医学書院

検索
HOME書籍・電子メディア > 書籍詳細

こどもの整形外科疾患の診かた

診断・治療から患者家族への説明まで
(第2版)

編集:亀ヶ谷 真琴
編集協力:西須 孝

  • 判型 B5
  • 頁 432
  • 発行 2019年05月
  • 定価 9,720円 (本体9,000円+税8%)
  • ISBN978-4-260-03677-1
好評の小児整形外科診療本、新たに24疾患を加えたコンプリート版が誕生!
整形外科医や小児科医、開業医が日常外来で遭遇する小児の整形外科疾患の診かたについて、患者家族からよく寄せられる質問に対する模範回答例をはじめ、専門医への受け渡しのタイミングを含めた診断・治療の流れを初学者向けにわかりやすく解説して好評を得た書籍の改訂版。今版では、初版の40疾患を最新の情報へとアップデートしているのに加え、さらに幅広い疾患に対応できるよう、全体で64もの小児の整形外科疾患を取り上げている。
序 文
第2版の序

 このたび,2011年に第1版(初版)を出版した『こどもの整形外科疾患の診かた─診断・治療から患者家族への説明まで』の改訂第2版を刊行することとなりました.初版では日常診療の場で比較的多く見られる疾患を中心に,患者本人・家族からの疑問に対する説明をはじめとして,一般整...
第2版の序

 このたび,2011年に第1版(初版)を出版した『こどもの整形外科疾患の診かた─診断・治療から患者家族への説明まで』の改訂第2版を刊行することとなりました.初版では日常診療の場で比較的多く見られる疾患を中心に,患者本人・家族からの疑問に対する説明をはじめとして,一般整形外科医から小児整形外科医に紹介するタイミング,各疾患の概要,診断,治療について解説し,最後に最近の話題としてup to dateな情報を提供しました.
 第2版では,これらの形式を踏襲しつつ,対象疾患を40から64へと増やしました.これは,初版をご利用いただいた先生方から,もう少し疾患の種類を広げてほしいとの意見が寄せられたからです.特に,一般整形外科の先生で小児整形外科に興味を持たれている先生方や小児整形外科をこれからライフワークとしていきたい若手の先生方からの強い要望がありました.また,初版に挙げた疾患の中には,この10年で治療概念,診断,治療に大きな変化を生じたものもあり,今回はこれらの詳細についても述べました.また,最近の話題では,遺伝子関連の情報についても触れました.
 専門医制度における専門医は,「それぞれの診療領域において,安全で標準的医療を提供でき,患者から信頼される医師であること」とされています.整形外科専門医を目指す若手医師においては,標準的医療提供のために小児整形外科研修は必須となります.また,昨年4月から保険適用となった「小児運動器疾患指導管理料」の算定にあたっても,基本的な小児整形外科の知識は必須です.今回の改訂第2版が,これらを達成するための指針となることを心から願っています.
 初版の序文に,本書がいつしか仲間の先生方からMihran O. Tachdjian著の教科書“Tachdjian's Pediatric Orthopedics”(日本ではタヒジャンと呼ばれる)を捩って「亀ジャン」と呼ばれていることを紹介しました.その際,近い将来,より進化・発展した「亀ジャン 2nd edition」の刊行を目標とすることを謳いました.今回,これが実現できたことは大きな喜びであり,ひとえに各疾患を担当していただいた先生方,並びに医学書院編集担当の方々のご協力とご努力によるものと深く感謝申し上げます.

 2019年4月
 千葉こどもとおとなの整形外科
 亀ヶ谷真琴
目 次
こどもを診るために―小児整形外科概論

A 下肢にみられる疾患
 1 先天性内反足
 2 発育性股関節形成不全(先天性股関節脱臼)
 3 ペルテス病
 4 先天性膝関節脱臼
 5 単純性股関節炎
 6 先天性下肢奇形(脚長差)
 7 大腿骨頭すべり症
 8 外反扁平足
 9 特発性つま先歩行
 10 化膿性股関節炎
 11 片側肥大症(脚長差)
 12 先天性下腿偽関節症
 13 反張膝
 14 先天性内転足
 15 下肢骨髄炎(特に急性骨髄炎)
 16 足根骨癒合症
 17 脚長不等症(片側肥大症,先天奇形以外)
 18 ブラント病

B 上肢にみられる疾患
 19 先天性上肢障害(上肢奇形)
 20 上腕骨顆上骨折
 21 上腕骨外側顆骨折
 22 モンテジア骨折(陳旧例を含む)
 23 肘内障
 24 分娩麻痺
 25 橈・尺骨癒合症
 26 強剛母指,先天性握り母指症,スプレンゲル変形

C 体幹にみられる疾患
 27 筋性斜頚
 28 環軸関節回旋位固定(外傷性斜頚,炎症性斜頚)
 29 脊柱側弯症
 30 腰椎分離症
 31 上位頚椎不安定症
 32 胸郭不全症候群
 33 漏斗胸,鳩胸

D スポーツ障害
 34 オスグッド・シュラッター病
 35 疲労骨折
 36 半月板損傷
 37 野球肘,野球肩
 38 離断性骨軟骨炎
 39 骨盤剥離骨折(上前腸骨棘,下前腸骨棘,坐骨結節),筋腱付着部炎

E 成長に伴う問題
 40 成長痛
 41 内股歩行
 42 生理的O・X脚
 43 骨端症

F 腫瘍性疾患
 44 骨嚢腫(単純性骨嚢腫)
 45 類骨骨腫
 46 好酸球性肉芽腫(ランゲルハンス細胞組織球症)
 47 骨肉腫
 48 ユーイング肉腫
 49 線維性骨異形成
 50 片肢性骨端異形成症(DEH)
 51 多発性外骨腫
 52 オリエール病

G 全身性疾患
 53 骨形成不全症
 54 多発性関節拘縮症
 55 シャルコー・マリー・トゥース病
 56 脳性麻痺
 57 二分脊椎
 58 軟骨無形成症
 59 被虐待児症候群(身体的虐待)
 60 若年性特発性関節炎
 61 骨代謝性疾患(くる病)
 62 ダウン症候群
 63 血友病
 64 血液腫瘍(小児白血病,リンパ腫)

索引