医学書院

検索
HOME雑 誌病院 > 2019年04月号

病院

2019年04月号 (通常号) ( Vol.78 No.4)
特集 どうする,病院食

病院給食が危機に瀕している。調理師不足により委託費の値上げや給食会社の撤退が相次ぎ,少子高齢化と働き方改革の影響が「病院の食」を直撃している。一方,おいしい病院食,高齢者向けソフト食の需要はこれまでになく高まっており,「治療としての栄養管理」の可能性は注目を集めている。人材不足の中,これからの病院食の方向性とあり方を探る。

今村 英仁
これからのあるべき病院給食の姿 臨床栄養管理との連携と業務の合理化
中村 丁次
病院経営からみた給食 中医協調査データを踏まえて
中村 康彦
病院給食人材不足の現状と対策 病院給食受託企業の立場から
山本 裕康
食品衛生法の改正に伴うHACCPに沿った衛生管理の制度化
福島 和子
■事例
公益財団法人星総合病院
 地域を巻き込む病院給食
戸松 明子
一般財団法人竹田健康財団竹田綜合病院
 ニュークックチルシステム導入の経緯と見えてきた課題
黒岩 敏
医療法人社団恵仁会なぎ辻病院
 当院におけるセントラルキッチンシステム導入
小森 直之


■対談
病院食の未来
東口 高志×今村 英仁


●医療提供体制の変貌 病院チェーンと保健・医療・福祉複合体を中心に[1]
私の病院チェーンと複合体研究の回顧
二木 立
●Graph
地域住民の期待に応え,まちとともに成長する病院
 医療法人社団医仁会 ふくやま病院

●アーキテクチャー× マネジメント[52]
加古川中央市民病院
河合 慎介
●ケースレポート 地域医療構想と民間病院[28]
一般財団法人みちのく愛隣協会 東八幡平病院
 -深刻な少子高齢化の進む過疎地の地域包括ケアを支える 中小民間病院の役割
松田 晋哉
●「働き方改革」時代の労務管理[11]
労働基準監督署による調査への対応(後編) 労災認定によって生じるリスクと調査への対応の注意点
越本 幸彦・岡田 祐輝
●多文化社会NIPPON の医療[19]
無防備な医療機関が「紹介ビジネス」に狙われ始めている
堀 成美

商品写真
定価 3,240円
(本体3,000円+税8%)