医学書院

検索
HOME雑 誌精神看護 > 2016年03月号

精神看護

2016年03月号 (通常号) ( Vol.19 No.2)
特集1 いいのかなと不安に思いながらやってしまっている 腹部のアセスメントと手技を徹底検証/特集2 日本でできるの? オープンダイアローグ

特集1 いいのかなと不安に思いながらやってしまっている
腹部のアセスメントと手技を徹底検証
今、精神科の医療現場では、患者さんの高齢化に伴い身体疾患を合併した患者さんが増え、身体ケアをする頻度が高まり、必要な身体ケア技術の水準が上がっています。
そこでこの特集では、身体ケアのなかでも便秘などでトラブルが多い「腹部」に焦点を当て、アセスメントと手技の方法を学んでいきたいと思います。
現場から出された質問に、ドクター杉田に答えていただきました。
[企画監修]中田 信枝、杉田 学


特集2 日本でできるの? オープンダイアローグ
いま話題のオープンダイアローグ。
今回の特集テーマは「日本でオープンダイアローグはできるのか?」。やれない理由を列挙するのは簡単ですが、今回は、やるためにはどうすればよいかを見つけていこうとする企画です。
2015年末に、日本で初めてケロプダス病院のスタッフ、カリ・バルタネンさんとミア・クルティさんを招いてのオープンダイアローグセミナーが開催されました(主催:オープンダイアローグネットワークジャパン)。
まず最初に、その講演の目玉を斎藤環氏に解説いただきます。会場参加者とカリさん、ミアさんとの間に交わされた質疑応答も紹介します。
次に、フィンランド・ケロプダス病院で研修を受け、トルニオの街を自分の足で歩いて感じたことを三ツ井直子氏に。そして、フィンランドとの違いを超えて日本でどうすればオープンダイアローグが実践できるかを森川すいめい氏に論じていただきます。
[写真]神保 康子
■「何を変えたくてオープンダイアローグを?」
斎藤 環
■カリ・バルタネンさん、ミア・クルティさんに質問!

■行ってきましたフィンランド アポなし突撃隊、トルニオの街を行く!
三ツ井 直子
■オープンダイアローグを実践するために必要なこと
森川 すいめい


■特別記事
認知症に対する精神療法
上田 諭
動機づけ面接法がさらにわかる
佐久間 寛之
■取材レポート
イギリスのリカバリー・カレッジ。「患者」から、回復をデザインする「私」へ
山田 理絵


■ニュース
長期入院の当事者たちと「ココ今ニティ写真展」を開催
島津 聖子
■書論
岩崎航さんとのあれこれ『点滴ポール』『日付の大きいカレンダー』
齋藤 陽道


●[新連載]向谷地さん、幻覚妄想ってどうやって聞いたらいいんですか?(1)
その神様ってどのへんにいるんですか?
向谷地 生良
●イイネ!その業務改善(5)
スタッフの倫理的感受性を高めるポスターの工夫
田代 誠
●就労移行って何だ?(2)
企業から見える「障害」とは? 弱さが強さに変わる時
引地 達也
●こうすればできる当事者研究(2)
自分の助け方をどうやって探すか
向谷地 宣明
●愛か不安か(4)
「孤独で虚しい」と相談されたら
春日 武彦
●武井麻子のOh!それみ~よ(4)
『火星の人類学者』『自閉症の脳を読み解く』
武井 麻子
●失恋の話を聞きまくる男たち。桃山商事(11)
「感情と言動の不一致」による見えないストレス
清田 隆之
●べてる新聞ぱぴぷぺぽ(108)
浦河べてるの家

商品写真
定価 1,404円
(本体1,300円+税8%)