医学書院

検索
HOME雑 誌訪問看護と介護 > 2019年07月号

訪問看護と介護

2019年07月号 (通常号) ( Vol.24 No.7)
特集 その症状、もしかして「せん妄」? 認知症の悪化やうつ病と似ているけれど、回復するんです

「安定して在宅生活を続けてこられたのに、点滴や入院をきっかけに突然認知症の状態が悪化して引きこもってしまった」「家で最期を迎えるために退院してきたけど、薬を変えていないのに昼間はぼんやりして活気がない。夜もあまり眠れていないみたい……」こんな状態の利用者さんに出会ったことはありませんか?前者は「認知症の悪化」、後者は「終末期にみられるうつ病」とみなすことが多いかもしれません。でもこれらの症状は、実は「せん妄」に当てはまり、原因を取り除けば回復する可能性があるのです。「もしかしてせん妄?」という意識をもつことで、利用者さんの在宅生活の質が大きく向上します。

■Chapter1
せん妄、見逃していませんか?
 在宅医療で知っておきたい「評価」と「見分け方」について
■Chapter2
せん妄の直接因子について
 在宅医療においてはとくに「薬剤性せん妄」に注意しよう
■Chapter3
可逆性せん妄に対するアプローチ
 在宅医療における標準的な薬物療法やケアを知っておこう
■Chapter4
不可逆性せん妄に対するアプローチ
 ご家族は「両価的な感情をもちうる」ことを意識しよう
井上 真一郎


■特別記事(座談会)
考えてみよう、新卒者が活躍できる事業所の姿
 「安心して就職できる事業所要件セミナー」キックオフミーティング!
岡田 理沙・金坂 宇将・川添 高志・
佐藤 直子・高砂 裕子・竹森 志穂・
西村 恵理奈・山田 雅子(きらきら訪問ナース研究会)


●生き場所と死に場所をさがしてる。・7
むなしいなぁ、と思うとき
幡野 広志
●在宅ケア もっとやさしく、もっと自由に!・118
おすすめメニューは「愛嬌」
秋山 正子
●認知症の人とその家族から学んだこと・26
ケアリングが直面するいくつかの問題群(そのII)
中島 紀惠子
●訪問看護を伝える 在宅看護実習キーポイント・3
誰のためのケアなの?
清水 奈穂美
●シンソツきらきら・31
一緒に考え、ともに学ぶ
小川 奈美・小瀬 文彰
●ふんばる患者が楽になる まいにちの手帖・10
ある夜のできごと
たむら あやこ

商品写真
定価 1,620円
(本体1,500円+税8%)