医学書院

検索
HOME書籍・電子メディア > 書籍詳細

漢方処方ハンドブック


編集:花輪 壽彦

  • 判型 B6変
  • 頁 488
  • 発行 2019年06月
  • 定価 4,104円 (本体3,800円+税8%)
  • ISBN978-4-260-03914-7
北里流漢方診療のエッセンスを白衣のポケットに
漢方が効く病態約50に対する処方を解説。プライマリ診療に簡便な医療用エキス製剤を主としつつ、煎剤処方についてもAdvanced courseで触れており、漢方を使い慣れた読者にも有用な1冊となる。内科系、整形外科を中心に小児・女性・高齢者の診療、鍼灸、生薬をカバーする内容。付録も充実-医療用漢方処方の選び方・使い方(腹証図付き)、エキス製剤情報、薬局向けの患者説明用処方解説、煎剤解説、生薬解説など。
序 文
『漢方処方ハンドブック』の発刊にあたって

 新元号「令和」の最初の第70回日本東洋医学会学術総会(令和元年6月28日~30日)という記念大会が北里大学東洋医学総合研究所(北里東医研)を主管に東京で開催されることが決まり,不肖,花輪が会頭を仰せつかった.
 この時,プログラム委員...
『漢方処方ハンドブック』の発刊にあたって

 新元号「令和」の最初の第70回日本東洋医学会学術総会(令和元年6月28日~30日)という記念大会が北里大学東洋医学総合研究所(北里東医研)を主管に東京で開催されることが決まり,不肖,花輪が会頭を仰せつかった.
 この時,プログラム委員会の話し合いで,「漢方入門セミナー」「鍼灸入門セミナー」など連続講義(30分のshort lecture)の講師を北里東医研のスタッフやOBの多くが担当することになった.
 そこで医局長と相談して,短時間では説明しきれない入門セミナーの「補助テキスト」を作ろう,という話が起こった.
 別件で医学書院の編集部に会う約束があったので,そのことを話したら,「ぜひ作りましょう」ということになった.
 この時,私の編集方針は
①北里東医研同門会(医局員,OB)に広く声かけして執筆をお願いする.
②扱う処方は保険診療で使える147処方(148品目)すべてを網羅し,かつ北里東医研が,煎じ薬治療を行っていることから,エキス剤にはない処方も参考として入れる.
③一般臨床医,薬局・病院薬剤師,鍼灸師,看護師,と広い対象に漢方の魅力と診療,調剤,服薬指導,患者指導の実際がわかるものにする.
④常時,日常診療・日常業務で携帯して,処方検索や服薬指導の際にすぐに確認・参照できるような,利便性・実用性のあるハンドブックサイズにする.
⑤安易な「病名処方」ではなく,「随証治療」のガイドブックにするが,説明の簡略化や図表を用いて,5分程度で調べたい内容が検索できる簡潔な本にする.
⑥時間のあるとき「column」や「Advanced Course」「Note」「memo」などを読んでいただき,楽しめるもの.北里東医研らしい「蘊蓄」を散りばめること.
およそこのような企画を話したように記憶している.
 随分,贅沢な構想であった.「易きに阿(おもね)ることがないように」と執筆依頼文に書いた記憶がある.
 幸い,多くの北里東医研同門会の諸兄・諸姉の快諾をいただいたが,医学書院編集者の叱咤激励や医局長の奮闘があったものの,肝心の編著者である私の怠慢から,結局,著者初稿がそろったのは平成最後の正月明けになってしまった.しかし,漢方診療部,薬剤部,医史学研究部,鍼灸診療部、EBMセンターの全面協力が得られたことで,生薬や医療用漢方製剤,鍼灸の実際について,医師・鍼灸師のハンドブックとしてだけでなく,薬剤師や看護師の服薬指導の実践参考書ともなりうる本になった.日本漢方の歴史の厚みの一端などを「ギュッ」と盛り込むことができたとの感慨がある.
 単著ではないので,方剤の虚実の位置づけや処方解説において,執筆者による表現の濃淡が見受けられるが,編者としては執筆者の原文の息吹をなるべく尊重し,明らかな誤りの指摘に止めた.
 本書が漢方診療の手引きとして,常に白衣のポケットの中にあり,折に触れて取り出していただければ,編著者として望外の喜びであり,本書が医療用漢方製剤の正しい使い方の一助になれば幸いである.
 医学書院には企画当初から我慢強く,時に微笑みながらも相当なプレッシャーを与えていただき,本書が学術総会にお披露目できたことをここに深く感謝申し上げます.
 校正の時間が短かったために説明不足などあれば,読者の御叱正を仰ぎたいと思います.

