HOME > 震災関連記事 無料公開のご案内
無料公開は2016年5月31日をもちまして終了いたしました。
ご意見,ご要望,お問い合わせは こちらのフォーム からお寄せください。
被災地の一日も早い復旧,復興をお祈り申し上げます。
震災関連記事 無料公開のご案内

 平成28年熊本地震で被災された皆様に,心よりお見舞いを申し上げます。

 弊社発行の雑誌の震災関連記事のPDFを,2016年5月末日まで全文無料で公開いたします。被災された方々の治療・ケアに当たられる医療従事者の皆様にご活用いただき,少しでもお役に立てれば幸甚に存じます。

 一日も早い復旧,復興をお祈り申し上げます。

2016年4月25日
株式会社 医学書院
雑誌・特集インデックス 医学系雑誌 看護系雑誌
公衆衛生 特集 自然災害と公衆衛生活動
特集 広域・複合災害に備える—自治体の公衆衛生活動
連載 災害を支える公衆衛生ネットワーク
大地震等の災害時における環境衛生対策 ほか
medicina 一内科医として東日本災害医療派遣を経験して ほか
JIM 特集 災害被災地におけるプライマリ・ケア
災害時に発生する問題とその解決策—三宅島火山災害の経験から ほか
特集 被災地のプライマリ・ケア復興に向けて
糖尿病診療マスター 特別座談会 震災時に糖尿病医療はどう維持されたのか?
呼吸と循環 特集 大震災と循環器・呼吸器疾患
災害時の呼吸器感染症 ほか
精神医学 特集 阪神・淡路大震災—現場からの報告
特集 災害精神医学の10年—経験から学ぶ
特集 災害時の避難大作戦:精神科編
災害とアルコール問題—被災地における中長期的なメンタルヘルス問題
連載 東日本大震災・福島第一原発事故と精神科医の役割
臨床外科 特集 NOTSS—外科医に問われる手技以外のスキル(抜粋)
臨床整形外科 誌上シンポジウム 大震災と整形外科医
臨床眼科 特集 災害,震災時の眼科医療
被災地における眼科診療を振り返る ほか
臨床皮膚科 東日本大震災と皮膚科医 ほか
総合リハビリテーション 特集 東日本大震災とリハビリテーション
災害や停電の管理と対策—東日本大震災における在宅酸素療法患者への対応
理学療法ジャーナル 特集 東日本大震災と理学療法
特集 大規模災害の支援・防災活動—大震災からの学び
病院 特別記事 広域大災害に対する病院の備え


公衆衛生
表紙画像
2005年6月号(Vol.69 No.6)
特集 自然災害と公衆衛生活動
  • 地域の被災対処能力を評価する (上原鳴夫) [4980KB]
  • 阪神・淡路大震災時の対応 (後藤 武) [373KB]
  • 【保健所長インタビュー】 新潟県中越地震を経験して—災害医療には心身両面の救援活動の体系を!
    (内野英幸,聞き手=阿彦忠之) [467KB]
  • 震災後のメンタルヘルスを考える—新潟県へ「岡山県心のケアチーム」を派遣して
    (山野井尚美,岡山県心のケアチーム) [278KB]
  • 三宅島噴火災害を支援して (小杉眞紗人) [257KB]
  • 台風豪雨災害にどう対処したか (清水昌好) [244KB]
  • 災害発生時における保健師活動 (井伊久美子) [282KB]
  • 新潟県中越地震と阪神・淡路大震災の比較から,災害発生時の保健師活動を考える (奥田博子) [281KB]
  • 東海地震に備える—静岡県における広域医療搬送 (村上昌弘) [361KB]

表紙画像
2011年12月号(Vol.75 No.12)
特集 広域・複合災害に備える—自治体の公衆衛生活動
  • 扉 [188KB]
  • 広域災害に対する公衆衛生活動 (桜山豊夫) [306KB]
  • 東日本大震災における被災地救護活動のマネージメント (石井 正) [870KB]
  • 被災地の医療支援と医療復興の課題 (尾身 茂) [363KB]
  • 東日本大震災の復旧復興に向けた支援—阪神・淡路大震災の経験を生かして (井戸敏三) [410KB]
  • 東日本大震災の被災地への公衆衛生活動支援—大阪府の現状から (永井仁美) [975KB]
  • 東日本大震災における被災地への保健師派遣と被災者に対する健康支援の現状と課題 (畑農 文) [290KB]
  • 東日本大震災の被災地の保健所活動の現状と課題 (白井千香) [359KB]
  • 被災地における被災者(住民・公衆衛生関係者)の支援活動
    —陸前高田市の現地調整・後方支援活動から (佐々木亮平) [311KB]
  • 世界の大災害の被さい地から被さい者支援を考える (石塚 彩) [924KB]

