医学書院

検索
HOME週刊医学界新聞 > 第3156号 2016年01月04日



第3156号 2016年1月4日


【新春特集】

人口減少社会に挑む地域医療

宮田 裕章(慶應義塾大学医学部医療政策・管理学教室 教授/東京大学大学院医学系研究科医療品質評価学講座 教授)=監修


今後日本は,総人口に占める高齢者の割合を高めながら人口は減少していくと予測されている。都道府県ごとに見ると,2010年時点では大都市を中心に人口が増加傾向の地域もあったが,2035年には全都道府県が人口減少のステージに入る。人口減少社会の本格的な到来によって,日本の医療は新たな課題に直面する。地域で未来のビジョンを共有し,社会システムを再構築することが,これからの医療の課題を解決していくには不可欠である。本特集では,地域連携を糸口として,人口減少社会を乗り越える戦略を考える。

【関連記事】
[グラフ解説]「地域とともに歩む医療」の実現に向けて(宮田裕章,迫井正深)
[座談会]「ビジョンの共有」が地域を結ぶ(浅原利正,迫井正深,宮田裕章,門田守人)
[インタビュー]健康と安心を守る地域医療構想(松田晋哉)
[寄稿]地域医療連携実現に向けた提言(横倉義武,尾身茂)

(クリックで拡大)