医学書院

検索
HOME書籍・電子メディア > 書籍詳細

ウォーモルド内視鏡下鼻副鼻腔・頭蓋底手術


原著:Peter-John Wormald 
監訳:本間 明宏/中丸 裕爾
訳者代表:鈴木 正宣

  • 判型 A4
  • 頁 328
  • 発行 2020年09月
  • 定価 22,000円 (本体20,000円+税10%)
  • ISBN978-4-260-04200-0
世界をリードする、最先端のESS手技を詳説!
内視鏡下鼻副鼻腔・頭蓋底手術の世界標準ともいえる術式を開発した原著者Wormaldが、その手技を詳細に解説している書の原書第4版。1000を超えるカダバー写真やイラストと約70の手術動画を収載しており、世界最先端の内容をアップデートしている。原著者の意図を汲んだ訳文は平易でわかりやすく、本術式に関する読者のより深い理解への一助となるだろう。すべてのESS術者にとって待望の翻訳書、堂々の刊行!
序 文
日本語版の序(本間明宏・中丸裕爾・鈴木正宣)/日本語版に寄せて(Foreword 訳)(Peter-John Wormald)/(Peter-John Wormald)


日本語版の序

 本書は,P.J.Wormald著“End...
日本語版の序(本間明宏・中丸裕爾・鈴木正宣)/日本語版に寄せて(Foreword 訳)(Peter-John Wormald)/(Peter-John Wormald)


日本語版の序

 本書は,P.J.Wormald著“Endoscopic Sinus Surgery”の最新第4版を翻訳したものです。原著は世界的なベストセラーとなっており,初版は英国医師会のBest ENT Book 2005に選出されました。その影響力は大きく,ここに記載された内容は世界標準術式の1つといえるでしょう。内容はbuilding blockや内視鏡下Draf III,内視鏡下頭蓋底手術など,いずれも経鼻内視鏡手術にパラダイムシフトをもたらしたものです。術式はすべて査読付きの医学雑誌に受理されたもので,その術後成績と併せて掲載されています。また,1,000を超える写真やイラストと約70の手術動画が付属されており,非常にわかりやすく解説されています。今回,日本語版を上梓できることを大変嬉しく思います。

 翻訳にあたっては正確性はもちろんのこと,日本語として読みやすい文章になることを心がけました。原著が世界中でベストセラーになったのは,充実した内容はもちろんのこと,読みやすさもその一助となっています。訳文の正確性を担保するために,それぞれの翻訳者には章ごとの精訳を依頼しました。また,1冊を通じた統一性を得るために,監訳者と訳者代表がそれぞれ300頁にわたり,一文一文,何度も何度も推敲を重ねました。

 この本には,これまで日本ではあまりなじみのなかった手術の背景,用語,術式が多数掲載されており,これから内視鏡下副鼻腔手術(ESS)を始める方はもちろん,経験豊富なベテランの先生方にもご満足いただける内容となっています。また,頭蓋底,翼口蓋窩,下垂体,斜台,頭蓋頸椎移行部と,副鼻腔を超えた領域(beyond the sinus)も取り扱っていますので,脳神経外科や整形外科の先生方にもお手にとっていただきたいと思います。著者は術中の環境も重要視しており,本書の第1章,第2章にそれが表れています。ぜひ,手術の際にお世話になる麻酔科医や“スクラブナース”をはじめとしたメディカルスタッフとも共有していただければと思います。記載は,いずれも具体的かつ実践的ですので,読んだ次の日から日常臨床にお役立ていただけるはずです。

