医学書院

検索
HOME書籍・電子メディア > 書籍詳細


手順が見える! 次の動きがわかる!

消化器外科の手術看護


著:大野 義一朗

  • 判型 B5
  • 頁 128
  • 発行 2018年03月
  • 定価 2,592円 (本体2,400円+税8%)
  • ISBN978-4-260-02200-2
手順と動きがわかれば、手術がもっと好きになる!
オペ室看護は“覚える”だけでは物足りない。必要なのは、手術の流れを理解し、進行状況を把握し、次を予測する力だった!「胃の摘出範囲は何で決まる?」「肝臓切除が時間との闘いなのはなぜ?」―今さら聞けない“?”に答えながら、よくある10種類の手術のキモとヤマ場を解説。この1冊で、手術がもっと好きになる!
序 文
はじめに

 オペ室は「覚えることが多すぎる」けど「覚えるだけでは物足りない」。この本は,そんなオペ室1年目から3年目の看護師さんが手術を好きになる本を作りたいと,オペ室看護師と外科医で考えてできあがりました。
 本書で取り上げたのは,消化器を中心に,頻度の高い手術として乳房部分...
はじめに

 オペ室は「覚えることが多すぎる」けど「覚えるだけでは物足りない」。この本は,そんなオペ室1年目から3年目の看護師さんが手術を好きになる本を作りたいと,オペ室看護師と外科医で考えてできあがりました。
 本書で取り上げたのは,消化器を中心に,頻度の高い手術として乳房部分切除術を加えた10種類の手術です。どれも外科医がはじめに担当する手術であるように,オペ室の看護師さんがはじめに器械出しを経験する手術です。
 外科手術の種類は気の遠くなるほど数がありますが,この10種類で一般病院の外科手術の約6割,1年目から3年目の看護師が担当する器械出しの手術の約7割を占めています。さらに,だんだん難しい手術やまれな手術に挑戦していくわけですが,ここに取り上げた手術の基本的な考え方や手技が,より高度な応用編への土台になります。ですから,この10種類の手術を,自分の得意な「自信のある手術」にしてください。
 本書で一番重視したのは,手術の流れを理解してもらうことです。医師の指示は,手術の流れの中ででてきます。手術の流れがわかっていれば,次の指示を先読みできます。そうして余裕ができると,器械出しが楽しくなります。
 また「この操作は何のためにするの?」と,よく看護師さんから質問されることも挙げてみました。器械出しには直接必要のない知識に思えるかもしれませんが,わからないことを知ることで好きになり,好きになれば器械出しがもっとうまくなります。
 手術は最初から最後まで淡々と進むものではありません。いくつか難度の高いところや危険な場所があり,執刀医の緊張も高まります。そんな手術のキモとヤマ場を強調しました。その時の執刀医の胸の内を理解した器械出しが苦境を救います。
 手術をコントロールしているのは,ここだけの話,執刀医の力を最大限に引き出してくれる器械出し看護師の力なのです。そんな器械出し看護師をめざす皆さんを心から応援しています。

 2017年12月
 大野義一朗
書 評
  • 外科医の熱い思いが添えられた看護師のための手術書
    書評者:安達 洋祐(久留米大教授・医学教育研究センター統括責任者)

     腹腔鏡手術が普及して約20年。開腹手術の時代の緊張感や一体感がなくなったなぁと寂しさを感じていたら,『手順が見える! 次の動きがわかる! 消化器外科の手術看護』という本が出た。手術室看護師のための手術書であり,市中病院で日常的に行っている一般外科の解説書である。

     中身を見ると,虫垂切除や胆...
    外科医の熱い思いが添えられた看護師のための手術書
    書評者:安達 洋祐(久留米大教授・医学教育研究センター統括責任者)

     腹腔鏡手術が普及して約20年。開腹手術の時代の緊張感や一体感がなくなったなぁと寂しさを感じていたら,『手順が見える! 次の動きがわかる! 消化器外科の手術看護』という本が出た。手術室看護師のための手術書であり,市中病院で日常的に行っている一般外科の解説書である。

     中身を見ると,虫垂切除や胆嚢摘出から肝臓切除や膵頭十二指腸切除まで10種類の手術が,概要・基本・手順の三本立てで記載されている。ちまたの類書にない魅力は,(1)外科医の思い,(2)看護師の視線,(3)編集者の熱意が詰まっていることであろう。

