医学書院

検索
HOME雑 誌訪問看護と介護 > 2015年05月号

訪問看護と介護

2015年05月号 (通常号) ( Vol.20 No.5)
特集 ユマニチュードは何が違うか II -在宅・地域での活用可能性
 前号では、科学的・医学的観点を含めて、ユマニチュードの「違い」を探りました。一見、“当たり前のこと”にも見えるユマニチュード。しかし、(1)見る、(2)話す、(3)触れる、(4)立つ(基本の“4つの柱”)をはじめとするユマニチュードの技術は、“いつもやっていること”とは違うことが見えてきました。
 では、これを実際のケアに用いると、現場はどう違ってくるのか? 本号では、現場でユマニチュードを実践する“ケアする人”たちが実感として感じている「効果」と「違い」に迫ります。ユマニチュードが変えるのは、認知症ケアのあり方だけではありません! 認知症の人はもちろん、ケアする人にも変化が……。

■在宅・地域における活用可能性
高齢者と家族が必要とする在宅ケアとは
 認知症の家族介護とユマニチュードの可能性
本田 美和子
■介護施設における活用可能性
ユマニチュードがくれる「穏やかに過ごす時間」
 苦痛を伴う看護も心地よくスムーズに
石坂 美千代
■在宅移行(退院調整)における活用可能性
意思決定を支援する「信頼できる人」になるために
 人としての絆をつくるユマニチュードの〈5つのステップ〉
盛 真知子
■実践報告
ユマニチュードを取り入れて、患者さん、スタッフ、そして病棟まで変わった!
 日本で初めて“病院全体”で取り組んで
宗形 初枝
実際に現場活用してみて感じた ユマニチュードは「ここが違う!」
香山 壮太
ユマニチュードbefore/after―“違い”の実感が生む正のスパイラル
伊東 美緒
■視察見聞録
1.「その人」本来の姿を感じられるケア
林 紗美
2.ポジティブになれる生活環境
丸藤 由紀
3.立位補助器も利用して「寝たきり」にならないケア
木村 陽子
4.ケアする人もされる人もハッピーになる「自由さ」
膽畑 敦子
■読書見聞録
“何もできない往診医”から“ケアする私”へ
 ユマニチュードと「地域」に暮らす私たち
松村 真司
■ユマニチュー道Q&A 〈後編〉
Q5 本を読んでも、うまくできない! どうすれば、できるようになる?
Q6 ケアのプロではなく「家族」の場合は?
   ものとられ妄想などの「行動・心理症状」にはどう対応する?
Q7 ユマニチュードの「効果」は?
   もしかして「ケアする人のケア」にもなるの?
イヴ・ジネスト、本田 美和子、伊東 美緒


■特別記事
可能な限り、私の生活
 どこにいても「その人らしさ」を尊重するデンマークの認知症ケアシステム
モモヨ・ヤーンセン


●〈巻頭カラーグラフ〉 終える命 つなぐいのち・2
「こうちょうしつ」から「ほけんしつ」へ
國森 康弘
●在宅ケア もっとやさしく、もっと自由に!・68
衣・食・住の「衣」-生活を支える視点からのケア
秋山 正子
●介護することば 介護するからだ 細馬先生の観察日記・46
「心の理論」と身がまえ
細馬 宏通
●これって、急変? Part 2 「なんとなく変」への対処法・5
緊急を要する血圧・脈拍の異常を見極める!
寺岡 英美
●一器多用・48
「立つ」の当たり前を疑う
岡田 慎一郎
●「介護」「看病」は“泣き笑い” ウチの場合はこうなんです!・50
「介護生活を生き抜く」ために必要なこと!?の巻
岡崎 杏里
●ほっとらいん ふろむ ほんごう
メディカルタウンのヒューマンサポート
 30年後の医療の姿を考える会開催
神保 康子

商品写真
定価 1,404円
(本体1,300円+税8%)
(品切中)