医学書院

商品写真

その先の看護を変える気づき

学びつづけるナースたち


編集:柳田 邦男/陣田 泰子/佐藤 紀子
  • 判型 B6
  • 頁 292
  • 発行 2011年07月
  • 定価 1,980円 (本体1,800円+税10%)
  • ISBN978-4-260-01203-4
あなたの看護は自分の、そして患者さんの宝物
第1部「気づきの力」を養うこと、第2部の体験を「概念化」すること、また第3部の「暗黙知」を「形式知」に変えることは、その先の看護を変えることにつながる。自分の看護実践はどんな意味があったのかを自覚することは、非常に重要であるということだ。本書で紹介されるそれぞれの物語は、自分の看護実践を客観的に見つめることで、核となったものに気づく過程が表現されており、それを編者が講評し、意味付けする。
目 次
序 書くことと内面の成長(柳田邦男)

第1部 看護学生の物語から(柳田邦男 編)
  血肉に染みこむ現場での気づき-看護学生の成長の物語
   看護師さんごっこでわかった“頑張る力”を引き出す看護(谷野真衣)
   共感的態度で(佐藤美幸)
   夏休みのちいさな出会いから(高尾智美)
   支えることは、支えられること(佐藤奈緒美)
   役割の変化に目を向けて(佐潟佳一)
   強い不安と身体的苦痛のある終末期患者の看護 そばにいることの意味(奥野紗織)
   学生エッセイへの論評

第2部 いのちの学びの物語から(陣田泰子 編)
 見えにくい“看護の力”を描く
  学び合い、育ち合う現場
   概念化レポート(1) 救命救急センターにおける患者とのかかわり(飯野好之)
   飯野さんの物語へのコメント
   レポート 先輩から看護を学び、伝えていくこと(河本千恵子)
   河本さんの物語へのコメント
  日常生活を支援する-セルフケア
   セルフケアの支援(1) 最期の願いを聴き届けること(黒田悦子)
   黒田さんの物語へのコメント
   セルフケアの支援(2) 健康維持と予防の時代の看護専門職としてのかかわり
    -外来患者のセルフケア能力向上に向けて(本舘教子)
   本舘さんの物語へのコメント
  小児外科病棟の出来事と二十年後の再会
   早く元気になーれ(陣田泰子)
   入院した病院の看護師を目指す(山崎 雅)
   概念化レポート(2) 今、私を支える二十三年前の体験
    -小児外科病棟での看護(竹内久恵)
   IVHはライフライン(吉田一彦)
   四つの小児の物語
    -今を生きていること、この不思議な力。そしてそれを紡いでいくこと
   物語を経て、今

第3部 師長のものがたりから(佐藤紀子 編)
 「師長のものがたり」に見えてくる看護師の姿
   ひとつめのものがたり プロジェクターに込められた願い(新井敏子)
   ひとつめのものがたりの看護としての意味
   ふたつめのものがたり 三浦さんが子どもの入学式に
    参加できたことの意味(小原雅子)
   ふたつめのものがたりの看護としての意味
   みっつめのものがたり 深夜二十三時の二十分間の出来事(香取秀則)
   みっつめのものがたりの看護としての意味
   よっつめのものがたり 阿部さんとのかかわりを通して
    成長した青野看護師(吉村美樹)
   よっつめのものがたりの看護としての意味
   いつつめ、むっつめのものがたり 師長の行うケアの意味(宮子あずさ)
   いつつめ、むっつめのものがたりの看護としての意味

第4部 座談会 「その先の“私”を変える気づき」(柳田邦男・陣田泰子・佐藤紀子)

関連書
  • 商品写真
    師長の臨床
    省察しつつ実践する看護師は師長をめざす
    著:佐藤 紀子
    定価 2,200円 (本体2,000円+税10%)
    ISBN978-4-260-02794-6
  • 商品写真
    「治る」ってどういうことですか?
    看護学生と臨床医が一緒に考える医療の難問 (品切中)
    著:國頭 英夫
    定価 2,200円 (本体2,000円+税10%)
    ISBN978-4-260-04321-2
  • 商品写真
    ≪シリーズ ケアをひらく≫
    食べることと出すこと (品切中)
    著:頭木 弘樹
    定価 2,200円 (本体2,000円+税10%)
    ISBN978-4-260-04288-8