医学書院

商品写真

≪標準言語聴覚障害学≫

地域言語聴覚療法学




シリーズ監修:藤田 郁代
編集:半田 理恵子/藤田 郁代
  • 判型 B5
  • 頁 232
  • 発行 2019年03月
  • 定価 4,400円 (本体4,000円+税10%)
  • ISBN978-4-260-03637-5
学生のための地域言語聴覚療法学の教科書がついに登場!
言語聴覚士養成校において地域言語聴覚療法学を学ぶ学生のための本邦初のテキストが「標準言語聴覚障害学」シリーズの1冊としてついに刊行! 昨今の言語聴覚士を取り巻く状況を踏まえ、学生にとって必要な地域言語聴覚療法学に関する知識・技術・態度を解説し、今後の方向性を示します。また本書は学生のみならず、地域言語聴覚療法に関する知見を深めたい臨床家にも座右の書となる1冊。
*「標準言語聴覚障害学」は株式会社医学書院の登録商標です。
目 次
第1章 社会的背景と意義
 1 地域リハビリテーションの社会的背景
 2 地域リハビリテーションの概念
  A わが国の地域リハビリテーション
  B CBR
 3 リハビリテーションの歴史
  A 第一次大戦後~1970年代までの動き
  B 1980年代以降の動き
 4 わが国における社会保障制度の変遷
  A 成人・高齢者を中心とした動き
  B 小児への取り組み
 5 地域リハビリテーションの意義

第2章 成人・高齢者の地域生活を支える
 1 地域言語聴覚療法
  A 地域言語聴覚療法とは
  B 言語聴覚士の役割
  C 地域言語聴覚療法の実際
  D 連携
  E 利用者の特徴
  F 地域言語聴覚療法を提供する制度
  G 地域言語聴覚療法の特徴
 2 地域言語聴覚療法を支えるシステムと制度
  A 地域包括ケアシステムと制度
  B 医療関連のシステムと制度
  C 介護関連のシステムと制度
  D 福祉関連のシステムと制度
  E インフォーマル支援
 3 地域における連携
  A 関連職種と言語聴覚士の役割
  B 連携の種類
  C 連携の原則
 4 地域言語聴覚療法の展開
  A 展開プロセス
  B 情報収集と評価
  C 支援計画および訓練・指導・援助
  D 職種間連携
  E リスク管理
 5 地域言語聴覚療法におけるサービス
  A 地域包括ケアにおける言語聴覚療法
  B 介護予防における言語聴覚療法
  C 外来における言語聴覚療法
  D 通所における言語聴覚療法
  E 入所における言語聴覚療法
  F 在宅における言語聴覚療法
 6 地域言語聴覚療法の実際
  A 失語症
  B 次脳機能障害
  C 摂食嚥下障害
  D 発声発語障害
  E 認知症
  F 聴覚障害
  G 神経難病
  H がん
  I 吃音

第3章 小児の地域生活を支える
 1 発達・教育の支援
  A 基本概念
  B サービスの形態とシステム
  C 連携
  D 展開
 2 支援の実際
  A 乳幼児健康診査における取り組み
  B 外来における取り組み
  C 通所における取り組み
  D 就学後の取り組み
  E 特別支援教育における取り組み
  F 肢体不自由および重症心身障害への取り組み

第4章 災害への対応
 1 災害リハビリテーション
  A 災害リハビリテーションの基本概念
  B 法的根拠と地域連携
  C 災害時における言語聴覚士の役割

第5章 コミュニケーション機器による支援
 1 コミュニケーション機器と種類
  A コミュニケーション機器とは
  B 種類
 2 コミュニケーション機器の導入
  A 適合の原則と方法
  B 機器導入の評価とチームアプローチ
  C 関連する制度

参考図書
索引

Topics一覧
 発達障害のある子どもの支援

Side Memo 一覧
 ・エンパワーメント
 ・高齢化率
 ・地域保健法
 ・特別支援教育教員の免許制度
 ・介護予防(障害発生の予防)
 ・生活機能
 ・フレイル(虚弱)
 ・SPDCAサイクル
 ・機能訓練指導員
 ・リハビリテーション会議
 ・国際生活機能分類に基づく生活機能障害のとらえ方
 ・生活場面でのコミュニケーション評価の一例
 ・若年性認知症
 ・認定補聴器技能者
 ・介護用補聴器
 ・手元スピーカー
 ・補聴器相談医
 ・レスパイトケア
 ・社交不安症
 ・マス・スクリーニングテスト
 ・ASD児の評価
 ・職員配置の基準の厳格化
 ・保護者のサポート
 ・自閉症と情緒障害
 ・実態把握
 ・肢体不自由
 ・重症心身障害
 ・二次障害
 ・経管栄養
 ・療育
 ・医療型児童発達支援センター
 ・JRAT
 ・DMAT
 ・震災関連死
 ・被災地域限定の特例
 ・要配慮者
関連書
  • 商品写真
    ≪標準言語聴覚障害学≫
    聴覚障害学
    (第2版)
    シリーズ監修:藤田 郁代 編集:中村 公枝/城間 将江/鈴木 恵子
    定価 5,720円 (本体5,200円+税10%)
    ISBN978-4-260-02117-3
  • 商品写真
    ≪標準言語聴覚障害学≫
    高次脳機能障害学
    (第2版)
    シリーズ監修:藤田 郁代 編集:藤田 郁代/阿部 晶子
    定価 5,280円 (本体4,800円+税10%)
    ISBN978-4-260-02096-1
  • 商品写真
    ≪標準言語聴覚障害学≫
    言語発達障害学
    (第2版)
    シリーズ監修:藤田 郁代 編集:玉井 ふみ/深浦 順一
    定価 5,500円 (本体5,000円+税10%)
    ISBN978-4-260-02079-4