医学書院

検索
HOME書籍・電子メディア > 書籍詳細

心拍変動の臨床応用

生理的意義,病態評価,予後予測

編集:林 博史

  • 判型 B5
  • 頁 168
  • 発行 1999年01月
  • 定価 7,260円 (本体6,600円+税10%)
  • ISBN978-4-260-10949-9
心拍変動という指標を用いることによって、生命活動に重要な役割を果たす自律神経機能の観察はより簡便に、より精確になった。本書は、心拍変動の生理的意義を明らかにし、それが病態評価にどう結びつくのか、予後予測にどれほど資するかについて詳細に解説した待望の書。治療戦略をたて、その効果を評価する上でも貴重な情報となる。