医学書院

検索
HOME書籍・電子メディア > 書籍詳細

日本腎不全看護学会誌 第20巻 第2号


編集:一般社団法人日本腎不全看護学会 

  • 判型 A4
  • 頁 96
  • 発行 2018年08月
  • 定価 2,592円 (本体2,400円+税8%)
  • ISBN978-4-260-03675-7
一般社団法人日本腎不全看護学会編集・発行の学会誌。
一般社団法人日本腎不全看護学会編集・発行の学会誌。20周年記念号。
目 次
日本腎不全看護学会設立20周年記念号

特集「日本腎不全看護学会設立20周年記念号に寄せて」
1.決して順風満帆ではなかった20年を経て(宇田有希)
2.将来に想いを馳せて(水附裕子)
3.JANN躍動と発展の20年,そして未来へ(内田明子)
4.透析における看護の発展とCKD対策(佐藤久光)

【原著】
看護師のサポートが透析患者の抑うつに与える影響(田場真理,井出訓)
血液透析導入に至った成人期の慢性糸球体腎炎患者の経験─保存期の療養生活についての「語り」に焦点を当てて(香山真衣子,中村光江)

【実践報告】
維持透析患者のエンド・オブ・ライフをチームで支えた事例(田中順也)

【資料】
1.要介護認定を受けている血液透析患者の療養生活と本人の想い─一施設の健康意識調査から(吉川京子,林裕栄)
2.透析看護師による慢性腎臓病保存期指導「個別腎臓教室」の効用─透析導入期調査結果から社会的背景に注目して考察する(飯田美沙,小林由紀江)

【20周年記念「事例報告」】
1.透析とともに生きることの決断を支える看護支援(井上智恵)
2.外来透析を望む,がん終末期患者の意思決定支援にかかわる体験─家族介入に躊躇した看護師の思い(円城寺由加里)

【DLN事例報告】
1(看護実践) 多発性骨髄腫により血液透析導入となった終末期の患者と家族の看護(新野真智子)
2(看護実践) 透析導入期に透析受容が困難で拒否言動があった患者の看護(八代恵美)
3(看護実践) アクセス関連疼痛により透析困難症に陥った一症例(桑田比砂江)
4(看護実践) 患者の望みと終末期支援事例の一考察(桐澤あかり)
5(看護実践) 透析導入時の高齢患者とのかかわり─離島からの通院を希望された一例(渡辺寛之)

第21回日本腎不全看護学会学術集会・総会開催のご案内
6学会合同認定『慢性腎臓病療養指導看護師』第15回認定試験合格者一覧
一般社団法人日本腎不全看護学会入会のご案内
一般社団法人日本腎不全看護学会入会申込書
一般社団法人日本腎不全看護学会正会員(都道府県別)入会状況および慢性腎臓病療養指導看護師(DLN)全国分布
日本腎不全看護学会誌投稿規程
日本腎不全看護学会誌 投稿原稿表紙
一般社団法人日本腎不全看護学会の研究に関する倫理的配慮
投稿論文の確認シート
一般社団法人日本腎不全看護学会社員
一般社団法人日本腎不全看護学会賛助会員
一般社団法人日本腎不全看護学会専任査読者一覧
編集委員
編集後記


第20巻 第1号(電子版のみ)はこちら (リンク先は「医書.jp」販売サイトです。)