医学書院

検索
HOME雑 誌精神看護 > 2020年03月号

精神看護

2020年03月号 (通常号) ( Vol.23 No.2)
特集 松蔭病院の身体合併症病棟が、「身体拘束をやめる」ことができた理由を根ほり葉ほり聞いてみた
誰だって身体拘束をやめたいと思っている。
けれども、その手立てがわからない。
それに身体拘束をやめようと現場で声を上げるのは容易ではない。
文化や慣習を変えられそうな時、他人から反発を受けるのは当然だからだ。
「チューブが抜かれたらどうする」「転んでケガをしたら家族から訴えられる」「誰が責任を取るの」と。
愛知県名古屋市中川区にある医療法人生生会松蔭病院の身体合併症病棟では、認定看護師の貝田博之さんが主導となって「身体拘束をやめる」という方向に向かって進み、約1年かけて実現することができたという。
この特集では、松蔭病院スタッフの声を拾う形で、どのようにしてそれが可能となったのか、ターニングポイントはどこにあったのか、など、できるだけ細かな点に迫りたいと思う。
インタビュアー:渡邊 恭佑
■病棟師長(高橋美弥子さん)+認定看護師(貝田博之さん)に話を聞く

■4年目看護師(江本美咲さん)に話を聞く

■ベテラン看護師(村上亜優子さん)に話を聞く

■看護部長に聞く(白鳥浩二さん)


■レポート
今、改めて知ってほしい「精神科認定看護師の会」のこと
小成 祐介
[Comment]精神科認定看護師1期生。ひきこもり支援で大活躍中の山根俊恵さんから

■FOCUS
精神科看護師でファッションデザイナーの津野青嵐さんが、べてるの家に就職!?

■レポート
地域に飛び出す作業療法士
 精神科訪問看護ステーションで見つけた「自分を活かした」働き方!
生田 真衣
段取り上手で自己コントロール!
 私の時間管理術を紹介します
木下 将太郎


[新連載]
●木田っちの、こんな所に行ってみたっち。…1
「ほっちのロッヂ」@軽井沢(長野県)
木田 塔子
[連載]
●間の間…11
その心は……
伊藤 亜紗
●外来看護は大事だ。ガオーーーーーー!…2
外来で何ができるかを考えるのは楽しい作業です。
コレット 美喜
●【発達障害当事者マンガ】私が経験している世界…5
引っ越しの話 その2
白井 風子
●うんこあるある…6
精神科の現場で遭遇したアンビリーバボーな話。
塩月 玲奈
●精神科に入職して初めて働く時に、やったほうがいいこと、やらないほうがいいこと…6
がんばって1年間精神科ナースを続けてきたあなたへ
山下 隆之
●患者さんが「怒った」事例をアセスメントして今日からの精神科看護に活かしたい…4
安静を守れず運動してしまう摂食障害のAさん
田辺 有理子
●当事者研究のスキルバンク…16
本日の研究者:がんばる子さん
本日のスキル:“降りていく生き方”式 幻聴さん毅然対処法
べてるの家

商品写真
定価 1,540円
(本体1,400円+税10%)