医学書院

検索
HOME週刊医学界新聞 > 第2949号 2011年10月17日

第2949号 2011年10月17日


〔連載〕続 アメリカ医療の光と影  第208回

共和党大統領候補たちの医療政策(1)

李 啓充 医師/作家(在ボストン)


2947号よりつづく

 経済停滞が長引き,失業率も高止まりした状況が続く米国では,民主党オバマ政権に対する失望が広がるとともに,国民の意識は大きく右傾化している。

 2008年の金融危機に端を発した「大不況」は,保守・リベラルを問わず,誰が政権の座に就いていたとしても舵取りが容易でない難局であったのとは裏腹に,「米国が不況から抜け出せずにいるのはオバマの失政のせいだ」と信じる米国民は多いのである。

保守派国民に不人気な政策の「三点セット」

 政権全般に対する不満が広がる中,この間,保守派の国民に最も嫌われてきた政策の「三点セット」があるのだが,その第一が金融機関救済のための「公費投入(ベイルアウト)」。「政府は,個々の労働者が失業したり,中小企業が潰れたりしても知らんぷりのくせに,大銀行や自動車メーカーだったら助けるのか」と怒った米国民は多く,不公平感がまん延するとともに政治一般に対する不信感が増大したのである(実際には,金融機関のベイルアウトを実施したのはブッシュ政権だったのだが,いま,「オバマ政権がしたこと」と記憶違いしている米国民は多い)。

 不人気三点セットの第二は,「経済刺激策(スティミュラス)」。保守派からは「財政赤字を拡大させる」,リベラル派からは「規模が小さくて効果が望めない。もっと出せ」と,右からも左からも批判されながら実施した施策だったが,結果は,効果が不十分なまま財政赤字だけが拡大。オバマ政権にとっては最悪の結果となった(註1)。

 保守派国民に不人気な政策の第三が医療制度改革。オバマ政権は,「逆選択」(註2)を防ぐために国民の医療保険加入を義務化したり,保険加入を促進するために各州に「保険交換所(エクスチェンジ)」(註3)を設置したり,もともとは保守派が提唱してきた政策を大幅に採用したのだが,経済「失政」に対する保守派国民の不満が広がり,「オバマのすることは何でも悪いに決まっている」という風潮の下,医療制度改革に対する嫌悪感も広まった。もともと保守派が提唱してきた政策がメインとなっていたのにもかかわらず,「オバマケア」なる「蔑称」で呼ばれるほど嫌われることになってしまったのである。

「オバマケア廃止」で共和党大統領候補の意見は一致

 2012年の大統領選挙(および党の候補を決める予備選)をにらみ,9月5日時点で,共和党は8人の候補が名乗りを上げているが,「オバマケア廃止(医療制度改革法取り消し)」ということでは全候補が一致している。予備選の段階において,医療制度改革が争点になる気配はないのである。

 強いて争点になるとすれば,有力候補の一人,元マサチューセッツ州知事のミット・ロムニーが,州知事時代に実施した医療制度改革の「前科」である。というのも,ロムニーが実施した改革は,保険加入義務化と保険交換所設置が中心であり,「オバマケア」のひな形となったからである(註4)。他の候補たちがマサチューセッツ州の医療制度改革を,こぞって「ロムニーケア」と呼び,共和党支持者に「オバマケア」との類似性を強調する戦術を採っている一方で,ロムニーは,「マサチューセッツでは正しい政策だったが,連邦レベルで見たときは正しい政策ではない」と苦しい弁明をすることで,「オバマケア廃止」の主張が「変節」でないと言い張っている。

 というわけで,予備選で誰が大統領候補になったとしても,共和党候補が当選してホワイトハウスの主となった場合,オバマの医療制度改革がご破算になる可能性は高いのである。さらに,共和党は,保守派の州が主たる原告となる形で「オバマケアは憲法違反」とする法廷闘争を全米各所で展開してきた。ここまで連邦地裁・控訴審レベルでの判決は合憲と違憲がほぼ同数ずつと,法廷の判断は真っ二つに割れ,最終的決着は最高裁に持ち越される見込みとなっている。オバマの医療制度改革は,政治と司法の両面で,危機に立たされているのである。

この項つづく

註1:9月初め,オバマは「巨額公費を投入しての雇用対策」を提案する議会演説を行ったが,前回の経済刺激策に対するイメージの悪さに配慮して,「スティミュラス」という単語は一切使わなかった。
註2:健康な間は保険に加入せず,病気になって初めて加入する等の行為。「逆選択」を防止するために,有病者の加入を拒否する保険会社が多かったのだが,オバマの医療制度改革法で有病者の加入拒否は禁止されることになった。
註3:これまで,個人や中小企業は,保険会社と価格交渉する力がなかったため,大企業と比べ割高な保険料を払わされてきた。「交換所」は,小口の顧客に代わって州が保険会社と保険料・給付内容等を交渉した上で,一定基準を満たした保険を州民に提供する仕組み。
註4:オバマ自らが,マサチューセッツ州の改革をまねたことを認め,ロムニー改革の成果をたたえている。

連載一覧