医学書院

検索
HOME雑 誌看護管理 > 2020年02月号

看護管理

2020年02月号 (通常号) ( Vol.30 No.2)
特集 人を生かし自分を活かす 意思決定支援とACP 話し合いの手引き

尊厳死や安楽死が世間の注目を浴びるようになり,多くの国民はどのように生き,どのように最期を迎えるか,少しずつ考え始めるようになりました。
医療の現場で生命を守る医療専門職は,患者の物語から患者が大切にしていることを把握し,それを医療やケアに活かすための話し合いの術を身につけているでしょうか。患者の声を聴くことに今ひとつ自信が持てない医療者は少なくありません。
本特集は,医療の進歩により,折り合いをつけながら病と共に生きる人が増える日本で,人々が最後までありのままに生き,「これでよかった」と思える人生を支える,医療専門職と患者・家族との話し合いの方法について,読者の学習を支援します。
前半では,厚生労働省による「人生の最終段階における医療・ケアの決定プロセスに関するガイドライン」を踏まえてアドバンス・ケア・プランニング(ACP)の基本的知識とエビデンスを伝え,米国で開発され効果が検証されている「患者との話し合いの手引き」の概要と,それを用いた意思決定支援の具体的方法やコツについて解説します。後半では,各領域の専門家による「意思決定支援とACP」の実践例を,その礎となる思考とともにお伝えします。

■「意思決定支援とACP」の基本的知識とエビデンス
「人生の最終段階における医療・ケアの決定プロセスに関するガイドライン」
 と意思決定支援のプロセス
木澤 義之
アドバンス・ケア・プランニング(ACP)とは何か
木澤 義之
国内外のACPのエビデンスを読み解く
森 雅紀
■「患者との話し合いの手引き」の概要と活用方法
重篤な病気を持つ患者との話し合いとその課題について
竹之内 沙弥香
「患者との話し合いの手引き」を用いた話し合い
 具体的方法・手順と留意点
竹之内 沙弥香
■領域別「意思決定支援とACP」実践例
領域別「意思決定支援とACP」
 読み方ガイド
竹之内 沙弥香
ゲノム医療時代の進行胃がん患者に対する意思決定支援
松本 繁巳
糖尿病性腎症を持つ人とその家族への「透析の見合わせ」に関する意思決定支援
任 和子/横田 香世
遺伝性乳がん患者に対する意思決定支援
 新たな治療薬の開発に伴う倫理的な「話し合い」のプロセス
江口 恵子


[巻頭シリーズ]
●【石垣靖子氏 対話シリーズ】看護と倫理 尊厳を護るケアの担い手として(2)
医療の本質はやさしさにある
 東札幌病院が築いた人間尊重の医療(後編)
石垣 靖子/石谷 邦彦
●アートとケア アール・ブリュットから受けとるもの(2)
アール・ブリュットの持つ力
渡邉 芳樹
[連載]
●看護の可視化 量と質の両面から適切な評価を考える(25)
クリニカルラダー・6
秋山 智弥
●ラーニング・エイド 大学院ドタバタ留学記 in NY(5)
悩め看護師,私はニューヨーカー?
寺本 美欧
●患者エクスペリエンス もしも患者の内なる声が聞こえたら(2)
PX実践のゴールドスタンダード「目的的毎時回診」
近本 洋介
●明日を変えるコーチング(2)
仕事に満足感や充実感を感じられなくて……
 思い込みにとらわれず,主体的に行動を起こすための関わり
勝原 裕美子/山之上 雄一

商品写真
定価 1,650円
(本体1,500円+税10%)