 令和元年(2019年)6月吉日
 第70回日本東洋医学会学術総会会頭
 北里大学名誉教授・北里大学東洋医学総合研究所名誉所長
 花輪 壽彦
目 次
漢方の基本知識
 I 漢方の基本概念
  ① 漢方とは何か
  ② 「証」の論理
  ③ 陰陽・虚実
  ④ 六病位
  ⑤ 治療大綱
  ⑥ 五臓
  ⑦ 病因としての三因
  ⑧ 気・血・水
 II 漢方薬
  ① 生薬概論
  ② 漢方薬の分類
  ③ 誤治・瞑眩
 III 漢方の診察法
  ① 四診
  ② 漢方診察のまとめ
 IV 全身症状のとらえかた
  発熱・熱感
  悪寒・悪風
  食欲
  睡眠
  排尿
  排便
  疲れやすい・身体が重い
  季肋部の不快
  物忘れ
  イライラ
  発汗・寝汗
  頭痛・頭重・頭揺・頭冒
  耳鳴・難聴・耳漏
  めまい・のぼせ・立ちくらみ
  視力低下・目が疲れる・目がかすむ・目がショボショボする・目のクマができやすい
  のどのつかえ
  口渇・口乾・唇が乾く
  咳
  口が苦い
  生唾
  ゲップ・胸やけ・みぞおちがつかえる・嘔気・嘔吐
  腹痛・腹が張る・腹が鳴る・ガスがよく出る
  性欲の減退・性欲の抑制
  爪がもろい・髪が抜けやすい・皮膚がカサカサする
  皮膚の痒み
  しもやけ
  首や肩のこり
  痛み
  冷え
  ほてり
 V 漢方薬の使用上の諸注意
  ① 注意すべき生薬
  ② 妊婦に対する注意

処方の実際
 1 呼吸器
  1 かぜ,喘息,COPD
  2 非結核性抗酸菌症,肺MAC症
 2 循環器
  3 高血圧
  4 不整脈,動悸
  5 胸痛,狭心症
 3 消化器
  6 便秘・下痢
  7 上腹部の愁訴(主に機能性ディスペプシア)
  8 下腹部の愁訴(腹痛など)
 4 代謝
  9 肥満,糖尿病,脂質代謝異常症
 5 自己免疫
  10 自己免疫疾患
 6 冷えとほてり
  11 冷えとほてり
 7 むくみ
  12 むくみ
 8 貧血
  13 貧血
 9 神経
  14 頭痛
  15 認知症
 10 精神
  16 不眠症
  17 うつ病
  18 神経症性障害(神経症・パニック障害)
 11 関節痛
  19 関節痛(肩,膝)
 12 腰痛
  20 腰痛および下肢症状を伴う腰椎疾患
 13 皮膚
  21 アトピー性皮膚炎
 14 耳鼻
  22 めまい
  23 アレルギー性鼻炎
  24 副鼻腔炎
 15 眼
  25 ドライアイ,眼精疲労,緑内障
 16 小児
  26 小児の漢方診療(成人との違い)
  27 虚弱体質
  28 疳の虫,チック,夜尿症,てんかん,心因性発熱
  29 小児の食欲不振,アトピー性皮膚炎,気管支喘息,かぜ
  30 成長障害,周期性嘔吐,思春期の起立性障害,不登校
 17 女性
  31 月経困難症
  32 月経不順
  33 月経前症候群(PMS),月経前不快気分障害(PMDD)
  34 不妊症
  35 更年期障害
  36 閉経後のトラブル
  37 妊娠中・産後
 18 高齢者
  38 高齢者の疲労
 19 がん
  39 がん
 20 在宅
  40 在宅医療

生薬,鍼灸,EBM,医史学
 臨床に生きる生薬学
 鍼灸
 EBM
 医史学 その1 東洋医学の形成と発展
 医史学 その2 現代へ漢方をつないだ名医 浅田宗伯
 医史学 その3 養生の思想と治病の技術

 あとがきにかえて 半夏厚朴湯の口訣~処方の学び方

付録
 1 医療用漢方148処方解説
 2 薬局用患者説明に用いる処方解説
 3 漢方エキス製剤情報
 4 煎剤の構成生薬と出典
 5 医療用漢方製剤に用いる124生薬解説

 Note
  ・人生100年時代の女性の人生設計
  ・補中益気湯の方意と口訣
  ・漢方治療の現在

 memo
  ① 漢方医学にもエビデンスあり
  ② CONSORTを活用してRCTのレベルアップ
  ③ 漢方臨床研究の高いハードル
  ④ 「症例報告」は,倫理審査が必要なの?
  ⑤ 幸運を運ぶSTORK
  ⑥ 「カルテ調査」は,どの指針に従えばよいの?
  ⑦ 漢方処方は,どうやって英語表記するの?
  ⑧ 困った時のCRC

 生薬の名前
  ・菊花と野菊花
  ・地黄(乾地黄,生地黄)と熟地黄
  ・生姜・乾姜

 事項索引
 処方索引