医学書院

商品写真

≪標準理学療法学・作業療法学 専門基礎分野≫

神経内科学


(第5版)

シリーズ監修:奈良 勲/鎌倉 矩子
編集:川平 和美
  • 判型 B5
  • 頁 432
  • 発行 2019年02月
  • 定価 6,160円 (本体5,600円+税10%)
  • ISBN978-4-260-03817-1
国家試験の傾向も踏まえた、PT・OT学生のための神経内科学スタンダードテキスト
理学療法士・作業療法士養成校向けの教科書として版を重ねる好評書。専門基礎分野のカリキュラムに沿い神経内科学に関する知識を体系的に学ぶことができる。脳血管障害、認知症、ギランバレー症候群などの項目は診療ガイドラインに基づき内容を見直した。脳神経外科領域の内容を大幅に加筆。好評の付録「セルフアセスメント」も全面的に見直し、本文参照頁、詳細な解説はもちろん、高次脳機能障害、画像診断などの問題も追加した。
*「標準理学療法学・作業療法学」は株式会社医学書院の登録商標です。
目 次
序説 PT・OTと神経内科学のかかわり

I.序論
 第1章 障害とリハビリテーションプログラム
  A.リハビリテーションの概念
  B.障害とリハビリテーション
  C.医療的リハビリテーションと診療報酬
  D.地域リハビリテーション
  E.理学・作業療法との関連事項
 第2章 中枢神経系の解剖と機能
  A.神経系の構成
  B.神経の発達と加齢
  C.中枢神経の構造
  D.中枢神経を囲む構造と髄液
  E.中枢神経系の機能
  F.末梢神経
  G.神経の再生と可塑性
  H.歩行
  I.理学・作業療法との関連事項

II.神経学的診断法
 第3章 神経学的診断と評価
  A.神経学的診断の実際
  B.体幹・四肢の診療と検査
  C.障害の評価
  D.理学・作業療法との関連事項
 第4章 神経学的検査法
  A.画像診断
  B.神経生理学的検査
  C.自律神経機能検査
  D.腰椎穿刺と血液生化学検査,その他
  E.理学・作業療法との関連事項

III.神経症候学
 第5章 意識障害,脳死,植物状態
  A.意識障害とは
  B.脳死,植物状態
  C.理学・作業療法との関連事項
 第6章 頭痛,めまい,失神
  A.頭痛
  B.めまい
  C.失神
  D.理学・作業療法との関連事項
 第7章 運動麻痺,錐体路徴候,筋萎縮
  A.運動麻痺と錐体路徴候
  B.筋萎縮
  C.理学・作業療法との関連事項
 第8章 錐体外路徴候,不随意運動
  A.錐体外路徴候とは
  B.錐体外路の障害
  C.理学・作業療法との関連事項
 第9章 運動失調
  A.運動失調とは
  B.運動失調の評価法
  C.運動失調のリハビリテーション
  D.理学・作業療法との関連事項
 第10章 感覚障害
  A.感覚障害の分布と特徴
  B.理学・作業療法との関連事項
 第11章 高次脳機能障害:総論/失語症
  A.高次脳機能障害――総論
  B.言語機能障害の特徴
  C.言語中枢の発達と機能
  D.失語症の診断
  E.失語症の評価
  F.失語症のリハビリテーション
  G.理学・作業療法との関連事項
 第12章 高次脳機能障害:失認
  A.失認の概念と分類
  B.失認のリハビリテーション
  C.理学・作業療法との関連事項
 第13章 高次脳機能障害:失行
  A.失行の概念と分類
  B.高次運動障害
  C.理学・作業療法との関連事項
 第14章 高次脳機能障害:記憶障害
  A.記憶とは
  B.記憶障害
  C.記憶障害へのリハビリテーション
  D.理学・作業療法との関連事項
 第15章 高次脳機能障害:注意障害
  A.注意障害の概念と分類
  B.注意障害の検査法
  C.注意障害のリハビリテーション
  D.注意障害の対応法
  E.理学・作業療法との関連事項
 第16章 高次脳機能障害:遂行(実行)機能障害
  A.遂行機能障害の概念と分類
  B.遂行機能障害の検査法
  C.遂行機能障害のリハビリテーション
  D.理学・作業療法との関連事項
 第17章 構音障害
  A.構音のメカニズム
  B.構音障害の原因
  C.構音障害の診断と治療
  D.理学・作業療法との関連事項
 第18章 嚥下障害
  A.嚥下のメカニズム
  B.嚥下障害の診断と治療
  C.理学・作業療法との関連事項
 第19章 脳神経外科領域疾患の代表的症候
  A.頭蓋内圧亢進
  B.脳浮腫
  C.脳ヘルニア
  D.髄膜刺激症状
  E.理学・作業療法との関連事項

