医学書院

検索
HOME雑 誌保健師ジャーナル > 2020年07月号

保健師ジャーナル

2020年07月号 (通常号) ( Vol.76 No.7)
特集 LGBTとは 多様な性と向き合うために理解しておきたいこと

セクシャルマイノリティであるLGBT当事者が抱える問題に対して,支援の動きが広がっている。その一方で,LGBT当事者と接する際に配慮すべきことや,制度・倫理面での課題などを知らずに戸惑いながら対応している現状がうかがえる。そこで本特集では,LGBTの現状や課題,支援の取り組みなどを紹介し,LGBT当事者と向き合う上で,保健師として理解しておくべきことを考える。

■性的指向と性自認に係る国や自治体の取り組みと
全国LGBTs調査が示す健康問題
日高 庸晴
■LGBTの理解
保健師との協働関与のために
佐野 信也
■法的な立場から見たLGBTと向き合うために必要なこと
藤田 直介,菅野 百合,細谷 夏生
■宝塚市のLGBTQ理解に向けた取り組み
ありのままに自分らしく生きられるまち宝塚
佐伯 聡子
■横須賀市における取り組み
性的マイノリティの権利を守る医療現場および行政の取り組み
杉山 亜矢乃,岩澤 孝昌
■民間におけるLGBTに向けた取り組み
新宿二丁目を基点に活動するaktaの取り組み
荒木 順,岩橋 恒太


若年層のLGBTに向けた居場所づくりの実践
遠藤 まめた


■PHOTO、Pick Up
東京都北区の取り組み
 専管組織による受動喫煙防止対策
中田 雄平
■特別記事
新型コロナウイルスへの対応から考えたこと
 「感染症を見て人を見ず」とならないために
岩室 紳也
公衆衛生分野におけるナッジの活用と可能性
 横浜市行動デザインチーム(YBiT)の取り組み
高橋 勇太,村山 洋史
■調査報告
健康づくりに関する啓発イベントの評価に伴う作業負担の定量化
堀内 美佐,兵法 彩,下野 僚子,大久保 達也,菊池 康紀
■活動報告
公衆衛生看護における倫理的課題への取り組み
 気付く力と支援する力を培う
岡野 明美


●研究室からのメッセージ・174
茨城キリスト教大学 公衆衛生看護学

●「おも★けん!」新任期でもできる!おもしろ健康教育のつくり方・4
恥ずかしさを捨てられない
一般社団法人おもしろ健康教育研究所,伊藤 純子,高橋 佐和子
●ネウボラから学ぶ日本の母子保健再構築・4
大阪市版ネウボラの構築 旭区の取り組みについて
比留間 惠子,薮本 初音,横山 美江
●ポジティブな地域づくりを考える
 ポジティブ心理学×公共哲学から見る公衆衛生活動・4
ポジティブ感情の働き
島井 哲志,小林 正弥
●ニュースウォーク・266
新しい文化が待ち遠しい 新型コロナ禍の後に
白井 正夫

商品写真
定価 1,650円
(本体1,500円+税10%)