医学書院

検索
HOME雑 誌看護教育 > 2019年11月号

看護教育

2019年11月号 (通常号) ( Vol.60 No.11)
特集 実習病院と教育機関の関係づくり

社会的な医療ニーズの上昇に伴い、看護師等学校養成所の数は急激に増加しました。この現象は特に都市部で顕著であり、看護基礎教育機関は実習先の確保に苦慮しています。また同時に、実習を受け入れる臨床施設も看護職員の確保が難しくなっており、できるだけ能力の高い学生を多く受け入れたいと考えています。
そのような状況のなか、京都橘大学と京都市立病院は、教員と実習指導者が連携することで、臨地実習や基礎教育、さらに臨床看護師の現任教育までを効果的に行えるような取り組みを行っています。特集では、教育と臨床の立場から実習における学生とのかかわりを振り返り、それぞれの間の「ずれ」を埋めるためにどのようなことが必要かを紹介していただきました。
医療施設と附属の教育機関では比較的連携がとりやすいと思われますが、もともとの連携関係になくても、教員と病院看護部が工夫をすることによって、双方がメリットを得られるようになることを実感していただけるでしょう。

■臨地実習で、働く場として選ばれる病院になる
実習病院と教育機関の連携
桑原 安江/半場 江利子
■実習指導者と学生の間の「ずれ」を理解する
実習指導事例の振り返りと分析(1)
半場 江利子/田茂井 優佳
■臨地実習における学生と教員の「ずれ」を埋める支援
実習指導事例の振り返りと分析(2)
平井 亮/河原 宣子/梶谷 佳子
■実習指導者と教員の立場から学生の臨床的思考を育む
実習指導事例の振り返りと分析(3)
半場 江利子/桑原 安江/平井 亮
河原 宣子/梶谷 佳子
■臨床と基礎教育の間の「ずれ」を埋めるための連携
協働学習会の取り組み
奥野 信行


●つくって発見! 美術解剖学の魅力・23
膵臓周囲器官 胃の後ろは意外とにぎやか
阿久津 裕彦
●〈教育〉を哲学してみよう・4
主体が立ちあがるとき:アクティブ・ラーニング再考(1)
杉田 浩崇
●専門看護師とともに考える 実習指導のポイント
昭和大学の臨床教員の立場から・8
小児看護学領域 その1 概要と指導ポイント
井出 由美
[コラム]院内看護業務の調整と同僚や上司との連携
樋口 恵子
●核心に迫る授業改善 インストラクショナルデザインによる事例検討・8
レンガ積みよりペンキ塗り
平岡 斉士
●臨床倫理を映画で学ぼう!・11
パンデミックが起きたら 『感染列島』
浅井 篤
●医療通訳 in バンクーバー・8
私が医療通訳者になったわけ
高橋 麻貴子
●看護師のように考える コンセプトにもとづく事例集・11
栄養・水と電解質
大森 智美/畠山 有希/奥 裕美
●次号(12月号) 特集 多様化時代のキャリア教育 ポートフォリオが支える未来

商品写真
定価 1,760円
(本体1,600円+税10%)