医学書院

検索
HOME雑 誌保健師ジャーナル > 2019年10月号

保健師ジャーナル

2019年10月号 (通常号) ( Vol.75 No.10)
特集 団地×高齢化 急速な地域の変化に対応する

高度経済成長期の人口増加により全国各地に開発された団地には,同世代が同時期に入居するという特徴があるため,急激な高齢化による要支援者の増加,認知症によるトラブルなど,これまでなかったリスクが表面化してきている。こうしたリスクが先行して生じる団地の課題に対することは,未来の保健師活動のヒントにもなる。本特集では,団地の特徴と課題を挙げた上で,保健師が担うべき役割の方向性を検討したい。

■高齢化する大規模団地での保健活動 そのチャンスと課題
斎藤 民,近藤 尚己
■ニュータウンにおける保健師活動の課題と方向性
伊藤 純子
■春日井市の取り組み
団地をモデルにした新たな地域包括ケア
神戸 洋史
■神戸市の取り組み
ハイリスク地域における住民主体の介護予防サロン立ち上げ支援
丸山 佳子,太田 亜紀,藤原 美幸
■UR都市機構の取り組み
団地の地域医療福祉拠点化
山澤 正


■PHOTO、Pick Up
ベンチコミュニティで笑顔の花を咲かせよう!
ベンチでつながる地域づくり
 伊豆の国市ベンチプロジェクト
古野 真実子
■活動報告
学生・教員で取り組む地域貢献活動
高齢者の健康づくり応援プロジェクト
 買い物ついでに介護予防「健幸フェスタ2018」の開催
林 健司,松本 祐香,平松 喜美子,石橋 鮎美
梶谷 みゆき,荒木 さおり,福島 彩花,今井 敬人
大月 彩菜,野々村 奏子,佐々木 朋佳,加藤 大志
鹿毛 沙綾,出羽 葵,前原 知佳,柳川 莉子
石田 菜々美,板持 智之


●公衆衛生看護学の体系を事例で学ぶ・7
難病対策における施策化の事例から
 医療依存度の高い在宅療養患者の災害時の体制づくり
佐川 きよみ,赤星 琴美,岸 恵美子,安齋 由貴子
池戸 啓子,鈴木 由里子,吉岡 京子
●数式不要!はめ込み統計学 保健師のための統計これだけ・10
相関係数を求めてみよう!
加藤 丈夫
●統括保健師の日々・37
山形県鶴岡市の場合(2)
 鶴岡市独自の「保健師活動指針」の作成と活用
小林 まゆみ
●ニュースウォーク・257
「原発汚染水」リスクは大丈夫?
 「真夏五輪」に劣らぬ心配
白井 正夫

商品写真
定価 1,650円
(本体1,500円+税10%)