医学書院

検索
HOME週刊医学界新聞 > 第3054号 2013年12月02日

第3054号 2013年12月2日


【寄稿】

臨床研修における外国人講師の招聘
研修医も指導医も,より多くの学びを得るためのノウハウとは

塩尻 俊明(国保旭中央病院院長補佐兼総合診療内科部長/教育研修部長・臨床教育センター長)


 国保旭中央病院では,2002年より初期臨床研修プログラムの一環として外国人講師の招聘を行っています。これは,当院に筆者が赴任した当時の教育研修部長・吉田象二先生(現在は事業管理者)による「初期臨床研修必修化に備え,当院の研修医に少しでも北米臨床医学の実力を経験させたい」という提案がきっかけでした。筆者自身も,学生時代に伺った舞鶴市民病院で出会ったG. C. Willis先生の高い臨床能力に衝撃を受けた経験から,当時同院にいらした松村理司先生(現・洛和会音羽病院総長)にアドバイスをいただきつつ,講師の招聘を開始しました。本稿では,これまでの経験を基に,外国人講師を招聘する意義とノウハウについてお伝えします。

主にホスピタリストと感染症専門医を招聘

 当院での外国人講師招聘の目的の一つは,研修医が日ごろ診ている症例に対し米国ではどのようにアプローチするのかを体感し,米国の標準的診療を知って国際的視野を持った医師に育ってほしいということです。二つ目の目的は,外国人講師の指導法に触れることで,指導医のティーチングスキルを向上させることです。

 2012年度以降の招聘講師をにまとめました。最近は,Johns Hopkins University(JHU)とUniversity of California, Los Angeles(UCLA)からの招聘が多く,講師の専門領域は,感染症専門医とホスピタリストが主です。

 2012年以降招聘した外国人講師

 感染症専門医が講師ならば,どの科をローテートしている研修医でも感染症症例をプレゼンテーションできますし,ホスピタリストも守備範囲が広いオールラウンダーですから,各専門科にまたがるような症例にも対応できます。初期研修医の教育において,日本の各専門医の教育的力量は,北米と比較しても十二分だと思います。したがって,初期研修医が北米臨床医学の実力をまさに体感できるのは,日本ではサブスペシャリティとしてまだまだ発展途上にある感染症専門医とホスピタリストが示してくれるgeneralityではないかと考えています。

米国式attending roundから研修医も指導医も学ぶ

 外国人講師には,米国のレジデントが受けているようなattending round(指導医回診)をなるべく再現してもらうようお願いしています。研修医による症例のプレゼンテーション,外国人講師とのディスカッションに加え,患者の承諾を得た上で,可能な限りベッドサイドでの診察も行います(写真)。

写真 肺気腫の患者の呼吸音の聴診を指導するDr. Jason Napolitano(UCLA・ホスピタリスト)

 決して英語が得意な研修医ばかりではありませんが,果敢に挑戦してもらっています。どうしても英語が苦手な場合は,指導医もしくは英語が堪能な研修医がスムーズにattending roundを進められるようサポートします。昼食をはさんで午前と午後にそれぞれ,2-4例の入院症例のプレゼンテーションを行います。しばしば1例1時間以上かけ,じっくりと検討します。

 また,指導医もこのカンファレンスに参加することで,ティーチングスキルの向上をはかります。

 講師は,カンファレンスでは研修医に医学的知識を上から目線で授けるのではなく,研修医の発言を尊重します。たとえ多少間違っていても否定することは絶対になく,研修医自身が考えて結論にたどりつけるよう,なごやかな雰囲気で文献をしっかり引用しながら進められていきます。「勉強になるけれど緊張する」ではなく「楽しく勉強になるカンファレンス」は,研修医の向上心を明らかに高めています。こうした教え方は外国人講師間で共通しており,ほとんど差がない点は驚きでした。

 昨年招聘した講師の中で,特に印象的であったのはDr. Adrian R. Scottでした。専門は内分泌・代謝ですが,ベッドサイドでの理学所見を1時間程度かけて丁寧に,患者にも気遣いながら取ってくれました。私自身,理学所見の取り方を研修医と一緒にじっくり勉強させてもらうことができました。

