医学書院

検索
HOME雑 誌訪問看護と介護 > 2016年10月号

訪問看護と介護

2016年10月号 (通常号) ( Vol.21 No.10)
特集 高齢者の心不全を在宅でケアする
 日本人の死因第1位「がん」に次ぐのが、心疾患による死亡。その原因として最も多いとされるのが「心不全」です。心不全による死亡は85~90歳にピークを認め、死亡した85%超が後期高齢者。必然的に、高齢者が多い在宅ケアの現場には、“心不全患者が潜在している”といえます。
 心不全の増悪、または再入院を防ぐためには、心機能が弱まった方の日々の暮らしを注視し、ときに指導的な介入が必要です。もちろん、併存疾患との関連性を意識したケアも欠かせません。
 本特集では、そんな「心不全」の問題にフォーカスし、早期に発見・介入し、在宅で患者・利用者を支えていくための知識をまとめていきます。ある研究(J Card Fail 12:114-119, 2006)によると、夜の気温が下がる冬場には、心不全の発症が多くなるとのこと。冬の足音が近づいてきた10月のうちに総復習を!

心不全高齢者に「生活モデル」の医療・ケアを
弓野 大
心不全の療養行動支援 Q&A
心不全と折り合いつけた生活を支えよう
鷲田 幸一
患者・家族、スタッフで共有したい
見逃してはいけない! 心不全のサイン
佐藤 直樹
栄養サポートの基本姿勢
「高齢」であることを踏まえ、柔軟さをあわせもった管理を
宮島 功
在宅生活の身体活動量をどう考えるべきか
生活のなかでどれだけ動いていいの? いけないの?
渡辺 恵都子
心不全末期から終末期にかけての
アドバンス・ケア・プランニングを考える
山部 さおり
【訪問看護師による心不全ケアの工夫】
 積極的な介入で心不全の再発予防に努める
屋比久 進・南部 路治
 「人生を全うした」と思ってもらえる看護をめざす
小林 澄子


■(巻頭)公開対談
「観察」することの驚きと歓び
細馬 宏通 × 六車 由実


●地域包括ケアのまちを歩く
 コミュニティデザインの視点で読み解くケアのまちづくり・2
まちは施設のメタファー
 高齢者総合ケアセンターこぶし園・サポートセンター摂田屋
山崎 亮
●在宅ケア もっとやさしく、もっと自由に!・85
収容することで安心を得ているのは誰?
秋山 正子
●どう読む!? 在宅医療・看護・介護政策・10
医療計画見直しへ 在宅医療WG
社会保険旬報編集部
●〈カラーグラフ〉 終える命、つなぐいのち・19
病院のない島-幸齢者の教え
國森 康弘
●訪問看護実践と成果のつながりを可視化するために
 日本語版オマハシステムの開発に向けて・5
オマハシステムの実践における活用例
 わが国での訪問看護事例をもとに〈3〉
 ケアプラン作成後の評価
オマハシステム研究会 藤野 泰平
●「介護」「看病」は“泣き笑い” ウチの場合はこうなんです!・67
「介護者として“失ったもの”と“得たもの”」の巻
岡崎 杏里

商品写真
定価 1,512円
(本体1,400円+税8%)