医学書院

検索
HOME書籍・電子メディア > 書籍詳細

看護師が「書く」こと


著:宮子 あずさ

  • 判型 四六
  • 頁 224
  • 発行 2020年03月
  • 定価 1,980円 (本体1,800円+税10%)
  • ISBN978-4-260-04153-9
看護師として言葉を磨き、社会に発信してきた著者による、看護と著述をめぐる思索の旅
看護師として言葉を磨き、社会に発信してきた著者による、看護と著述をめぐる思索の旅。「看護師が、人間のちょっと抜けた行動を笑い合うとき、そこには他人に多くを求めない寛容さを感じます。この感覚をもち合わせた人間の著述が、多く世に出れば、寛容さが育つのではないかと期待します。」(本文より)
序 文
まえがき

 この本は、『看護教育』の2015年1月号から2016年の12月号まで、2年間にわたって連載した「エキサイティングWriting」の構成を変え、大幅な加筆修正を行ったものです。
 この連載は、珍しく私から積極的に企画を出したもので、当時いちばん私がやりたい「書くことそ...
まえがき

 この本は、『看護教育』の2015年1月号から2016年の12月号まで、2年間にわたって連載した「エキサイティングWriting」の構成を変え、大幅な加筆修正を行ったものです。
 この連載は、珍しく私から積極的に企画を出したもので、当時いちばん私がやりたい「書くことそのものについて書く」仕事でした。
 実はこの書き出しからすでに本論なのですが、この書き手の積極性というのも、書くことにおいてはくせ者なのです。なぜなら、書き手が書きたいものを、読み手が読みたいとは限らないからです。
 たとえば、今私が書きたいことのひとつが、モノの収納に関する話です。でも、私にそんな本を書いてほしい人がいるかといえば、まずいない。それに比べれば精神科訪問看護の話のほうが、どう考えても求められるわけです。
 ですから、このときも恐る恐るの提案ではあったのですが、運よく実現にこぎつけました。以後、ハンサムな男性編集者との共同作業が始まり、ひとつの転換期が来たと感じました。
 ただ、好事魔多しともいいます。まさにやりたいことだけに、いつも以上に読み手を意識してかからねば。連載にあたっては、かなり気を遣いました。なぜなら気分よく書いているそのときこそ、要注意。思わず筆が滑って、思いがけず傷つけたくない人を傷つけたりするのですよね。
 ではなぜ私は今、「書くこと」について書こうと思ったのか。その理由は、私が両親を亡くしたことにあります。父が亡くなったのは2000年、母は2012年でした。
 両親は2人とも書く人で、父は脚本家を目指して夢が叶わずテレビ局に就職。母は女優を目指して夢が叶わず、映画会社を経て、亡くなるまで著述をなりわいとしたのです。
 私は今、母と同様、著述も業としていて、その仕事への取り組みのほとんどすべては、母の働き方が手本になっています。特段の指南はなく、まさに門前の小僧。結果として母は、私という後進を残して、この世を去ったわけです。
 で、私の場合はといえば、背中を見せる子どもはなし。後継とはいわないまでも、私が書き手として何かを引き継ぎたいと思えば、自ら広く発信するしかありません。
 そう思い立つと、その意欲がマックスの内に、書きたいと思いました。自分が今「書くこと」について考えていることを、文章化する。さまざまな「書くこと」に直面している同業者に、それが何らかのヒントになれば幸いです。本書では「書くこと」=著述、と考えています。
 単行本化にあたり、連載に引き続いてお世話になった、番匠遼介さんと行き届いた校正をしてくださった歌川敦子さん、近江友香さんに深く感謝いたします。歌川さん、近江さんの適切な問いかけのおかげで、連載時よりさらに整理された文章に仕上げることができました。

 2020年春 宮子 あずさ
目 次
まえがき

第1章 書くこと抜きに看護はできない
 1節 著述との長いつきあい
 2節 現役看護師として書く、楽しみとしがらみ
 3節 現役の看護師だから書けること
 4節 私はどのように読んできたか
 5節 “対義結合”――書くことはジャンプすること

第2章 看護を書く言葉
 1節 私の言葉磨き
 2節 言葉を選んで著述する
 3節 私は、患者を責めない疾病観で書く
 4節 臨床の「わかった!」を記述する
 5節 人間観は臨床で進化する
 6節 感情を書く言葉

第3章 著述の段取りと小技・大技
 1節 著述の段取り①――テーマを決めて書き出し、書き上げるまで
 2節 著述の段取り②――書き上がったら、寝かせて、さらに練る
 3節 無駄に感じの悪い批判をしないための書き方
 4節 主題に応じた著述、オチと言い訳
 5節 書きながら自分のバイアスを知る

第4章 さまざまな著述
 1節 「本音のコラム」の鍛錬
 2節 インタビュー、そして人を描く著述
 3節 著述としての研修資料
 4節 著述としての学術論文の可能性
 5節 書かずに死にたい「闘病記」

第5章 著述の可能性
 1節 時代の変化のなかで書く
 2節 書く看護師を育てたい