2012年4月号(Vol.76 No.4)~2013年3月号(Vol.77 No.3)
【連載 災害を支える公衆衛生ネットワーク~東日本大震災からの復旧,復興に学ぶ】
  • 第1回 公衆衛生版トリアージの実際 (佐々木亮平,岩室紳也) [2.3MB]
  • 第2回 被災地の復旧,復興に不可欠な公衆衛生機能とは (佐々木亮平,岩室紳也) [1.8MB]
  • 第3回 災害時の情報共有の課題—インターネット活用の視点から (佐々木亮平,岩室紳也) [1.75MB]
  • 第4回 専門職の公的短期派遣の意義と課題 (佐々木亮平,岩室紳也) [1.8MB]
  • 第5回 健康・生活調査(全戸訪問調査) (佐々木亮平,岩室紳也) [1.8MB]
  • 第6回 「場」づくりを意識した企画調整機能の重要性 (佐々木亮平,岩室紳也) [1.8MB]
  • 第7回 長期派遣総括保健師の役割 (佐々木亮平,岩室紳也,日高橘子) [1.8MB]
  • 第8回 こころのケアとは—ハイリスクアプローチの視点から (佐々木亮平,岩室紳也) [1.8MB]
  • 第9回 こころのケアとは—ポピュレーションアプローチの視点から (佐々木亮平,岩室紳也) [2.0MB]
  • 第10回 陸前高田市を支えた保健所機能 (佐々木亮平,岩室紳也) [1.8MB]
  • 第11回 復興を推進する「未来図」へ (佐々木亮平,岩室紳也) [2.0MB]
  • 第12回 [対談]改めて,支援から協働へ—連載の最終回を迎えて (佐々木亮平,岩室紳也) [1.3MB]
2011年6月号(Vol.75 No.6) 「特集 基礎から学ぶ環境衛生」 より
  • 大地震等の災害時における環境衛生対策
    (五味武人,竹内彦俊,鈴木 晃,八木憲彦,中島二三男,奥田博子) [476KB]
2013年1月号(Vol.77 No.1) 「特集 公衆衛生の危機」 より
  • 災害公衆衛生チーム(Disaster Public Health Assistance Team:DPAT)の創設と
    災害時における保健所の役割 (笹井康典) [376KB]
2014年9月号(Vol.78 No.9) 「特集 超高齢社会—大都市の高齢者支援の課題」 より
  • 高齢社会における災害対策の課題 (室崎益輝) [346KB]
2015年12月号(Vol.79 No.12) 「特集 進めよう! COPD対策」 より
  • 在宅酸素療法患者の危機管理とQOL改善支援—在宅医療機器業者の立場から (冨森浩二) [613KB]

medicina 内科臨床誌メディチーナ
表紙画像
2011年8月号(Vol.48 No.8) SCOPE
  • 一内科医として東日本災害医療派遣を経験して (鈴木健樹) [417KB]
2014年6月号(Vol.51 No.6) REVIEW & PREVIEW
  • 大災害と心血管病 (高橋 潤,下川宏明) [409KB]

JIM プライマリ・ケア/総合診療のための「ジム」
表紙画像
2005年8月号(Vol.15 No.8)
特集 災害被災地におけるプライマリ・ケア
  • 災害被災地におけるプライマリ・ヘルス・ケア 被災地の医療援助の原則 (菅波 茂) [335KB]
  • 被災地援助に求められるもの (石川 清) [491KB]
  • 被災地での心のケア (森 茂起) [385KB]
【被災した医師としての経験】
  • 被災した医師としての経験:阪神・淡路大震災 (惠美裕一郎) [216KB]
  • 被災した医師としての経験:新潟中越地震① (根本聡子) [254KB]
  • 被災した医師としての経験:新潟中越地震② (根元純一) [213KB]
  • 被災した医師としての経験:台風23号 (佐藤泰吾) [235KB]
【被災地を援助した経験から】
  • 新潟中越地震におけるプライマリ・ケア支援活動 (高山義浩) [355KB]
【スペシャル・アーティクル】
  • 関連死・車中死の機序と救護所医療 アロスタシスの視点から (上田耕蔵) [492KB]
  • 被災地救援の最近の経験 海外の場合 (田中康夫) [316KB]
【JIM Report】
  • 新潟中越地震における災害援助医療チームに参加して 一般臨床医としての立場から
    (木村琢磨,森 伸晃,鄭 東孝,青木 誠) [465KB]

2011年8月号(Vol.21 No.8) 「特集 病院総合医 免許皆伝」 より
  • 災害時に発生する問題とその解決策—三宅島火山災害の経験から (箕輪良行) [534KB]
2012年2月号(Vol.22 No.2) JIM Report
  • 災害時の漢方診療報告 (高山 真) [959KB]
2012年11月号(Vol.22 No.11) 「特集 実践! 家族アプローチ」 より
  • 災害医療における家族サポート—行方不明者家族への支援 (瀬藤乃理子,石井千賀子) [335KB]

