医学書院

検索
HOME書籍・電子メディア > 書籍詳細

≪シリーズ まとめてみた≫

皮膚科


著:天沢 ヒロ

  • 判型 A5
  • 頁 200
  • 発行 2015年04月
  • 定価 3,024円 (本体2,800円+税8%)
  • ISBN978-4-260-02136-4
最短で国試のマイナー科目を攻略したい人へ
医学生待望! 究極の国試対策本シリーズの1冊。疾患ごとに「国試の傾向と対策」を紹介。症例写真をむやみに暗記するのではなく、問題文のキーワードから疾患を連想するテクニックが満載。暗記に使えるチェック問題と答えが消せる赤シート付き。厳選した国試の過去問80題とオリジナルの問題を掲載し、最短で正解にたどりつくオリジナルの解法を加えた。
序 文
まえがき

 学生時代に常々感じていたのは「もっと読みやすい参考書があればな~」ということでした.今の医学生の国家試験の勉強方法としては,ビデオ講座+教科書+問題集というのが主流ですよね.しかし,受験のように独学でも勉強したい! と思ったときに,一気にハードルが上がってしまうことに...
まえがき

 学生時代に常々感じていたのは「もっと読みやすい参考書があればな~」ということでした.今の医学生の国家試験の勉強方法としては,ビデオ講座+教科書+問題集というのが主流ですよね.しかし,受験のように独学でも勉強したい! と思ったときに,一気にハードルが上がってしまうことに気がつきました.専門書はある程度全体を理解してから読むと面白いのですが,初学の場合または国試だけを考えるとオーバーワークになりがちです.
 そんなときに「専門書ほど詳しくないけれど,医学生が知っておきたいこと(国試や臨床研修で使えること)だけをまとめたら面白いのでは?」と考えたのが本書のはじまりです.
 臨床ではAの場合もある,Bの場合もある,Cの場合もあるという例外的なことに驚くばかりですが,基本を知らなければなにが例外なのかも分かりません.著者個人の意見ですが,医学生はまず基本を完璧にすることが重要だと考えています.これは受験のときも同様でしたが,基本を疎かにして応用問題(臨床)を解くことは不可能だと考えるためです.基礎をしっかり固めることでどんな問題にも応用をきかせる能力を身につける,ということに重点を置いて本書を作成しました.
 ただし,(どんな本でもそうですが),1冊だけですべてを網羅することは不可能です.「もっと詳しい内容を知りたい!」という方は,「標準シリーズ」(医学書院刊)などを参照するとよいでしょう.詳しすぎる内容は本書のコンセプトから外れてしまうため,あえて割愛しているところもあります(ただし,国試の範囲を網羅するには十分な内容になっています).
 マイナー科目は国試全体の20~30%程度を占めますが,年々難しくなってきている内科に比べて差がつきやすく,合否に大きく直結する重要な科目になります.4問に1問はマイナーから出題されると考えたときに,それらに対して自信をもって解けるというのは大きな差ですよね.「マイナーか…勉強不足だ~」と思うよりも「マイナーきた! 差をつけられる」と思えることで,どれほど本番を楽にできるでしょうか.
 また,実際の国試の問題とその解法についても本書で学習できるようにしました.問題に対する思考プロセスをなぞることによって,自ずと解けるようになっていることにびっくりするでしょう.最初は難しく感じるかと思いますが,慣れてくれば非常に応用のきく解き方になっています.有機的に知識がつながる感覚を,ぜひ皆さんも体験してみてください.何度も解き直すことにより,その威力を実感できると思います.
 また,章の分け方も著者オリジナルに設定しました.章ごとに記憶しておくことにより,頭の中で整理することがやさしくなるように工夫しました.皆さんの理解に少しでも貢献できればと願っております.

 2015年3月
 天沢ヒロ
目 次
0 皮膚科のキモ
   画像の丸暗記は必要ない!
1 言葉の定義
   皮膚科特有の言語をおさえる
2 紅斑
   画像ではなく病歴で絞り込め!
3 水疱
   口腔内病変の有無と年齢で解け!
4 細菌・ウイルスによる皮膚感染症
   内科で学んだ感染症
5 真菌・原虫による皮膚感染症
   皮膚科特有の感染症
6 合併症としての皮膚病変
   皮膚をみれば基礎疾患が分かる!
7 角化異常
   美容上も問題となるもの2つ
8 色素異常
   白くなる疾患3つ
9 光線過敏症
   差をつけたい人はおさえたいところ
10 経過観察
   放っておいて消えるかどうかが大切
11 悪性腫瘍
   見逃し厳禁! 見える腫瘍は見逃せない
12 神経疾患による皮膚病変
   皆が嫌がるところは差がつく
13 褥瘡
   誤解しやすい褥瘡の治療と予防!
14 その他
   余裕があれば学びたいところ
15 徴候・検査・治療まとめ
16 キーワード
17 疾患別まとめ

索引

解いてみた
 湿疹
 紅斑
 水疱
 細菌・ウイルスによる皮膚感染症
 真菌・原虫による皮膚感染症
 合併症としての皮膚病変
 角化異常
 光線過敏症
 経過観察
 悪性腫瘍
 神経疾患による皮膚病変
 褥瘡
 その他
 総合問題

コラム
 湿疹三角の意味
 落葉状天疱瘡
 悪性腫瘍をどこまで考えるべきか
 マラセチア属のもう1つの顔
 なぜ夏に軽快するのか
 有棘細胞癌を発見!?
 褥瘡に消毒薬は必要か