医学書院

検索
HOME雑 誌訪問看護と介護 > 2020年07月号

訪問看護と介護

2020年07月号 (通常号) ( Vol.25 No.7)
特集 在宅高齢者によく処方されている薬“現場的要点”をまとめました

その領域の治療薬の、高齢者ならではの注意点は。また、近年変わった点はどのようなことか。生活と薬に関わる訪問看護師が知っておきたい“現場的要点”を訪問診療のエキスパートに教えていただきます。

(1)抗コリン薬
全身に作用する薬、思わぬ有害事象に注意
松島 和樹
(2)下剤(浣腸を含む)
効果も有害事象も、個人差が大きい
柏崎 元皓
(3)胃薬
漫然と飲んでいませんか? 定期的に見直しを
佐々木 淳
(4)降圧薬・利尿薬(高血圧治療薬)
血圧の下がり過ぎにこそ注意
佐々木 淳
(5)認知症をもつ人への薬
ガイドラインを知っておこう
水上 勝義
(6)認知症治療薬/向精神薬/睡眠薬/抗精神病薬
認知症の「困り事」への薬は、ケアチームで適正量を探ろう
高瀬 義昌


●物語で紡いでいく在宅ケア いえラボからの活動便り・1
会えないけれど、つながろう。
ココシリワーカー4月交流会@Zoomより
いえラボ/編集室
●家でのこと・7
目と目から
高橋 恵子
●在宅ケア もっとやさしく、もっと自由に!・130
「災い転じて福となす」ために
秋山 正子
●地域連携の技術 ファシリテーション・スキル・7
新型コロナ時代のファシリテーション・スキル
鈴木 央
●「みんなの認知症見立て塾」出張講義 認知症「見立て」の知「対応」の技・4
「認知機能障害」は何を見る? (1)
内田 直樹
●訪問看護の「夢」を叶えるICT・8(最終回)
ICTの進展がもたらす新しい訪問看護の時代
柏木 聖代/森岡 典子
●[小説]ナースマン訪問看護編 あと、どれくらい?・11
爪切りと仲直り
小林 光恵

商品写真
定価 1,650円
(本体1,500円+税10%)