 出版にあたっては医学書院の渡辺一さん,鶴淵友子さん,岡田幸子さんに大変お世話になりました。慣れぬ翻訳出版を実現できたのはお三方のおかげです。また,翻訳者・翻訳協力者の先生方には,日常臨床でお忙しい中ご協力いただいたことに感謝しています。そして,北海道大学耳鼻咽喉科・頭頸部外科名誉教授の福田諭先生,手稲渓仁会病院耳鼻咽喉科・頭頸部外科の古田康先生のお名前を忘れるわけにはいきません。10年前にWormald教授を札幌に招聘してくださったことが,その後のアデレード留学や今回の翻訳出版の発端となりました。あの日,お二人が蒔いてくださった種がこのような形で花開いたことを嬉しく思います。

 本書を翻訳している間に元号は令和に変わり,2020年代が幕を開けました。時代の移り変わりとともに,医療を取り巻く環境も大きく変わりつつあります。もちろん鼻科学もその例外ではなく,常に在るべき姿と進むべき道を模索し,変化を続けていかなければなりません。ただ,時代や環境がいくら変化しても,本書で取り扱った鼻副鼻腔・頭蓋底の解剖が変わることはなく,その多様性を熟知したうえで手術に臨むという本書のコンセプトが朽ちることもありません。また,多少の揺り戻しがあったとしても,この領域に生じる疾患の多彩さと,経鼻アプローチによる侵襲の少なさを考えると,『内視鏡下鼻副鼻腔・頭蓋底手術』はこれからも発展の一途をたどるでしょう。原著初版の発行から15年の時を経て世界で広く受け入れられた本書が,日本でも長きにわたり愛読され,日常診療の一助となることを期待しています。

 2020年8月
 監訳 本間明宏・中丸裕爾
 訳者代表 鈴木正宣


日本語版に寄せて(Foreword 訳)

 内視鏡下鼻副鼻腔・頭蓋底手術はこの30 年で大きな進歩を遂げた。マイクロデブリッダーやドリルなど,新しい手術器具の開発は,新しい術式を生み出した。これまでに鼻科学や慢性副鼻腔炎を扱った教科書は数多く出版されているが,鼻副鼻腔・頭蓋底の内視鏡手術に必要な解剖とその手技に焦点を絞った本はほとんど存在しなかった。この本では手術に必要な手技をできるだけ単純なステップに分け,rhinologistを志す医師が一歩ずつ確実に理解・修得できるように構成した。術式の中にはなじみがないものもあるかもしれないが,いずれも試行錯誤して生み出され,査読のある雑誌で評価を受けたものばかりである。

 ここで,翻訳に協力してくれた日本の仲間への感謝を述べたい。特に鈴木正宣医師はこの手術書の日本語訳に数百時間を捧げてくれた。Masaは熱意あふれる学修者で常に新知見を渇望している。本書を日本に広く伝えたいという彼の熱い願いが,今回の共同作業,翻訳出版へと導いた。彼とはアデレードで1年以上を共にしたが,すぐれた研究者でもあった。今でもわれわれの教室の親しい友人であり,彼のおかげで北海道大学耳鼻咽喉科・頭頸部外科学教室とは親密に共同研究を続けることができている。

 今回,新しく日本語に翻訳されたこの手術書が日本の読者にとって内視鏡解剖を理解するための一助となり,詳細な術前プランニングが日本でも習慣化されることを私たちは強く期待している。手術においては「トレーニング」に勝るものはない。日本の読者がこの本をもとに「トレーニング」を重ね,その結果,修得した手術技能によって日本の患者が多く救われれば,原著者として望外の喜びである。

 アデレードより

 ピーター・ジョン ウォーモルド
 Peter-John Wormald
 (訳 鈴木 正宣)




