医学書院

検索
HOME週刊医学界新聞 > 第2939号 2011年08月01日

第2939号 2011年8月1日


〔連載〕続 アメリカ医療の光と影  第203回

アウトブレイク(17)

李 啓充 医師/作家(在ボストン)


2937号よりつづく

前回までのあらすじ:1998年,『ランセット』誌に「MMRワクチンが自閉症の原因」と示唆する論文が発表されたことがきっかけとなって,英国における同ワクチンの接種率は大幅に低下した。


医学界からの「追放」,自閉症児の親たちの「英雄視」

 『ランセット』誌の論文がねつ造されたものであったことは前回も述べたとおりだが,まだねつ造であるとはわからなかった時期,世界の医学界は,すぐさま,「MMRワクチンが自閉症の原因」とするウェイクフィールドの仮説を検証する作業に取りかかった。接種率が大幅に低下するなど,安全性に対する信頼が大きく揺らぐ事態を看過し得なかったからであるが,大規模疫学研究においても,メタアナリシスにおいても,MMRワクチンを自閉症と結び付ける証拠は見いだされず,ウェイクフィールドの仮説は繰り返し否定されることとなった。

 一方,ウェイクフィールド本人も,上司のロイヤル・フリー・ホスピタル院長から研究結果の再現を命じられたものの再現することに失敗,2001年,彼は同病院を辞職した。その直後,英国を去ったウェイクフィールドは,米国に渡って自閉症研究を続けることとなった。

 その後,2004年に,サンデー・タイムズ紙の記者,ブライアン・ディーアが,ウェイクフィールドの『ランセット』論文にまつわる「利益相反行為」および「ねつ造」に対する追及を開始するのだが,やがて彼の粘り強い取材が英国医事委員会(General Medical Council)を動かし,論文作成にかかわった医師たちの「適性」審査が行われることとなった。2010年1月,同委員会は,ウェイクフィールドおよび直属の上司であったジョン・ウォーカー・スミス教授の倫理違反行為を認定,5月には,2人に対し,「医師免許取り消し」という,厳しい処分を下した。

 かくして,ウェイクフィールドは,科学的にその仮説がほぼ完璧に葬り去られただけでなく,医師としての適性さえも否定され,医学界からも医療界からも「追放」されることとなったのだが,皮肉なことに,自閉症児の親の間では,逆に,これまで以上の支持を集めるようになった。「自閉症児のために,職や国を失ってまで医学界と闘う偉い医師」と,「英雄視」さえされるようになり,講演会などで,「私の身に何が起こったかなどどうでもいいのです。大切なのは,自閉症の子どもたちに何が起こっているかなのです」と発言するたびに,感動した親たちが目を潤ませる光景が繰り返されるようになったのである。

「科学的証拠」よりも「ねつ造」を信ずる背景

 ウェイクフィールドは,ただ「データねつ造」という科学者として絶対に犯してはならない罪を犯しただけでなく,ねつ造に当たって弁護士から報酬を得たり,子どもに大腸鏡など不必要な侵襲的検査を実施したりと,多くの倫理違反行為を重ねた。その「悪行」の数々は,質・量ともに他を圧するものがあるのだが,なぜ,彼のような「札付き」の医師(研究者)が熱烈な支持を集めるのかというと,私には,その最大の理由は,自閉症児の親たちが医療界から冷たい仕打ちを受けてきた歴史そのものにあるのではないかと思えてならない。

 例えば,自閉症という疾患の存在が明らかになった当初,「権威」とされた医師たちは,「学歴・インテリジェンスが高い母親の子どもに自閉症児が多い」という傾向があることを根拠として,「母親が子どもに対して冷たいことが原因」とする仮説を立て,「Refrigerator mom(冷蔵庫母)」なる新語まで作って,「子どもを自閉症にした母親の責任」を責め立てた。ただでさえ障害児を抱えて苦しむ親たちが,医師・医療界の冷たい「仕打ち」に,根深い不信を抱くようになったとしても不思議はない歴史があったのである。

 さらに,非常に皮肉なことに,消化管の病態と自閉症を結びつけたウェイクフィールドの論文が全くの「ねつ造」であったのとは裏腹に,最近は,自閉症児における消化管病変の合併に新たな関心が寄せられるようになっている。自閉症児の一部に重い便秘や下痢などを合併する患者群が存在することが認識されるようになっているのだが,これまで,親たちが子どもの消化管症状を訴えても医師たちは「自閉症は消化管と関係ない」と聞く耳を持とうとしなかっただけに,「消化管の訴えを真剣に聞いてくれる」ウェイクフィールドに,親の信頼が集まるようになったのである。

 換言すると,科学的にはほぼ完璧に否定された「MMRワクチン原因説」を,いまだに信じる親たちが多い最大の理由は,「医療そのものに対する不信の大きさにある」と言ってよいだろう。不信が根底にあるからこそ,どれだけ意を尽くして「科学的証拠」を説明しても,その説明を受け入れていただくことができないようなのである。

社会の「予防接種不信」

 以上,自閉症児の親たちが「科学的証拠」よりもウェイクフィールドの「ねつ造」を信ずる背景について論じたが,実は,自閉症に限らず,予防接種一般に対する不信も,医療そのものに対する根深い不信がその背景にあるようである。個々の予防接種について,リスクとベネフィットに関する正確な科学的情報を提供することが不可欠であるのは言うまでもないのだが,たとえどれだけ正確な科学的情報を多量に提供したとしても,それだけで予防接種に対する社会の不信が解消されることは望み得ないのではないだろうか。

 翻って日本の状況を見たとき,いま,社会の「予防接種不信」を解消する一層の努力が求められているというのに,例えば,いまだにポリオ経口生ワクチンが漫然と使用され続けていることが如実に示すように,一向に「やる気」が感じられない状況が続いている。麻疹といい,百日咳といい,死ななくてもいいはずの病気で子どもたちが死ぬのを見なくてはならないほど,悲しく,かつ,情けないことはないのだが……。

この項終わり

連載一覧