医学書院

検索
HOME書籍・電子メディア > 書籍詳細

コミュニティ アズ パートナー

地域看護学の理論と実際
(第2版)

編集:エリザベス T. アンダーソン /ジュディス・マクファーレイン 
監訳:金川 克子/早川 和生

  • 判型 B5
  • 頁 356
  • 発行 2007年01月
  • 定価 4,104円 (本体3,800円+税8%)
  • ISBN978-4-260-00326-1
定評ある地域看護学のテキスト最新版の翻訳
“パートナーとしてのコミュニティ”の考え方を基本に、地域看護学の理論と実際をわかりやすく解説。第1版で削除した学校保健に関する章と産業保健に関する章を新たに追加して、さらに充実した内容となった。随所に演習の課題が示されており、楽しく学ぶことができる。
目 次
第2版監訳者序
日本語版第2版への序
第1版監訳者序
日本語版第1版への序

まえがき
謝辞

第I部 理論的基礎
 第1章 プライマリヘルスケア
 第2章 疫学と人口統計,コミュニティヘルス
 第3章 環境とコミュニティヘルス
 第4章 地域保健活動の倫理的ジレンマ
 第5章 地域のエンパワメントとヒーリング
 第6章 地域とのパートナーシップ形成と文化理解
 第7章 都市とコミュニティのための健康政策

第II部 パートナーとしての地域のプロセス
 第8章 実践を導くためのモデル
 第9章 地域のアセスメント
 第10章 地域の分析と看護診断
 第11章 地域の健康プログラムの立案
 第12章 地域の健康プログラムの実施
 第13章 地域の健康プログラムの評価

第III部 ヘルスプロモーションの方法
 第14章 児童・生徒との健康なパートナーシップの促進
 第15章 職場で働いている人々との健康なパートナーシップの促進
 第16章 地域の高齢者との健康なパートナーシップの促進
 第17章 農村部の人々との健康なパートナーシップの促進
 第18章 慢性の病気をもつ人々との健康なパートナーシップの促進

付録 産業保健師のためのアセスメントガイドのモデル
索引