医学書院

検索
HOME雑 誌保健師ジャーナル > 2020年08月号

保健師ジャーナル

2020年08月号 (通常号) ( Vol.76 No.8)
特集 新型コロナウイルス感染症 保健師の活動を記録する
■新型コロナウイルス感染症に関する保健活動を記録し,次に備えよう
吉岡 京子
■保健所における対応と公衆衛生の役割
全国保健所長会の立場から
内田 勝彦
■新型コロナウイルス感染症に対応する保健師への支援について
厚生労働省保健指導室から
加藤 典子
■現場からの報告
大阪府 班体制による対応の経過と保健師活動への影響
山本 祐子
新宿区保健所[インタビュー] 感染対策の第一線となった保健予防課の状況
池戸 啓子,鈴木 多恵子
三重県津保健所 保健所における対応と今後への備え 「オール三重」での取り組み
丸山 明美,林 宣男
大津市保健所 保健師等の人員調整と市民の不安への対応
 統括保健師および健康推進課の立場から
西本 美和
文京保健所 健康危機対応における統括保健師としての役割を再認識
木内 恵美
東京都予防医学協会 職域の保健師としての新型コロナウイルス対応
加藤 京子
東京大学大学院医学系研究科地域看護学分野
 教員・大学院生による保健所へのボランティア支援
岩崎 りほ,本田 千可子,角川 由香
[コラム]この機会に教員と地域のパートナーシップを発展させたい
山本 則子
愛知県立大学看護学部 教育・研究現場への影響と「学びを保障する」取り組み
古田 加代子
■関係団体からの報告
日本地域看護学会の対応 健康危機管理時における学術団体としての支援
春山 早苗
日本公衆衛生看護学会の対応 共に公衆衛生および公衆衛生看護に携わる者として
麻原 きよみ
日本看護協会の対応 公衆衛生の最前線で活躍している保健師
鎌田 久美子
■【アンケート】保健師活動の現場で起きたこと,考えたこと


■PHOTO、Pick Up
住民とともにつくる高血圧予防を目指した健康番組
 日之影町の取り組み
押方 秀樹,高橋 秀治
■TOPICS
住民クレームを保健師のスキルアップや業務・組織改善に活かそう
鈴木 知代,伊藤 純子,深江 久代,
杉山 眞澄,山本 愛
■活動報告
スモールステップでルールのあるゲームを理解する
 年長児の事後フォロー教室実践報告
奥泉 庸子


●ニュースウォーク・267(最終回)
地球温暖化と新コロナ禍
白井 正夫
●「おも★けん!」新任期でもできる!おもしろ健康教育のつくり方・5
健康教育の命はライブ感! 生きたやりとりが教育効果を高める
一般社団法人おもしろ健康教育研究所,伊藤 純子,高橋 佐和子
●ネウボラから学ぶ日本の母子保健再構築・5
なかとんべつ版ネウボラの構築
西巻 俊英,山田 美緒子,小野 奈々子
伊藤 莉里佳,播本 雅津子,横山 美江
●ポジティブな地域づくりを考える
 ポジティブ心理学×公共哲学から見る公衆衛生活動・5
幸福の種類と質
小林 正弥,島井 哲志
●研究室からのメッセージ・175
姫路大学看護学部看護学科 公衆衛生看護学・在宅看護

商品写真
定価 1,650円
(本体1,500円+税10%)