医学書院

商品写真

≪シリーズ ケアをひらく≫

クレイジー・イン・ジャパン[DVD付]

べてるの家のエスノグラフィ


著:中村 かれん
監訳:石原 孝二/河野 哲也
  • 判型 A5
  • 頁 296
  • 発行 2014年09月
  • 定価 2,420円 (本体2,200円+税10%)
  • ISBN978-4-260-02058-9
日本の端の、世界の真ん中。
インドネシアで生まれ、オーストラリアで育ち、アメリカで映像人類学者となり、今はイェール大学で教える若き俊英が、べてるの家に辿り着いた——。7か月以上にも及ぶ住み込み。10年近くにわたって断続的に行われたフィールドワーク。彼女の目に映ったべてるの家は果たしてユートピアかディストピアか? べてるの「感動」と「変貌」を、かつてない文脈で発見した傑作エスノグラフィ。付録DVD「Bethel」は必見の名作!
*「ケアをひらく」は株式会社医学書院の登録商標です。

『シリーズ ケアをひらく』 が第73回毎日出版文化賞(企画部門)受賞!
第73回毎日出版文化賞(主催:毎日新聞社)が2019年11月3日に発表となり、『シリーズ ケアをひらく』が「企画部門」に選出されました。同賞は1947年に創設され、毎年優れた著作物や出版活動を顕彰するもので、「文学・芸術部門」「人文・社会部門」「自然科学部門」「企画部門」の4部門ごとに選出されます。
・ 同賞の詳細情報は こちら(毎日新聞社ウェブサイトへ)

●新聞で紹介されました!
《傷ついた存在、あるいは、否定的な自己、というものを、そのままのすがたで肯定するという、非常に困難な課題に挑戦するために、べてるは、その理念にもあらわれるような、さまざまな「人間学」を発達させてきた。本書はまさに、べてるの人間に関する理論を学んだ人類学者によって書かれた、人間に関する理論である。》
-岸政彦(龍谷大学社会学部)

(『図書新聞』第3191号 2015年1月17日 より)
紙面掲載した書評をご紹介 「図書新聞」の書評コーナー(オンライン書店 e-hon のページ)
目 次
 謝辞


第1章 到着
  潔の物語 記憶とカタルシス

第2章 べてるの設立
  里香の物語 日本で大人になるということ

第3章 医者と病院
  耕平の物語 UFO事件と集団妄想

第4章 べてる的セラピー
  譲の物語 三七年間の入院生活

第5章 出発
  玄一の物語 ピアサポート、そして意味のある人生

終章 べてるを超えて


 付録1 日本の精神医療
 付録2 べてるのルーツ
 原注
 監訳者あとがき
 索引
 文献
関連書
  • 商品写真
    ≪シリーズ ケアをひらく≫
    技法以前
    べてるの家のつくりかた
    著:向谷地 生良
    定価 2,200円 (本体2,000円+税10%)
    ISBN978-4-260-00954-6
  • 商品写真
    DVD+BOOK 退院支援、べてる式。
    監修:川村 敏明/向谷地 生良
    価格 4,180円 (本体3,800円+税10%)
    ISBN978-4-260-00756-6
  • 商品写真
    DVD+BOOK 認知行動療法、べてる式。
    著:伊藤 絵美/向谷地 生良
    価格 5,500円 (本体5,000円+税10%)
    ISBN978-4-260-00527-2