医学書院

検索
HOME書籍・電子メディア > 書籍詳細



根拠と事故防止からみた

小児看護技術


(第2版)

編集:浅野 みどり

  • 判型 A5
  • 頁 552
  • 発行 2016年02月
  • 定価 4,320円 (本体4,000円+税8%)
  • ISBN978-4-260-02500-3
写真・イラスト・動画で小児看護技術がわかる!
好評書の改訂版。豊富な写真とイラストに、「動画付録」が追加。小児看護では、子どもの発達段階に応じた実践が求められ、成人とは異なる点が多い。子どもや家族に説明でき、技術の応用を可能にする「根拠」、スムーズな実践を助ける「コツ」、知っておきたいポイントを解説する「注意」、医療事故防止のために重要な「事故防止のポイント」、異常がみられた際の「緊急時対応」を満載。学習にも臨床でも頼りになる1冊。
動画読者の皆様へ 動画閲覧サービスのご案内
本書付録のカードに記載されたIDとパスワードをご用意のうえ、左のアイコンからお入りください。

【サンプル動画 配信中】
●静脈血採血

序 文
はじめに

 本書初版の発行(2012年8月)から3年あまりを経て,このたび『根拠と事故防止からみた小児看護技術』第2版発行の運びとなりました.これも,多くの皆さまに本書をご活用いただけたからこそと,大変ありがたく,また同時に身が引き締まる思いでおります.
 この間,読者の皆さま...
はじめに

 本書初版の発行(2012年8月)から3年あまりを経て,このたび『根拠と事故防止からみた小児看護技術』第2版発行の運びとなりました.これも,多くの皆さまに本書をご活用いただけたからこそと,大変ありがたく,また同時に身が引き締まる思いでおります.
 この間,読者の皆さまからは,いくつかの貴重なご指摘をいただき,私自身も大変学ばさせていただいたと感じています.ご指摘いただいた点に関しては,医学書院の編集部の方々と相談しながら,本書の特徴である「目でみてポイントがわかる」テキストをめざして,掲載写真の一部撮り直しなども含め,これまでも一部マイナー修正などの対応をさせていただいて参りました.
 今回の第2版の改訂では,従来の本書のもつ特徴をより一歩前進させた形にできるよう,改訂作業に取り組んで参りました.最も大きな(新たな)改訂は,特に学生読者からの要望に応えて,かなりの技術項目において“動画”を取り入れた点かと思います.『根拠と事故防止からみた小児看護技術』という本書の目的に照らして,基礎看護学のように“看護技術”を伝えるということではなく,「小児看護の技術として,何をどんな風に伝えるべきなのか」「どの看護技術項目のどの部分を動画として取り上げることが読者にとって有益か」など,改訂作業に入る段階で編集の木下さんと熱く語り合ったことを思い出します.単に技術の方法や手順を視覚的に伝えるだけなら動画で伝える意味があまりないのではないか,その行為の前後,つまり,お子さんへのアプローチの仕方や終了後のねぎらい,子どもの達成感に働きかけるところまでを含め,安全・安心の提供にフォーカスした現場の小児看護実践に役立つ動画が撮れないだろうか……という思いや信念を大切に進めて参りました.
 実際の動画撮影に入ってからは,写真の撮影とは趣の異なる苦労も多くありました.当初は撮影が難しいかなと思う場面もありましたが,倫理的配慮を遵守しつつ多くのお子さんのご協力が得られ,動画を撮影させていただくことができました.お子さんたちの名演技で,事前の想定以上に素晴らしい場面(お子さんと看護師の相互作用)を多々撮影できました.今回の撮影にご協力いただきましたお子さん方・ご家族の皆さまに心より感謝を申し上げます.
 最後に,本書が多くの看護学生の皆さん,新人看護師の皆さんのお力に少しでもなれること,小児看護の楽しさ・やりがいを少しでも伝えられることを心より願っております.

 2015年12月
 ナゴヤドームを背に研究室にて 浅野みどり
目 次
   はじめに
   本書の構成と使い方
   動画の使い方

第1章 基本技術
   1 コミュニケーション
   2 遊びの援助(乳幼児)
   3 プレパレーション
   4 感染予防
    (1)標準予防策1 手指衛生
    (2)標準予防策2 個人防護具
    (3)感染経路別予防策
    (4)隔離
   5 環境整備
    (1)外来の環境整備
    (2)成長発達に応じた病棟・病室の環境整備
第2章 日常生活援助技術
   1 食事
    (1)調乳
    (2)授乳(健常乳児)
    (3)口唇・口蓋裂児への授乳・食事援助
    (4)離乳食
    (5)食事援助
    (6)摂食・嚥下障がい児の食事援助
   2 排泄
    (1)おむつ交換
    (2)排泄援助(トイレットトレーニング)
   3 活動
    (1)抱っこ
    (2)移動1 おんぶ,スリング
    (3)移動2 ベビーカー・車椅子・ストレッチャー
    (4)ポジショニング(障がい児)
   4 睡眠
   5 清潔
    (1)沐浴
    (2)入浴
    (3)清拭
    (4)洗髪
    (5)口腔ケア
    (6)殿部浴・陰部洗浄
   6 衣生活(更衣)
第3章 フィジカルアセスメント
   1 バイタルサイン測定
    (1)小児におけるバイタルサインの測定
    (2)呼吸
    (3)心拍・脈拍
    (4)体温
    (5)血圧
    (6)意識
   2 身体計測
    (1)身長
    (2)体重
    (3)頭囲・大泉門
    (4)胸囲・腹囲
    乳児・幼児の身体発育に関する資料
   3 生理機能検査
    (1)心電図
    (2)動脈血酸素飽和度(SpO2,SaO2
    (3)呼吸機能検査(努力性肺活量検査)
    (4)脳波(EEG)
    (5)脳波(aEEG)
   4 画像検査
    (1)単純X線検査
    (2)CT検査
    (3)MRI検査
   5 検体検査
    (1)静脈血採血
    (2)採尿
    (3)採便
    (4)骨髄穿刺(マルク)
    (5)腰椎穿刺(ルンバール)
    (6)腎生検
   6 食物負荷試験
第4章 治療援助技術
   1 固定・抑制
   2 呼吸・循環管理
    (1)吸引
    (2)吸入
    (3)肺理学療法
    (4)酸素療法
    (5)人工呼吸器
    (6)罨(あん)法
   3 保育器の管理
    (1)閉鎖式保育器
    (2)開放式保育器
   4 排泄管理
    (1)グリセリン浣腸
    (2)清潔間欠導尿
    (3)ストーマケア
   5 腹膜透析
   6 与薬
    (1)経口薬
    (2)坐薬
    (3)外用塗布剤
    (4)皮下注射
    (5)筋肉内注射
    (6)静脈内注射
    (7)点眼薬
    (8)点鼻薬
   7 経管栄養
    (1)経鼻胃管栄養法
    (2)胃瘻
   8 輸液管理
    (1)末梢静脈内持続点滴
    (2)経中心静脈持続点滴(CVライン)
    (3)輸液ポンプ・シリンジポンプ
   9 輸血管理
   10 牽引・固定法
    (1)牽引(上肢・下肢)
    (2)ギプス固定(四肢・体幹)
    (3)装具・義肢
第5章 救急手技
   1 救急蘇生法
   2 頭部外傷
   3 気道異物
   4 消化管異物
   5 中毒
   6 熱傷
   7 溺水
   8 熱中症(暑熱障害)

   索引

動画一覧
週刊医学界新聞 関連記事