医学書院

検索
HOME書籍・電子メディア > 書籍詳細

生活領域から見た精神科看護


編集:坂田 三允
執筆:岩崎 みすず/小林 美子/小松沢 美代/坂田 三允/高山 七穂子

  • 判型 A5
  • 頁 248
  • 発行 2001年05月
  • 定価 3,520円 (本体3,200円+税10%)
  • ISBN978-4-260-33134-0
生活を通して精神科看護を考える
精神科領域における患者の日常生活援助は、通常と異なったアプローチが必要となる。そこで睡眠、排泄、食事、清潔など生活行動をめぐる問題をとりあげている。自立性の問題、検討力の消失、関係性の問題について、救急・急性期、回復期、社会復帰準備期の各段階で行なうケアや援助の実際を示している。
目 次
第1章 生活領域から見た精神科看護
 
第2章 第1段階 救急・急性期または入院初期
 A. 自律性の問題
 B. 関係性の問題と精神科看護
 C. 看護の方向性
 
第3章 第2段階 回復期
 A. 自律性の問題
 B. 関係性の問題
 C. 看護の方向性
 
第4章 第3段階 社会復帰準備期
 A. 自律性回復への援助
 B. 関係性の問題
 C. 看護の方向性