医学書院

検索
HOME週刊医学界新聞 > 第2809号 2008年12月08日

第2809号 2008年12月8日


第46回日本癌治療学会開催
患者と医療者をつなぐ「和と輪」で癌に挑む


 第46回日本癌治療学会が10月30日-11月1日,平川弘聖会長(阪市大)のもと,名古屋国際会議場(愛知県名古屋市)で開催された。コミュニケーションの重要性が叫ばれるようになって久しいが,それは癌治療においても同じであり,患者への接し方には配慮が重要になる。また,今日の癌治療を全体的な視野で見ても,そこには多様な業務・治療法があり,治療の進行においても診療科間,職種間の連携が不可欠になってきている。「和と輪」をメインテーマとした今回は,第67回日本癌学会との共催のもと,癌治療の各分野で奮闘するエキスパートたちが,互いの取り組みを示し,理解しあうことをめざし,活発な議論が行われた。本紙では,その一部を報告する。


 会長講演では,腫瘍外科医である平川氏からみた癌診療の現状と今後に対する考えが述べられた。わが国の癌治療が世界でもトップレベルにあることから,今後の癌診療では,生存率や生存期間などの成果だけでなく,低侵襲性や緩和医療といったQOLの保証,医療費増大を食い止め得るコスト面での優位性が求められているとした。

 続いて,癌診療における腫瘍外科医の役割を考察。現在,腫瘍外科医の業務は,手術と周術期の管理という本来の業務に加えて,化学療法,画像診断など広範多岐にわたっている。この点を踏まえ,氏は「がん治療認定医」の普及と,癌診療の集約化を図ることで,癌診療の効率化をめざす考えを示した。そうすることで,人材の適正配分が行われ,研究活動の臨床への還元,臨床レベルの向上というプラスの効果が期待できるとした。

標準的治療と先端治療の両立を

 国民がスムーズに癌診療を受けるための診療体制の整備も求められている。特別講演を行った今井浩三氏(日本がん治療認定医機構)は,国民にとって,明快で利用しやすい癌診療体制をめざして,がん治療認定医の育成に取り組んでいる。氏は,地域・施設・病状にかかわらず受けられる治療と,病状に応じた専門性の高い治療がスムーズにつながっていく治療体制を国民は求めているとした。その上で,癌診療における標準治療・臨床試験・臨床研究を担うがん治療認定医と先端的治療開発研究を行う各種癌専門医との2層から成る体制で癌治療を担っていきたい考えを示した。

セカンド・オピニオンが患者の心を後押しする

 患者の不安の解消も医師の大事な役目である。招請講演の杉町圭蔵氏(九州中央病院)は,2003年から主に外科治療や癌に関するセカンド・オピニオン相談を無料で実施し,これまでに1400人もの患者の相談に乗ってきた。

 氏によると,患者は「主治医の説明が難解」などの問題のほかにも,「主治医が忙しそうで,聞くのが申し訳ない」「主治医を信じているが,念のために別の専門家の意見を聞きたい」など,複雑な心境の中で不安を抱えているという。

 このような状況を踏まえ氏は,セカンド・オピニオンにより患者さんの不安が取り除かれることの効果を訴えた。その上でセカンド・オピニオンの普及には,「主治医以外の医師に相談することを後ろめたく思う必要はない」という方向への患者の認識の変化と,セカンド・オピニオンの効果を認識し,診療報酬の対象にすることが必要だとした。

患者に優しい臨床開発を

 パネルディスカッション「乳癌臨床試験を円滑に進めるための医師・チーム・患者さんのより良い関係構築に向けて」(座長=愛知県がんセンター・岩田広治氏)では,乳癌の臨床試験にかかわる5人のパネリストが,臨床試験のあり方について議論した。

 KMBOG(Kinki Multidisciplinary Breast Oncology Group)という乳癌治療の臨床試験グループに属する増田慎三氏(大阪医療センター)は,臨床試験立案のポイントを提示。まず,新たな治療法につながるような知見の登場に対してアンテナを張り,早期の臨床試験開始を図る心構えをしておくことを挙げた。また,癌の再発巣と原発巣を有する患者のいずれかで試験を行う場合,倫理的な問題が許すならば,より周術期に近い後者を選ぶなど,結果がより明確にわかる試験対象の選定も重要視した。ほかにも,試験スタッフや患者などにもわかりやすい試験のデザインや,グローバル試験への参加などを挙げた。

 続いて,臨床現場で臨床試験の実施を数多くこなしている高島勉氏(阪市大)が,患者に試験協力の理解と同意を得るための,医師としてのあり方を示した。氏が最初に挙げたのは,通常の治療と同じように,患者の病状,試験の効果・有害事象などを丁寧に示すこと。さらに標準治療の進歩のためには試験への心理的影響などを解決できるRCTが必要であることなどを説明し,理解を求めることを挙げた。医師自身が試験する治療法に期待し,ともに挑戦する姿勢を示すことも,患者に勇気と信頼を与えるとした。

 臨床試験のスムーズな進行において,CRC(Clinical Research Coodinator:治験コーディネーター)が果たす役割も重要になっている。齋藤裕子氏(静岡県立がんセンター)は,CRCとして勤務する一方で,CRC養成にもかかわっており,その経験を踏まえ,CRCの役割を述べた。氏は,CRCを試験チームにおける潤滑油であると喩えた。実際,患者のケアやサポート,試験チームの調整,データマネジメントなど,CRCの役割は広範かつ重要なものが多い。今後の臨床試験の進行におけるCRCの存在感を強く印象付けた。

期待と不安 臨床開発と患者

 続いて,実際に乳癌を患い,克服した経験を持つ金岡益代氏(あけぼの会)が登壇。あけぼの会は,全国規模の広がりを持つ乳癌の患者団体で,電話相談などの乳癌患者へのサポートや,検診促進などの早期対策の啓発活動を行っている。氏はその経験を踏まえ,乳癌患者の治療や臨床試験に対する思いを紹介。「新薬の早期承認を望み,最新の治療を受けたいが,臨床試験への参加に際しては新薬の治療効果への期待と副作用に対する不安がある」「試験への参加を断っても大丈夫なのだろうか」など患者が抱える複雑な思いを述べ,患者と医師の信頼関係の再確認を訴えた。

 臨床試験の結果が正しく解釈・評価されることは,認可の向こうにある患者への治療効果・安全の保証と,今後の臨床試験が現在の臨床試験結果に基づいて行われていくという意味で重要である。山口拓洋氏(東大)は,それらを保障する試験データ解析のあり方を述べた。氏は,データの解析には試験デザイン,実施方法,統計解析方法,結果の提示方法などについての正しい理解が必要であるとした。また,わが国では,データ解析に携わる研究者がまだまだ不足していることを挙げ,マンパワーの充実も課題であるとした。