医学書院

検索
HOME雑 誌総合診療 > 2017年01月号

総合診療

2017年01月号 (通常号) ( Vol.27 No.1)
特集 総合診療の“夜明け” キーマンが語り尽くした「来し方、行く末」

総合診療の“夜明け”が近い——。新専門医制度の実施は延期となったが、新しい「総合診療専門医」にとって重要なのは、地域で診療に携わり国民の信頼を得ること。そのために、多くの挑戦と努力が積み重ねられてきた。現場の医師たちが今、何を感じ、どのように考えているのか。「巻頭緊急企画」と併せてお読みください。
(企画) 松村 真司
■座談会
1980年代|臨床研修指導医派遣制度と家庭医に関する懇談会
“家庭医構想”の光と影
福井 次矢 × 木戸 友幸 × 伴 信太郎 × 松村 真司
1990年代|総合診療の勃興期と、その発展のジレンマ
“病院総合医”の来た道、行く道
松村 理司 × 伊藤 澄信 × 箕輪 良行 × 徳田 安春
2000年代|3学会合併と日本プライマリ・ケア連合学会の発足
家庭医+病院総合医=日本独自の新たなジェネラリスト像
津田 司 × 小泉 俊三 × 前沢 政次 × 藤沼 康樹
2010年代|総合診療、未来へ
新たな挑戦は、もう始まっている!
北野 夕佳 × 平島 修 × 宮内 亮輔 × 富田 詩織 × 山中 克郎
■座談会を終えて
固く閉ざされた扉を開くには
松村 真司
“医の倫理”3つを叶える選択を
徳田 安春
ジェネラリストの必然的再統合の時が来た
藤沼 康樹
多様な総合診療医像と、その活躍のために
山中 克郎

今月のIndex


■巻頭緊急企画 明日はどっちだ? 「総合診療専門医」
地域という「場」の中で
朝倉 健太郎
中小病院や地方でしか学べぬものも
上田 剛士
総合診療医は患者さんに必要とされているか?
大野 毎子
外科医の総合診療
北 和也
外部環境に左右されるプログラムとされないプログラム
齊藤 裕之
明日は“ウィメンズヘルス”だ! 「総合診療専門医」
西村 真紀
小規模自治体の公的診療所より
山田 康介
荒涼とした大地に芽は出るのか。それでも、耕し種をまこう。
山田 哲也
最新情報! 「総合診療専門医」の未来予想図
松村 真司


●Editorial
松村 真司
●What's your diagnosis?・169
思わぬところに鑑別診断
桂木 賢太郎・後藤 雅史・小山 弘
●Dr. 上田剛士のエビデンス実践レクチャー! クスリとリスク・10
薬剤性肝障害
上田 剛士


【新連載】
●オール沖縄! カンファレンス・1
汎血球減少症の原因を探せ!
池田 守登・仲里 信彦・徳田 安春(監修)
●みるトレ Special・1
腎盂腎炎疑い、でも尿培養は陰性。さて、何を考える?
笠原 敬
●西伊豆発! 画像読影道場 これくらい読めてもいいんでナイカイ?・1
「骨折」はどのように起こる? キュウリで骨折実験の巻
仲田 和正
●こんなときオスラー 超訳 『平静の心』・1
オスラーの教え「平静の心」
平島 修
●国試にたずねよ・1
“治せる認知症”を見逃すな
山中 克郎
●苦手克服 野獣のリアル勉強法・1
読むのも書くのも苦手な“英語”でまさかの外来診療を!?
田村 謙太郎
●55歳からの家庭医療 明日から地域で働く技術とエビデンス・1
家庭医の臨床診断の技芸 JOY OF DIAGNOSIS
藤沼 康樹

商品写真
定価 2,700円
(本体2,500円+税8%)