 ここに『Endoscopic Sinus Surgery』を上梓できることをうれしく思う。この最新版(訳注:原著第4版,日本語初版)は,2004年の初版以来,改良に改良を重ねてきた術式をわかりやすいイラストとともに1冊にまとめたものである。
 発刊にあたってはテキスト全体を見直し,一部の章は大幅に改訂した。特に,前頭洞の章は前頭陥凹の新しい分類を反映するためほぼ新しく書き直した。この分類は世界中のトップサージャンによる議論を経て,国際的な合意のもとに発表したものである。シンプルかつ合理的な分類となっており,今後,新しい世界標準となるであろう。また,今回の改訂では前頭洞手術を表す用語・分類も整理した。これまでは,例えばDraf IIb 1つをとっても,術者によりその意図するところは微妙に異なっており混乱のもととなっていた。今回提唱した用語・分類は前頭陥凹のセルと同じくシンプルかつ合理的で,これも新しい世界標準になると期待される。他にも,上顎洞の章にはmega-antrostomyとprelacrimal approachを加え,拡大前頭洞手術の章ではEFSS grade 6(frontal drillout)での前方茎の使用法を修正した。他の章にも多くの新しい術式を追加した。
 本書の特色の1つに高品質の解剖写真があげられる。これはRowan Valentineが故Albert L. Rhoton Jr. の指導のもと,Florida州Gainesvilleにある解剖室で撮影したものである。すばらしい写真を提供してくれたことに感謝している。
 本書は他の教科書と異なり解剖と手術に特化しており,疾患の病態や薬物治療を網羅するものではない。これらに関しては他の多くのすばらしい教科書で学んでほしい。また,掲載した術式はいずれも専門家による査読を受け,学術論文として発表されたものである。読者が解剖や術式を十分に理解し,日常臨床で役立ててくれることを願ってやまない。本文中には理解の助けになるよう,多くのイラスト,CT,MRI,内視鏡写真を掲載した。また,実際の手術動画もビデオとして付属した。テキストと併せることで副鼻腔の解剖をさらに深く理解できるであろう。
 日常臨床の中では,時として解剖が複雑で再発を繰り返す難治例の診療にあたることもあるだろう。しかし本書は,どんな症例を前にしても困らないだけの自信を読者にもたらしてくれるはずだ。『内視鏡下鼻副鼻腔・頭蓋底手術』に必要なすべてとともに。

 ピーター・ジョン ウォーモルド
 Peter-John Wormald
 (訳 鈴木 正宣)

* Wormald PJ, et al. The International Frontal Sinus Anatomy Classification [IFAC] and Classification of the Extent of Endoscopic Frontal Sinus Surgery [EFSS]. Int Forum Allergy Rhinol 2016; 6[7]7: 677-696
目 次
日本語版の序
Foreword
日本語版に寄せて(Foreword 訳)

謝辞

付録ビデオ目次

1 ESSのセットアップとエルゴノミクス
 はじめに
 手術器具
 患者と術者のポジション
 内視鏡と手術器具の挿入の原則

2 ESSの術野
 はじめに
 局所麻酔と全身麻酔
 ESSの標準的な準備
 ESSの術野を改善させる他の方法
 術野を改善するために

3 ESSの画像診断
 はじめに
 CT
 MRI
 血管造影
 涙囊造影と涙道シンチグラフィ

4 下甲介切除術と内視鏡下鼻中隔矯正術
 はじめに
 内鼻弁
 下甲介切除術
 下甲介ショルダー・オステオトミー(前端切除術)
 術後処置
 下甲介切除術の結果
 内視鏡下鼻中隔矯正術
 術式

5 鈎状突起切除,上顎洞開放,犬歯窩トレフィン
 はじめに
 鈎状突起切除
 swing-doorテクニックの結果
 副口とサーキュレーション
 上顎洞自然口の開大
 重度の上顎洞病変
 従来の犬歯窩穿刺の方法と合併症
 術後管理
 まとめ
 上顎洞への前方からのアプローチ
 キーポイント

6 building blockによる前頭洞の三次元再構成
 はじめに
 前頭陥凹と前頭洞の解剖
 鈎状突起
 ANC(鼻堤蜂巣)
 前頭陥凹のセル
 前頭陥凹の三次元再構成(Building Block Concept)
 前頭陥凹と前頭洞の解剖学的バリエーション
 さまざまなバリエーションでの前頭洞排泄路の同定
 おわりに

