医学書院

検索
HOME雑 誌訪問看護と介護 > 2016年07月号

訪問看護と介護

2016年07月号 (通常号) ( Vol.21 No.7)
特集 地域全体をつなぐ機能強化型訪問看護ステーション
今春の診療報酬改定により算定要件が見直された機能強化型訪問看護ステーション。これまでの訪問看護活動が、その算定要件を満たして新たに評価を受けるステーションも出てきています。地域包括ケアが推進されるなか、機能強化型には地域における教育的な役割や連携の拠点となることも望まれていますが、実際に地域では、どのような役割が求められているのでしょうか。これまでの機能強化型としての活動を通じて、地域における役割や関わり方、今後の展望を探っていきます。

機能強化型訪問看護ステーションが地域をつなぐ
 「機能強化型訪問看護ステーションの実態と訪問看護の
 実施状況調査」から見えてきた現状と今後の展望
福井 小紀子
【実践報告】
1.地域における在宅ホスピスとしての役割と関わり
野島 あけみ
2.小児・超重症児やその家族へのケアがより充実するために
夏堀 響子
3.地域全体の機能強化につながる教育・研修機能とは
家崎 芳恵
【座談会】
機能強化型訪問看護ステーションとして
 “地域”の力を強化する
鮎澤 みどり・清崎 由美子・松井 順子
[司会]福井 小紀子


■巻頭インタビュー ケアのヒュッテ・7
小規模多機能ホーム「ぐるんとびー駒寄」
株式会社ぐるんとびー 代表取締役 菅原健介さん
一市民としての当事者意識と覚悟が地域を変えていく
構成:神保 康子
■特別記事
高齢者総合的機能評価(CGA)を活用した介護予防教育プログラム
吉行 紀子、河野 あゆみ、榮木 教子、藏垣 信子、
吉澤 弥実、藤本 絹香、堀 久美子


●〈カラーグラフ〉 終える命、つなぐいのち・16
彼が遺したかったもの
國森 康弘
●在宅ケア もっとやさしく、もっと自由に!・82
地域包括ケアって? 
 -地域丸ごとの前に、家族丸ごと、そして継続的に
秋山 正子
●どう読む!? 在宅医療・看護・介護政策・7
医療計画の見直し
社会保険旬報編集部
●「介護」「看病」は“泣き笑い” ウチの場合はこうなんです!・64
「在宅介護と施設入所のハザマで……」の巻
岡崎 杏里
●訪問ほっとらいん
第10回30年後の医療の姿を考える会市民公開講座開催 
 人生の連続性での『いのちの教育』
神保 康子
元気な高齢者力発掘の新たな手法 
 「2240歳スタイル時間を味方にする人生の先輩たち」展開催
村上 紀美子
臨床現場と研究者の協働について考える
中山 直子
在宅看護研究センター設立30周年記念会に参加して
 -メッセンジャーナースにかける思い
林田 秀治

商品写真
定価 1,512円
(本体1,400円+税8%)