     著者は日本外科学会指導医のベテラン外科医であり,「手術の流れを理解してもらうこと」を重視している。「手順」の文章とイラストは隅々まで配慮が行き届いており,随所で術者の意図や操作の意味を示し,「テンポを大事に」「執刀医も苦戦」「看護師の役割が大きい」など,外科医の思いを添えている。

     執筆協力者として手術室スタッフ16人の名前が挙がっており,手術室看護師の熱い視線を感じる。使用器械,体位,麻酔,手術時間,手術適応の他,「おさえておきたい解剖の知識」「術後の観察Point」「Q&A」などを通して,手術室や外科病棟の看護師が知りたいことを見事に網羅している。

     イラストはカラーで美しく,全体像の中に局所を拡大して描いており,術野の展開や操作の内容をイメージしやすい。余分なものを削ぎ落とし重要なものを強調し,術者が見ているものを上手に表現している。手術は写真を掲載しただけでは理解しにくく,イラストの作成に編集者の工夫が感じられる。

     至るところに手術中のポイントが示されているのも,本書の特徴である。腹腔鏡手術では今どこを見ているか理解できること,胃切除ではリンパ節郭清と血管の処理,結腸切除では切る血管・残す血管と無影灯の操作,肝臓切除では血流遮断の時間的制約と出血への対応など,「キモとヤマ場」がよくわかる。

     手術を受ける患者は外科医に身を委ねるしかなく,外科医は信頼できる仲間がいるから手術を行える。手術はチームプレーであり,全てのスタッフが同じ目標に向かいながら力を合わせて行う作業である。緊張感があり責任が重いだけに,達成感や満足感も大きい。

     最近の医療は「多職種連携」や「チーム医療」が重視されているが,外科や手術は昔から連携や協力が必須であり,情報の共有や技術の伝承が当然であった。先輩には「ドクターとナースは車の両輪」と教わり,執刀医と器械出し看護師は「あうんの呼吸」を体現していた。

     著者は「執刀医の胸の内を理解した器械出しが苦境を救います」と述べている。私もいろいろな病院で看護師に助けられた外科医であり,同感である。看護師だけでなく,学生や研修医も本書を読んでほしい(個人的には,映画『孤高のメス』の堤真一と夏川結衣も見てほしい)。本書を通じて一人でも多くの看護師に「手術が好き」になってほしいと思う。
目 次
1 腹腔鏡下胆囊摘出術
 胆囊摘出術の概要
 腹腔鏡下胆嚢摘出術の基本
 腹腔鏡下胆嚢摘出術の手順
 おさえておきたい解剖の知識

2 幽門側胃切除術
 胃切除術の概要
 幽門側胃切除術の基本
 幽門側胃切除術の手順
 おさえておきたい解剖の知識

3 右半結腸切除術
 右半結腸切除術の概要
 右半結腸切除術の基本
 右半結腸切除術の手順

4 S状結腸切除術
 左半結腸切除術の概要
 S状結腸切除術の基本
 S状結腸切除術の手順

5 腹腔鏡下S状結腸切除術
 腹腔鏡下S状結腸切除術の概要
 腹腔鏡下S状結腸切除術の基本
 腹腔鏡下S状結腸切除術の手順

6 肝臓切除術
 肝臓切除術の概要
 肝臓切除術の基本
 肝臓切除術の手順

7 膵頭十二指腸切除術
 膵頭十二指腸切除術の概要
 膵頭十二指腸切除術の基本
 膵頭十二指腸切除術の手順

8 虫垂切除術(開腹・腹腔鏡下)
 虫垂切除術の概要
 虫垂切除術の基本
 虫垂切除術の手順

9 鼠径ヘルニア根治術
 鼠径ヘルニア根治術の概要
 鼠径ヘルニア根治術の基本
 鼠径ヘルニア根治術の手順
 おさえておきたい解剖の知識

10 乳房部分切除術
 乳房切除術の概要
 乳房部分切除術の基本
 乳房部分切除術+センチネルリンパ節生検の手順

付録 血管結紮
 結紮の方法・手順
 糸の種類と使い分け

索引

[手術に使用する器械や手術の手順などは,筆者が東葛病院で行っている方法をもとにしています。病院によって器械の名称や手順は異なることがあります。]