『外科専門医受験のための演習問題と解説 第1集(増補版)』 正誤表

このたびは 『外科専門医受験のための演習問題と解説 第1集(増補版)』 をご購入いただきまして誠にありがとうございます。第1刷(2016年4月1日発行)におきまして以下の誤りがございましたので,ここに訂正させていただきますとともに深くお詫び申し上げます。

2017年7月31日作成
訂正箇所 更新年月日
62頁・問20・解説の10行目(頁内最下行) 胆道癌の発生頻度が高く,拡張型は胆管癌,非拡張型では胆嚢癌の合併が多い. 胆道癌の発生頻度が高く,拡張型では胆嚢癌・胆管癌のいずれも多く発生し,非拡張型では主に胆嚢癌が発生し胆管癌はまれである. 2017/07/31
266頁・Q217 動脈開存症の病態が… 動脈開存症の病態が… 2017/07/31