 また滞在期間中には一度,研修医とランチを共にしながらのNoon conferenceもお願いしています。ここ最近の外国人講師のレクチャーのテーマは「Abdominal Imaging Cases for the General Internist(総合診療医のための腹部画像症例)」,「Challenge in TB Diagnosis and Management(結核診断と管理への挑戦)」,「"Doc I just fainted": How often is syncope life-threatening?(「先生,気を失ってしまったよ」失神に生命を脅かす病気が潜んでいる?)」などでした。

講師招聘のノウハウとは

 プログラム開始に当たって,講師の招聘に関する手続きやスケジュール調整,来日中の講師対応を担う研修担当事務として採用したのが,海外でのビジネス経験があり,英語が堪能な高木貴代氏です。最初は数人の個人的な知人のつてで候補者を選んでいましたが,その後は来院した講師に適任者を推薦していただく,いわゆる数珠つなぎ方式で人脈を広げています。

 最近ではなるべく,所属施設でTeaching Award(優れた臨床医学の教育者としての表彰)を受けている方を招聘しています。さらに高木氏がロサンゼルスとボルチモアに年数回直接出向き,現地で候補者にインタビューして当院でのニーズや業務内容を説明し,十分に理解を得られた後,来日していただくようにしています。Teaching Award受賞歴などを重視し,直接インタビューをすることで,最近は教育者としても優れた外国人講師を安定して招聘できるようになりました。

 また,研修医から高い評価を得た外国人講師には,当院から再度オファーを出すようにしています。日本という異国で臨床教育にかかわれるという経験と,高木氏による日常のケア,当院滞在後の観光・宿泊の手配の補助,日々の食事の世話などきめ細やかなホスピタリティを感じられることから,講師からの再訪の希望も少なくありません。

 現在のところ,おおよそ月1人を招聘し,5日から7日,当院に滞在していただくかたちをとっています。短期間ではありますが,「一人の外国人講師が長く滞在するより,毎月違う講師に教えてもらったほうが勉強になる(いいとこどりができる)」という意見もあり,研修医も集中して学べ,講師の方々も休みを利用して容易に来日が可能な期間だと考えています。

 謝礼については,月曜から金曜日までの5 working daysで2000ドル,月曜から翌週の火曜日まで(週末は休み)の7 working daysで3000ドルに設定しています。謝礼以外の主な経費としては,往復のエコノミークラスの航空券代と滞在中数回催す研修医との懇親会費を負担します。当院では敷地内の医師マンションの一室を外国人講師専用に用意しているため,ホテルなどの宿泊費は幸い負担なく済んでいます。

 外国人講師招聘の効果として,研修医からは,「英語でのプレゼンテーションは大変だったが,自分の普段やっていることが正しいかを検証できる」「症例へのアプローチ等がどう異なるかを知り,医学知識をアップデートできる」「新しい風を取り入れ,いつもと違った視点から考える機会が得られる」「皆教え上手で,本当の教育者」といった声を多数聞くことができました。さらに私たち指導医もティーチングスキルを学び,医学的知識をブラッシュアップでき,自身の研修医教育に活かせていることが最大の収穫になっています。

 都心から離れた地域の病院で,北米臨床医学に定期的に,かつ間近で触れられることは,初期研修医にとっても指導医にとっても刺激的です。今後は,初期研修医の主戦場の一つである救急医療の専門家を招聘し,米国と当院の救急医療を比較することで,初期研修の質を高めていきたいと考えています。


塩尻俊明氏
1989年奈良県立医大卒。97年に国保旭中央病院に入職。99年より内科医長,2007年より総合診療内科医長,教育研修部長,10年より現職。「Very High Readiness(高・高度待機状態)で研修医のコンサルトを受け入れています」。研修等の問い合わせはHP,またはikyoku@hospital.asahi.chiba.jp(メールを送る際,@は小文字にしてご記入ください)まで。