医学書院

検索
HOME書籍・電子メディア > 書籍詳細

蛍光眼底造影ケーススタディ

エキスパートはFA・IA・OCTAをこう読み解く

編:飯田 知弘

  • 判型 B5
  • 頁 312
  • 発行 2019年04月
  • 定価 9,720円 (本体9,000円+税8%)
  • ISBN978-4-260-03841-6
ありそうでなかった、蛍光眼底造影の実践ガイドブック!
眼循環の評価における基本的検査である蛍光眼底造影の読影ガイドブック。蛍光眼底造影読影のエキスパートたちが、豊富な症例を交え読影ポイントやコツを解説する。蛍光眼底造影の基本を身につけ、カラー眼底写真、OCT、OCTアンギオグラフィなど他の検査と組み合わせれば眼循環はここまで見える。これから蛍光眼底造影を学ぶ初学者だけでなく専門医にも必携の書。
序 文


 眼底病変は検眼鏡で容易に観察することができます。しかし,「そこに何があるのか?」という狭い意味での診断だけではなく,「それが何を意味するのか?」すなわち病態を解釈・把握し,「どういう経過をとってきたのか? 予後はどうなのか?」と過去と未来を予測して「だから,この治療が適切で...


 眼底病変は検眼鏡で容易に観察することができます。しかし,「そこに何があるのか?」という狭い意味での診断だけではなく,「それが何を意味するのか?」すなわち病態を解釈・把握し,「どういう経過をとってきたのか? 予後はどうなのか?」と過去と未来を予測して「だから,この治療が適切である」と導き出す,本当の意味での「診断」が必要です。
 眼底疾患の診療はさまざまな画像検査所見から正確な診断をするmultimodal imagingの時代に入りました。OCTはその代表で,今や眼科医にとって不可欠な診療ツールとなりました。さらに血流情報を観察することのできるOCT angiography(OCTA)へと発展し,その有用性が注目されています。しかしOCTやOCTAのみに頼りすぎると思わぬ落とし穴にはまる危険性があるのも事実で,これらの所見のみでは把握できない病態もあります。
 フルオレセイン蛍光眼底造影は,1961年にNovotnyとAlvisによって最初に報告され,網脈絡膜疾患の解釈がこれを機に一変しました。現在の眼底疾患学は蛍光眼底造影により構築されたといえます。以来,眼底疾患の診断,治療方針の決定とその評価に際して不可欠な検査となり,その優れた特性から,半世紀以上も前に臨床応用された検査法であるにもかかわらず,多くの検査法が新たに登場した現在でも臨床的意義は変わっていません。蛍光眼底造影がその地位を築いた理由は,網膜毛細血管レベルの検索ができる点もさることながら,網膜血管壁や網膜色素上皮に存在するバリア機能である血液網膜関門の異常を検出できるという点にあります。さらに動的に眼循環の異常を捉えることができます。まさに,眼底所見が「何を意味するのか」というダイナミックな解釈が蛍光眼底造影を読影することで可能となります。
 しかし,蛍光眼底造影は古くから行われている検査であることもあり,その読影に関して系統的に学ぶ機会は少なくなっています。そのような背景のもと,基本に沿って大切なポイントを押さえ蛍光眼底造影所見を読影していただきたいとの目的で,「臨床眼科」誌に2016年1月号から約2年間にわたり「蛍光眼底造影クリニカルカンファレンス」を連載し,幸い多くの先生にご活用いただきました。この度,連載を一冊の書籍として纏め,さらにOCTAなど最新の情報を加え『蛍光眼底造影ケーススタディ』を上梓いたしました。
 本書を通して,蛍光眼底造影やOCT,OCTA,眼底自発蛍光などmultimodal imagingの結果を総合的に解釈して,病態の正確な把握,診断から治療へと導く診療を実践する一助にしていただけましたら編者としてこの上ない喜びです。
 最後に,連載から本書を纏めるまで,ご協力いただきました執筆者の先生方にあらためて心より深謝申し上げます。

 2019年3月
 飯田知弘
目 次
総論 蛍光眼底造影読影の基礎知識
 造影剤の特徴から理解する造影所見
 正常FA所見
 血液網膜関門
 異常FA所見
 脈絡膜背景蛍光に関与する病態
 網膜毛細血管の反応様式

総論 蛍光眼底造影とOCTAをつなぐ
 OCTAの原理とそのメリット・デメリット
 蛍光眼底造影とOCTAの違い

1 網膜静脈分枝閉塞症 急性期
2 網膜静脈分枝閉塞症 陳旧期
3 網膜中心静脈閉塞症
4 網膜動脈閉塞症
5 糖尿病網膜症
6 糖尿病黄斑浮腫
7 特発性黄斑部毛細血管拡張症
8 網膜細動脈瘤
9 眼虚血症候群と高安病
10 中心性漿液性脈絡網膜症
11 慢性中心性漿液性脈絡網膜症
12 滲出型加齢黄斑変性 典型加齢黄斑変性
13 滲出型加齢黄斑変性 ポリープ状脈絡膜血管症
14 滲出型加齢黄斑変性 網膜血管腫状増殖
15 萎縮型加齢黄斑変性
16 脈絡膜新生血管
17 Stargardt病とその他の遺伝性網膜変性
18 サルコイドーシス
19 Vogt-小柳-原田病
20 Behçet病
21 多発消失性白点症候群
22 急性後部多発性斑状色素上皮症
23 網膜腫瘍
24 脈絡膜腫瘍
25 視神経乳頭

索引