IV.神経疾患各論
 第20章 脳血管障害
  A.脳血管障害とは
  B.脳血管障害の症状と分類
  C.脳血管障害の診断と治療
  D.リハビリテーションの実際
  E.理学・作業療法との関連事項
 第21章 認知症
  A.認知症とは
  B.認知症の鑑別診断
  C.治療可能な認知症
  D.理学・作業療法との関連事項
 第22章 脳腫瘍
  A.脳腫瘍とは
  B.脳腫瘍各論
  C.理学・作業療法との関連事項
 第23章 外傷性脳損傷(軸索障害を含む)
  A.外傷性脳損傷の概要
  B.外傷性脳損傷の症状と治療
  C.理学・作業療法との関連事項
 第24章 脊髄疾患
  A.脊髄損傷
  B.脊髄損傷の随伴症状と合併症
  C.脊髄損傷の心理的問題,訓練,日常生活
  D.脊髄腫瘍
  E.理学・作業療法との関連事項
 第25章 変性疾患(錐体外路系を除く),脱髄疾患
  A.変性疾患
  B.脱髄疾患
  C.理学・作業療法との関連事項
 第26章 錐体外路の変性疾患
  A.錐体外路の変性疾患の定義
  B.錐体外路疾患各論
  C.理学・作業療法との関連事項
 第27章 末梢神経障害
  A.末梢神経障害の分類
  B.末梢神経損傷
  C.末梢性ニューロパチー
  D.理学・作業療法との関連事項
 第28章 てんかん
  A.てんかんとは
  B.てんかんの診断と治療
  C.理学・作業療法との関連事項
 第29章 筋疾患
  A.ミオパチーとは
  B.進行性筋ジストロフィー
  C.ミトコンドリア病
  D.先天性ミオパチー
  E.多発性筋炎(皮膚筋炎)
  F.周期性四肢麻痺
  G.内分泌代謝性筋疾患
  H.筋無力症
  I.理学・作業療法との関連事項
 第30章 感染性疾患
  A.神経系の感染
  B.感染性疾患各論
  C.理学・作業療法との関連事項
 第31章 中毒性疾患,栄養欠乏による神経疾患
  A.中毒性疾患
  B.栄養欠乏による神経疾患
  C.理学・作業療法との関連事項
 第32章 小児神経疾患
  A.小児の診方
  B.脳性麻痺
  C.二分脊椎
  D.Down症候群
  E.先天性代謝異常
  F.理学・作業療法との関連事項

V.神経疾患に多い合併症
 第33章 廃用症候群と誤用症候群,合併症
  A.リハビリテーションにおける合併症
  B.廃用症候群と誤用症候群
  C.合併症(廃用症候群と誤用症候群以外)
  D.理学・作業療法との関連事項
 第34章 排尿障害
  A.排尿障害の概要
  B.排尿のメカニズム
  C.神経因性膀胱
  D.理学・作業療法との関連事項
 第35章 性機能障害
  A.性機能の概要
  B.性機能障害の症状と治療
  C.理学・作業療法との関連事項

VI.付録
 資料1 評価法の一覧
 資料2 セルフアセスメント

索引
関連書
  • 商品写真
    QOLを高める
    認知症リハビリテーションハンドブック
    編集:今村 徹/能登 真一
    定価 4,180円 (本体3,800円+税10%)
    ISBN978-4-260-04162-1
  • 商品写真
    生活期のリハビリテーション医学・医療テキスト
    監修:一般社団法人 日本リハビリテーション医学教育推進機構/一般社団法人  日本生活期リハビリテーション医学会/公益社団法人 日本リハビリテーション医学会 総編集:久保 俊一/水間 正澄 編集:三上 靖夫/角田 亘
    定価 3,520円 (本体3,200円+税10%)
    ISBN978-4-260-04146-1
  • 商品写真
    ≪標準理学療法学・作業療法学 専門基礎分野≫
    解剖学
    (第5版)
    シリーズ監修:奈良 勲/鎌倉 矩子 編集:野村 嶬
    定価 6,600円 (本体6,000円+税10%)
    ISBN978-4-260-03922-2