医学書院

検索
HOME書籍・電子メディア > 書籍詳細

タラスコン救急ポケットブック


原著:Richard J. Hamilton 
監訳:舩越 拓/本間 洋輔/関 藍

  • 判型 A6変
  • 頁 308
  • 発行 2018年06月
  • 定価 2,808円 (本体2,600円+税8%)
  • ISBN978-4-260-03547-7
小さなサイズからは想像できない膨大な臨床情報をコンパクトにまとめた救急マニュアル
「タラスコン」は小さなサイズからは想像できない膨大な臨床情報をわかりやすく簡潔に記載し、海外で高い人気を誇るポケットマニュアルのシリーズ。本書は救急で遭遇する多くの疾病のクリニカルプレディクションルール(CPR)やガイドラインを網羅し、要所にリファレンスを掲載。単なるエキスパートオピニオンではない、エビデンスに基づいた診療方針をコンパクトに提示する。
序 文
監訳の序

 救急診療は研修医のみならず全ての科の医師が担当しうる分野です.そして救急診療では対応する疾患は多岐に渡ります.不安な気持ちで専門外の主訴の患者の初療を担当することも少なくありません.
 われわれは救急診療を指導するなかで,数多く来院する患者さんを診療しながらいかに効...
監訳の序

 救急診療は研修医のみならず全ての科の医師が担当しうる分野です.そして救急診療では対応する疾患は多岐に渡ります.不安な気持ちで専門外の主訴の患者の初療を担当することも少なくありません.
 われわれは救急診療を指導するなかで,数多く来院する患者さんを診療しながらいかに効率よくTipsを伝えるかに苦心してきました.国内海外含め多くのマニュアル本があるなか,当時救急科チーフレジデントであった,本書監訳者の1人である関先生が持っていたのが本書です.本書はもともと米国で出版されており,米国の救急診療におけるポケットマニュアルとして一番の評価を得ています.私の考える本書の素晴らしいところは以下の点です.

1.コンパクトさ
 スクラブのポケットに入るサイズの本書は常に手元に置いておくことができます.文字もそのぶん小さいですが,なによりも「すぐ見られる」というのは忙しい救急外来において重要だと思っています.さらに,実臨床で頻用するClinical Prediction Ruleやガイドラインが網羅され薬剤も具体的投与量まで記載されており,まさに「診療中に痒いところに手がとどく」1冊です.

2.幅広い疾患を網羅
 日本では救急外来診療は当直業務から発展してきた側面もあるため,どうしても内科系のみ,外科系のみ,など情報が特化しているものが多いです.本書は救急診療のための本ですので,前述のものに加え泌尿器,眼科,耳鼻科などの救急でよく遭遇するマイナーエマージェンシー系から中毒,環境障害,生物/化学/放射線被曝といった救急ならではの疾患まで,救急で遭遇するであろう幅広い疾患をカバーしています.

3.リファレンスの記載
 いわゆるマニュアル本はそのサイズをいかすためにリファレンスの記載を省略させることがあります.しかし本書はリファレンスがしっかり記載されており,元文献やガイドラインを確認することができます.単なるエキスパートオピニオンではなく,文献に基づいた診療をすることができます.

 われわれが本書を使い診療するなかで,「より日本において使いやすくしたい」と思うようになり,本書を翻訳する企画が立ち上がりました.本書を翻訳するにあたり日本国内の実情,ガイドライン,薬剤の保険投与量の内容も反映し,わが国においても実践的に使用できるよう工夫しました.翻訳したことでより多くの先生方が救急診療の場面で使えるようになると思っています.
 本書は救急で従事する医師,日々忙しく最前線に立つ若手救急医の先生方のみならず,当直や当番で救急診療に携わる全ての先生方にとって有用な本になったと自負しております.ぜひお手にとって,よろしければスクラブのポケットに入れてみてその有用性をご確認ください.