7 前頭洞手術
 はじめに
 前頭洞手術の適応
 前頭陥凹と前頭洞の術前評価
 前頭洞手術における手術手技
 前頭洞手術の困難例
 術後ケア

8 篩骨胞,中甲介,後部篩骨洞,蝶形洞手術
 はじめに
 篩骨胞とSBC
 後部篩骨洞の三次元再構成
 後部篩骨洞の術前プランニング
 中甲介
 蝶形洞開放

9 拡大前頭洞手術 frontal drillou(t Draf III)
 はじめに
 frontal drilloutの適応
 frontal drilloutの相対的適応外
 手術手技
 術後のケア
 frontal drillout後の狭窄
 結果
 再手術

10 蝶口蓋動脈結紮とVidian神経切断術
 はじめに
 ESS後の術後出血
 特発性鼻出血症における併存疾患
 蝶口蓋動脈結紮術の適応
 Vidian神経切断術

11 内視鏡下涙囊鼻腔吻合術
 はじめに
 流涙症の術前評価
 手術手技(付録ビデオ参照)
 術後管理
 術後成績
 初回DCR群の成績
 O’Donoghue涙道チューブ挿入の妥当性
 同時手術
 合併症
 キーポイント

12 内視鏡下髄液漏閉鎖術
 はじめに
 髄液漏の原因
 術前評価
 手術手技
 術後処置
 術後成績
 キーポイント

13 内視鏡下下垂体腫瘍手術
 はじめに
 術前評価
 手術手技
 術後処置
 治療成績
 キーポイント

14 内視鏡下眼窩減圧術 眼球突出,急性眼窩内出血,眼窩骨膜下膿瘍への対処
 はじめに
 甲状腺眼症
 眼窩内出血
 眼窩骨膜下膿瘍に対する眼窩減圧術
 キーポイント

15 内視鏡下視神経減圧術
 はじめに
 薬物治療
 外傷性視神経症に対する外科的治療
 治療成績
 キーポイント

16 上顎洞,翼口蓋窩,側頭下窩進展腫瘍に対する内視鏡手術
 はじめに
 上顎洞,翼口蓋窩,側頭下窩へのアプローチ法
 内視鏡手術における解剖
 上顎洞,翼口蓋窩,側頭下窩に進展する腫瘍
 内反性乳頭腫に対する内視鏡手術の治療成績
 巨大な若年性上咽頭血管線維腫(JNA)
 翼口蓋窩および側頭下窩の腫瘍に対する2 サージャンアプローチ
 JNAに対する内視鏡手術の治療成績
 術後管理について
 おわりに

17 耳管および後鼻腔の内視鏡切除
 はじめに
 解剖
 手術手技
 術後管理
 症例提示
 キーポイント

18 内視鏡下頭蓋底手術に必要な蝶形洞周囲の臨床解剖
 蝶形骨の解剖
 トルコ鞍の解剖
 トルコ鞍の側壁
 海綿静脈洞の解剖
 Vidian神経の解剖
 斜台の解剖
 上顎神経(V2)の解剖

19 斜台・後頭蓋窩腫瘍に対する内視鏡下切除
 はじめに
 斜台,後頭蓋窩,海綿静脈洞の解剖
 斜台・後頭蓋窩領域の手術手技
 症例提示
 おわりに

20 内視鏡下前頭蓋底腫瘍摘出術
 はじめに
 前頭蓋窩の解剖
 前頭蓋窩の血管解剖
 手術手技
 頭蓋底の再建
 症例提示
 おわりに

21 頭蓋頸椎移行部の内視鏡手術
 はじめに
 適応疾患
 解剖
 術前準備
 軸椎歯突起への内視鏡アプローチ
 キーポイント

22 内視鏡手術中の内頸動脈・大血管損傷への対応
 はじめに
 内頸動脈損傷の危険因子
 出血時の対応
 術後合併症
 手術トレーニングコース

略語一覧
索引