医学書院

検索
HOME書籍・電子メディア > 書籍詳細

脊椎手術解剖アトラス


編集:菊地 臣一

  • 判型 A4
  • 頁 196
  • 発行 2017年05月
  • 定価 17,280円 (本体16,000円+税8%)
  • ISBN978-4-260-03044-1
「脊椎・脊髄外科の臨床」というアートと「解剖」というサイエンスの結晶
安全に脊椎手術を行うために必要な解剖学的知識を、鮮明な解剖写真をもとに指南する実践的な手術アトラス。頚椎・胸椎・腰・仙椎と部位別に、かつ術式別に、展開される術野に相当する解剖写真を提示しながら、手術の手順を解説する。各術式の解説の最後に、第一人者からの手術のコツ、手術上達のポイントなどをコラムとして掲載。脊椎脊髄外科専門医をめざす若手には手引書として、ベテランには技術の再確認に役立つ1冊。
序 文


 『腰仙椎部神経症状-カラーでみる解剖学的背景』(金原出版刊)を,恩師である蓮江光男先生との共著で出版したのが1996年である.
 この拙著に込めた思いの1つは,肉眼解剖という古典的手法でも,科学という舞台で新しい知見を見出せるということを知ってもらいたかった点にある.この...


 『腰仙椎部神経症状-カラーでみる解剖学的背景』(金原出版刊)を,恩師である蓮江光男先生との共著で出版したのが1996年である.
 この拙著に込めた思いの1つは,肉眼解剖という古典的手法でも,科学という舞台で新しい知見を見出せるということを知ってもらいたかった点にある.このなかで,従来は,曖昧にされてきた常識のなかに,解剖という視点から説明できることが存在することを立証した.
 解剖という研究手技を身に付けていたときに,海外へ飛び出した.Dr. Ian Macnabのもとでの修行中,「なぜ,神経根造影像は管状を呈するのか」というのが彼から与えられた研究テーマであった.「造影剤を神経根の周囲にとどめておく組織があるに違いない」,というのが彼の仮説であった.
 一方,病院では,毎日がfailed back の手術であった.当時,手術歴のある症例の再手術では,メスの入っていない健常な組織を展開し,そこから再手術の部位に入っていくという手技が常識であった.しかし,Dr. Macnab は,いきなり再手術部位を展開するという手技であった.彼の手にかかると,前回の手術部位が整然と展開され,次いで神経根造影・ブロックを含む術前評価に基づいた最小限の除圧が行われ,短時間で手術が終了した.彼はなぜ,手早く,しかも安全に神経根を展開できるのだろうかと考えた.
 これら2つの経験から,科学としての解剖のほかにもう1つ,臨床解剖という切り口があるという思いに至った.それ以降,先輩からの教えで漫然と行っていた脊椎・脊髄の手術における体位の取り方,頭部や体幹の固定,そして皮切や術野到達の妥当性を,臨床解剖という視点から検討を進めてきた.
 臨床解剖は,手術の進歩とともに求められることが異なってくる.したがって,解剖という手法は同じでも,求められる視点や目的は異なってくる.よって,臨床を行っている者でないと,求められることに十分には応えられないのである.
 本書は,私が目次を作成した.解剖は,私の肉眼解剖という古臭い手法を継いでくれた茂呂貴知が行った.執筆は,私の弟子である矢吹省司,大谷晃司,紺野愼一が担当した.また,各手技の最後に,各分野の第一人者にコツの提示をお願いした.
 前著の「おわりに」で,蓮江光男先生が,「将来また装いも新たにして上梓されることもあるであろう」と記された.あれから約20年,この本がそれに対する答えである.
 本書は,脊椎・脊髄外科の臨床というartと解剖というscienceが統合した結晶である.
 本書が,この分野を志す若者にはよき手引に,専門医やこの分野に携わっている医療者には,自らの知識やknow-howの再確認に役立つことを願っている.

 2017年3月
 菊地臣一
目 次
I 脊椎手術に必要な神経解剖
  A 神経側からみた臨床解剖の意義
  B 神経症状への解剖学的関与因子
  C 神経圧迫の高位
  D 神経根の臨床解剖

II 頚椎
 1 Occipito-cervical spine
  A 頭蓋骨へのピン刺入の際の安全域
  B 後頭骨切除の際の安全域
  C C1/2後方アプローチ
 2 中下位頚椎後方アプローチ
 3 脊髄腫瘍へのアプローチ
 4 上位頚椎への後外側アプローチ
 5 中下位頚椎前方アプローチ
 6 中下位頚椎前方外側アプローチ

III 胸椎
 1 前方アプローチ
  A 胸骨柄縦割進入法,あるいはその変法
  B 前方(肋骨切除)アプローチ
  C 胸腰椎移行部へのアプローチ
  D 前方アプローチにおける除圧法
  E 胸腔ドレーンの挿入
  F 胸腔鏡視に必要な解剖と内視鏡的アプローチ
 2 後方アプローチ

IV 腰・仙椎
 1 前方アプローチ
  A 腰椎前側方(腹膜外路)アプローチ
  B 腰椎前方(経腹膜的)アプローチ
  C 腰椎正中/傍正中腹膜外アプローチ
  D 仙腸関節仙骨前面へのアプローチ
   ・腸骨前方からの骨採取
   ・仙腸関節への前方アプローチ
 2 後方アプローチ
  A 正中アプローチ
  B 傍正中アプローチ(Wiltseのアプローチ)
 3 特殊な手技
  A ペディクルスクリュー
  B 仙骨全摘・切断術
  C 後方進入内視鏡下椎間板切除術(MED法)
  D 経皮的内視鏡下腰椎椎間板ヘルニア摘出術(PELD法)
  E 腰椎後側方固定術
  F 後方経路腰椎椎体間固定術(PLIF)
  G 前方経路腰椎椎体間固定術(ALIF)
  H 鏡視下後方除圧術
  I 鏡視下腰椎前方固定術
  J 腹腔鏡視下腰仙椎固定術
  K 椎間孔鏡視下手術

索引