 
 小室一成
目 次
凡例
カラー図譜

総論

1.救急医療
2.中毒性疾患
3.感染症
4.原虫症,寄生虫症
5.呼吸器疾患
6.循環器疾患
7.消化管疾患
8.肝・胆・膵疾患
9.腎疾患
10.血液疾患
11.代謝疾患
12.内分泌疾患
13.アレルギー疾患
14.膠原病および類縁疾患
15.神経・筋疾患
16.精神疾患
17.環境・職業性因子による疾患
18.整形外科疾患
19.泌尿器科疾患
20.皮膚科疾患
21.産婦人科疾患
22.新生児疾患
23.小児科疾患
24.眼科疾患
25.耳鼻咽喉科疾患
26.歯科・口腔外科疾患
27.在宅医療

付録
 抗菌薬による感染症の外来治療
 予防接種(ワクチン)の種類・接種時期一覧
 高齢者の薬物療法
 妊婦・授乳婦への薬物療法と海外リスク分類
 肝・腎障害時の薬物療法の注意点
 緩和医療における薬物療法
 皮膚外用薬の使い方
 漢方製剤の使い方
 臨床検査データ一覧
 診療ガイドライン(解説)
 中毒起因物質データ一覧(電子版でご覧頂けます)
 薬物治療モニタリング(TDM)(電子版でご覧頂けます)
 薬物の副作用と相互作用(電子版でご覧頂けます)

索引
 事項索引(和文)
 事項索引(欧文,数字)
 処方薬剤索引