医学書院

検索
HOME書籍・電子メディア > 書籍詳細


外科基本手技とエビデンスからときほぐす

レジデントのためのヘルニア手術


著:三毛 牧夫

  • 判型 A4
  • 頁 172
  • 発行 2020年10月
  • 定価 6,380円 (本体5,800円+税10%)
  • ISBN978-4-260-04316-8
鼠径ヘルニア手術を通して、外科のキホン中のキホンをまなぼう
手洗い・術野の消毒に始まり、立ち位置、メスや鉗子などの手術器具の扱い方、糸の選択や結紮法、正しい膜構造の理解、そしてヘルニアの詳細な手術手技……。鼠径ヘルニアに対する代表的手術であるLichtenstein法を通して、外科の基本中の基本の知識や手技を、多数の大判イラストと読みやすい文章で解説。すらすら読めてきっちり身につく、わかりやすくて面白い外科基本手技の指南書かつ精緻なヘルニアの手術書です!
序 文
(三毛牧夫)/はじめに




 本書は,鼠径ヘルニアに対する前方からの手術手技(前方アプローチ)の1つであるLichtenstein手術を借りて,手術手技における基本事項を伝えるためのものである。
 私は,2014年にヘルニアの総論的著書と...
(三毛牧夫)/はじめに




 本書は,鼠径ヘルニアに対する前方からの手術手技(前方アプローチ)の1つであるLichtenstein手術を借りて,手術手技における基本事項を伝えるためのものである。
 私は,2014年にヘルニアの総論的著書として『正しい膜構造の理解からとらえなおす ヘルニア手術のエッセンス』(医学書院)を上梓した。そこで,鼠径ヘルニアの概念とその手術方法の概略を十分に記載できた。しかし,臨床の場で伝えなくてはならない多くのことがまだ残されていると感じた。そこで,超実践的な著書とは何かと考えたときに,手術における一挙手一投足を理論的に説明し尽くすことと考えた。すぐ読め,すぐ取り入れられはするが,すぐにできるとは限らない手技も含まれる。外科医の手技の基礎の基礎である。
 そして,本書で鼠径ヘルニアについてあらためて取り組む過程で,まだまだ鼠径部解剖の全容が解明されていないことを感じ,その解決の糸口を1995年のCondonの著書に求めた。これによって,鼠径部解剖はほとんどすべてが,筋膜構成により理解できることになった。愉しんでいただきたい。
 さらに,女性の鼠径ヘルニアに関する論文,書籍がほとんどないこと,ましてや手術手技についての記載がほとんどないことをあらためて感じた。そこで,本書に,女性の鼠径ヘルニアの前方アプローチを盛り込んだ。参考文献のない世界であったが,McVay の解剖学書がその道案内となってくれた。
 こんなことを考えながら本書を出版したいとの意向を医学書院 医学書籍編集部の飯村祐二さんに伝えたところ,出版できる運びとなった。ひとえに飯村さんのおかげである。
 いつも私のつたない鉛筆画をわかりやすいイラストに変えてくれる青木出版工房の青木 勉さんには頭が上がらない。もともと兄 巧の親友であったが,今ではその兄も天国である。だから,青木さんには兄の分も健康で長生きしていただきたい。
 最後に,仕事をしながら私を応援してくれている妻 千津子にも感謝の言葉を贈る。

 2020年9月 初秋の阿武隈山地の峯を望みながら
 総合南東北病院 総合医療センター
 三毛牧夫


はじめに

 本書は,鼠径ヘルニア手術を借りて,手術手技における基本事項を伝えるための著書である。
 外科研修1年目,2年目と,目まぐるしい日々に研修中の外科専攻医は,やっとヘルニアの手術をできる自分を感じているかもしれない。「(手術が)できる」ことで自信につながり,「できる」ということだけで喜びを感じる。私自身もそうであった。「できる」ことの背後にあるものを知ろうとしだしたのは,いつからであろう。すでに「できる」のであっても,教育者として専攻医に対して説明ができるであろうか。説明は,「わかる」から始めないとできない。自らが立つ「できる」だけの位置から前進しないかぎり教育・指導はできない。さらに,手術手技の一挙手一投足の基本は恣意的であってはいけないと考えるようになった。そして,現実に即して,実践的でなければならないと考えた。
 外科医になりたいと考えた者であれば,手術がうまくなりたいと考えるのは当然である。そして,指導者の指導の下で手術を完遂できたときの喜びは格別である。しかし,その手術を本当に自分ひとりで完遂したのか,指導医にほとんど奪われながら遂行したのかでは全く意味が違う。自分ひとりの力でできない手術の術者となってはいけない。「きず」として終生残る。また,そうしたことを指導者も支持してはいけない。このためには,指導者が言葉でもって適切な指導を行わなければならない。術者としての専攻医は指導者の言葉に反応できなければならないし,それがCooper剪刀の先に伝わらなければならない。術者と助手の役割は,言葉,すなわち発生学,解剖学,生理学の知識なくしては成り立たない。
 専攻医の先生たちが楽しく鼠径ヘルニアを学ぶことができ,手術器機をうまく操作できるようになることを祈念する。
 それでは,基本中の基本の授業を始めましょう。
目 次
はじめに

男性鼠径ヘルニア手術
 1 術野をつくる
 2 皮膚切開を行う
 3 外腹斜筋腱膜に到達する
 4 外腹斜筋腱膜を切開する
 5 精索をテーピングする
 6 鼠径床を点検する
 7 精索に対する手技
 8 ヘルニア囊を処理する
 9 滑脱ヘルニアの対処方法
 10 嵌頓ヘルニアの対処方法
 11 メッシュを敷く範囲を剝離する
 12 メッシュによる鼠径床補強
 13 閉創
 14 大腿ヘルニアの修復術
 15 術直後
 16 術後外来

附:女性鼠径ヘルニア手術
 1 女性鼠径ヘルニアの現状
 2 女性鼠径ヘルニアの解剖
 3 女性鼠径ヘルニアの手術

おわりに
人物解説
参考文献
索引