医学書院

検索
HOME書籍・電子メディア > 書籍詳細

死生学のすすめ


著:山本 俊一

  • 判型 A5
  • 頁 224
  • 発行 1992年06月
  • 定価 3,300円 (本体3,000円+税10%)
  • ISBN978-4-260-10810-2
著者の透徹した凝視は、貴重なヒントと洞察を持つ。
目 次
I 序 
II 生と死の医学 
 日本人の死生観
  死生観とは/日本人の死生観
 生を衛る衛生学
  衛生学とは/何から生を衛るか/時間とは/時間の本態/時間への対応/老いの衛星/死の衛星/量から質へ
 免疫モデルと死生モデル 
III 老いを生きる 
 老年期の教育
 老いと死
 文明のつくる老いと病い
  老いと文明/病いと文明/現代の病い/癒し 
IV 死の受容 
 老年学と死生学
  老年学の概要/死生学の概要/主体的死生学の必要性/主体的な死の虚像的観点
 死の意味
  はじめに/非存在としての死/存在としての死/おわりに
 死の準備教育と看護学