医学書院

検索
HOME書籍・電子メディア > 書籍詳細

言語聴覚研究 第5巻 第2号


編集・発行:日本言語聴覚士協会 

  • 判型 B5
  • 頁 76
  • 発行 2008年07月
  • 定価 2,200円 (本体2,000円+税10%)
  • ISBN978-4-260-00724-5
日本言語聴覚士協会編集・発行の学術雑誌
日本言語聴覚士協会編集・発行、医学書院制作・販売の学術雑誌。
目 次
■原著
学齢期に読み書き障害が顕在化したクモ膜嚢胞開放術後の一例―乳幼児期早期に
 シャント術を施行した児の長期フォローアップ経過から(新川 里佳・他)
文字刺激による補完現象の検討
 ―仮名一文字の音読で語彙化する2症例から(橋本 幸成・他)

■シンポジウム「言語聴覚士のあり方―小児の言語聴覚領域の現状と課題」
座長記(佐場野 優一)
地域の療育センターの立場から(斉藤 吉人)
耳鼻咽喉科医院に勤務する立場から(長嶋 比奈美)
県レベルでネットワーク作りに取り組む立場から
 ―小児言語聴覚療法の普及を目指して(下田 祐輝)
特別支援教育に携わる立場から(岡崎 宏)

■短報
支援技術を活用した支援によって心理面の改善が認められた
 読み書き障害児の一例(河野 俊寛)

■調査報告
高齢期臨床に携わる言語聴覚士の聴覚臨床業務についての
 実態調査報告(鈴木 恵子・他)

投稿規定/執筆要綱/投稿誓約書/編集後記

●「言語聴覚研究」購読会員のご案内