医学書院

検索
HOME雑 誌精神看護 > 2019年05月号

精神看護

2019年05月号 (通常号) ( Vol.22 No.3)
特集 松沢病院が身体拘束最小化を実現した25の方法 やらされ感からやりがいへ

松沢病院は、精神看護専門看護師5名、認定看護師7名、精神科認定看護師7名、合計19名がリソースナースとして活動しています。その中の5名が2018年10月、第25回日本精神科看護専門学術集会のワークショップで「松沢病院での実践こっそり公開、身体拘束はこうして減らした!」を開催しました。会場はたくさんの参加者で埋まり、身体拘束最小化への関心の高さが伝わってきました。今回はその時の内容をもとに、当院が2012年からチャレンジしてきた身体拘束最小化への道のりを「25の方法」にまとめてみました。振り返ってみると、本当に山あり谷ありの連続でしたが、院全体で取り組むことの大切さを学ぶことができました。ここに紹介する方法の中で、どれか1つでも読んでいただいた方の心に響き、実践の1つに加えていただけたら嬉しい限りです。そして、身体拘束が少しでも減らせることを心から願っています。

身体拘束の今と松沢病院

身体拘束最小化に立ちはだかる3つの壁とは

壁を乗り越えるために実践した25の方法
中田 信枝、大場 直樹、佐伯 昌彦、西 宏隆、木田 ゆかり


■特別記事
レポート漫画 オープンダイアローグをフィンランドで受けてわかったこと
水谷 緑
■特別記事
「シルバーリボン」啓発活動を多くの人に知ってもらいたい
関 茂樹
■レポート
彼女が漫画を描くまで
國田 航平、まりもさん


●精神科に入職して初めて働く時に、
 やったほうがいいこと、やらないほうがいいこと…1
ようこそ、精神科へ
山下 隆之
●間の間…6
猛獣使い
伊藤 亜紗
●便との戦いに終止符を。腸は畑-畑を壊さないためには…3
精神科医の悪戦苦闘の日々(後編)
中島 衛
●うんこあるある…2
精神科の現場で遭遇したアンビリーバボーな話。
塩月 玲奈
●MSEを穴埋め式問題で練習してみよう…5
せん妄のケースの続き
武藤 教志、小野 悟
●栄養精神医学…8
鉄欠乏は炎症の有無で対応策が変わる
奥平 智之
●これが長谷川病院のセルフケア看護モデルをベースにした看護だ…5(最終回)
セルフケア看護モデルをどのように根づかせ、教育しているか
後藤 優子、五味 麻里、細谷 真由
●読者投稿コーナーだよ。ここ掘れかんかん!
奄美大島で進める精神科地域包括ケアシステム
中薗 明子
●当事者研究のスキルバンク…11
本日の研究者:吉野雅子 本日のスキル:サトラセ安心つながり回復法
べてるの家

商品写真
定価 1,540円
(本体1,400円+税10%)