医学書院

検索
HOME週刊医学界新聞 > 第3009号 2013年01月07日

第3009号 2013年1月7日


【新春特集】

2025年の医療と介護
Aging in Place 地域包括ケアの未来へ

辻 哲夫(東京大学高齢社会総合研究機構特任教授)=監修


 かつて人類が経験したことのない少子高齢・多死社会を日本はどう乗り切るのか。「団塊の世代」が75歳以上となる2025年を目前に控え,私たちは今,大きな岐路を迎えている。

 本特集では,2025年に向けての課題を概観し,超高齢社会における医療・介護の在り方を展望する。住み慣れた地域で豊かに老いる社会(Aging in Place)が花開くために,地域包括ケアの種が全国各地にまかれる一年となることを祈願して。

【関連記事】
[グラフ解説]超高齢社会対応の「助走地点」としての2013年(吉江悟,飯島勝矢)
[新春座談会]地域包括ケアの未来地図を描く(辻哲夫,秋山正子,新田國夫,松田晋哉)
[インタビュー]「生活のための」医療へ(大島伸一)