 最後になりましたが,本書の翻訳に尽力してくれた当院救急科のスタッフ,レジデント,卒業生の先生方,われわれの本書にかける熱い想いを汲み取っていただき根気強く付き合ってくださった医学書院の西村氏,大西氏,永安氏には厚く御礼申し上げます.そして私の妻と息子に感謝をこめて.

 2018年5月 監訳者を代表して
 東京ベイ・浦安市川医療センター 救急集中治療科
 本間洋輔
目 次
1章 心肺蘇生(一次・二次救命処置)
 一次救命処置
 二次救命処置

2章 麻酔と気道管理

3章 アナフィラキシー

4章 循環器
 不整脈,ブロック,薬剤性不整脈の心電図診断
 不整脈
 心房細動(Afib)のレートコントロール
 心筋梗塞(MI)と急性冠症候群(ACS)
 静注循環器治療薬とAHAガイドライン
 肺水腫,低血圧,心原性ショックのマネジメント
 腹部大動脈瘤(AAA)
 胸部大動脈解離(TAD)
 失神

5章 高血圧(無症候性,切迫症,緊急症)

6章 呼吸器科
 上気道感染
 気管支喘息とCOPD
 NIV(非侵襲的換気療法)
 市中肺炎
 肺塞栓(PF)と深部静脈血栓症(DVT)

7章 消化管出血

8章 神経内科
 めまい(DizzinessとVertigo)
 頭痛
 脱力
 一過性脳虚血発作(TIA)
 クモ膜下出血(SAH)
 脳卒中(Stroke)
 急性虚血性脳卒中への血栓溶解療法(rt-PA)
 虚血性脳卒中(脳梗塞)
 頭蓋内出血
 NIHSS(脳卒中スケール)
 デルマトームと運動神経分節

9章 痙攣と痙攣重積

10章 内分泌科
 内分泌疾患
 糖尿病
 甲状腺疾患

11章 電解質
 電解質異常

12章 酸塩基平衡障害

13章 感染症
 感染性心内膜炎(IE)予防を必要とする疾患
 発熱と好中球減少
 発熱と皮疹
 HIV(ヒト免疫不全ウイルス)
 敗血症
 治療:成人における経験的な抗菌薬のカバーと特異的な感染症
 感染症:ダニ媒介疾患
 トキシックショック症候群(Toxic shock syndrome)

14章 予防接種と曝露
 HIVへの非職業的曝露
 医療従事者のHIV曝露後予防(PEP)
 HBVへの曝露
 破傷風予防接種

15章 血液内科と腫瘍内科
 貧血
 鎌状赤血球性貧血
 出血性疾患
 脊髄圧迫症
 上大静脈症候群
 腫瘍崩壊症候群

16章 外科
 急性腹症

17章 外傷
 アプローチ
 腹部と腎
 鋭的腹部損傷
 胸部外傷
 泌尿生殖器外傷
 頭部外傷
 頸部穿通性外傷
 骨盤・四肢外傷
 頸椎,胸椎,腰椎,肩外傷
 創傷被覆材についてのコンセンサス勧告

18章 熱傷

19章 整形外科
 関節炎と関節液評価
 コンパートメント症候群

20章 泌尿器科

21章 産婦人科
 臨床的に安定している患者における異所性妊娠の診断
 分娩困難(骨盤位娩出困難と肩甲娩出困難)
 妊娠高血圧,子癇前症,子癇
 重症妊娠高血圧腎症(子癇前症)/子癇の治療
 妊娠後期の性器出血と分娩後出血
 RH同種免疫
 機能性子宮出血(不正性器出血)

22章 眼科

23章 精神科

24章 放射線科
 放射線と造影剤腎症
 造影剤副作用と超音波検査
 超音波

25章 環境障害
 スキューバダイビングに伴う傷病(減圧病)
 高地障害症候群(HAS:High Altitude Syndrome)
 高体温症と低体温症
 ヘビ咬傷
 海洋生物による中毒

26章 中毒
 バイタルや身体所見に影響する薬物
 Toxidrome(中毒症候学)
 SSRI,非三環系抗うつ薬

27章 生物・化学・放射線曝露(NBCテロ・災害)

付録
索引