医学書院

検索
HOME書籍・電子メディア > 書籍詳細

死のアウェアネス理論と看護

死の認識と終末期ケア

著:Barney G. Glaser /Anselm L. Strauss 
訳:木下 康仁

  • 判型 A5
  • 頁 336
  • 発行 1988年04月
  • 定価 2,916円 (本体2,700円+税8%)
  • ISBN978-4-260-34777-8
グレイザーとトラウスによる先駆的研究
老いと死を徹底的に否定してアメリカン・ドリームを実現することに意味を見つけてきたアメリカ合衆国の文化に、死の問題を最初に提起。1960年代に「死にゆく人々は生物学的に死ぬ前に社会的、人間的に死ねるのか」と問いかけ、サンフランシスコの6つの病院で調査した結果の報告書の1冊。死と死にゆくことに関する社会的な側面からの古典的研究であり、先駆的研究。
目 次
第I部 序論
 1 終末認識の問題
 2 死の予期の多様性:社会的提議の問題
第II部 死の認識文脈の諸タイプ
 3 「閉鎖」認識
 4 「疑念」認識:コン卜ロールをめぐるかけひき
 5 「相互虚偽」の儀礼ドラマ
 6 「オープン」認識のあいまいさ
 7 終末認識の不完全状態
第III部 終末認識をめぐる諸問題
 8 終末の直接告知 他