表紙画像
2013年1月号(Vol.23 No.1)
特集 被災地のプライマリ・ケア復興に向けて
  • 今月のQuestion & Keyword Index [350KB]
【JIMで語ろう】
  • 「人が人を支援する」—前例のない事態に対応するために (西條剛央,大橋博樹) [1.28MB]
【被災地のこれから】
  • プライマリ・ケアの立て直しは始まったばかり—本吉病院の事例から (川島 実) [681KB]
  • 被災地におけるプライマリ・ケアとプライマリ・ヘルス・ケア (長 純一) [708KB]
  • 東日本大震災後の対応と,被災地医師の動向—医師会活動を中心に (大友 仁) [747KB]
  • 被災地でのコミュニティ・ケア—プライマリ・ケアの本領を発揮する (孫 大輔) [745KB]
【3.11を振り返る】
  • 震災発生,その時プライマリ・ケアのニーズはどこにあったのか? (泉水信一郎) [631KB]
  • 災害医療コーディネーターとして活動して (西澤匡史) [619KB]

糖尿病診療マスター
表紙画像
2012年1月号(Vol.10 No.1)
  • 【特別座談会】 震災時に糖尿病医療はどう維持されたのか? (安海 清,内藤 孝,石垣 泰,赤井裕輝) [654KB]

呼吸と循環
表紙画像
2012年9月号(Vol.60 No.9)
特集 大震災と循環器・呼吸器疾患
  • 序文 (下川宏明) [138KB]
  • 大震災と下肢深部静脈血栓症・肺塞栓症 (榛沢和彦) [793KB]
  • 大震災と急性冠症候群 (中里和彦, 竹石恭知) [900KB]
  • 震災と心不全,たこつぼ型心筋症 (青木竜男,福本義弘) [546KB]
  • 大震災と脳卒中:わが国における経験を踏まえての検討
    (北 義人,川尻剛照,土田真之,寺本了太,藤野 陽,今野哲雄, 山岸正和) [559KB]
  • 大震災と高血圧 (西澤匡史,星出 聡,新保昌久,苅尾七臣) [1.1MB]
  • 大震災と肺炎 (中舘俊英,井上義博,遠藤重厚) [671KB]

2014年8月号(Vol.62 No.8) 「特集 呼吸器感染症診療の変貌」 より
  • 災害時の呼吸器感染症 (高橋 進,櫻井 滋) [390KB]
2015年3月号(Vol.63 No.3) Bedside Teaching
  • 在宅酸素療法の災害時対応 (小林誠一,矢内 勝) [827KB]

精神医学
表紙画像
1995年7月号(Vol.37 No.7)
特集 阪神・淡路大震災—現場からの報告
  • 救護活動から見えてくるもの (小池清廉,立花光雄,中嶋章作) [6.2MB]
  • 阪神・淡路大震災における精神科救援・救護活動の現場と問題点
    —日本精神神経学会阪神大震災対策特別委員会関西現地本部本部長の立場より (堺 俊明) [7.0MB]
  • 被災地内部から—レポートを書いてしまった人間の4か月目のレポート (中井久夫) [9.7MB]
  • 震災直後の入院症例—ある被災地自治体立精神病院からの報告
    (山口直彦,戸田和宏,幸地芳朗,岩尾俊一郎) [7.2MB]
  • 精神科医療救護チームおかやまの活動について (大森文太郎) [7.8MB]

表紙画像
2006年3月号(Vol.48 No.3)
特集 災害精神医学の10年—経験から学ぶ
  • 災害精神医学の10年—経験から学ぶ—企画にあたって (新福尚隆) [218KB]
  • 日本における災害精神医学の進展—阪神・淡路大震災後の10年間をふり返って (加藤 寛) [536KB]
【自然災害】
  • 雲仙・普賢岳噴火災害被災住民の長期経過後の精神的問題 (太田保之,荒木憲一,本田純久) [401KB]
  • 阪神・淡路大震災被災者の長期的健康被害 (新福尚隆) [504KB]
  • 新潟県中越地震における災害時精神保健医療対策 (後藤雅博,福島 昇) [481KB]
  • 2005福岡西方沖地震から6か月後 (實松寛晋,松本奈々子,大坪みどり,西浦研志) [470KB]
【人為災害】
  • 長崎原爆被害者:心理障害認定の道のり (中根允文) [1.0MB]
  • 地下鉄サリン事件被害者の心のケア (飛鳥井望) [451KB]
  • ガルーダ機墜落事故とえひめ丸沈没事故—輸送災害における被災者ケア (前田正治,丸岡隆之,前田久雄) [496KB]
【国際的活動】
  • 神戸から埔里へ—震災後の精神保健での日本,台湾の協力 (植本雅治,鵜川 晃,川口貞親,井上幸子) [640KB]
  • ペルー日本大使公邸人質占拠事件の心理的影響 (金 吉晴,笠原敏彦,小西聖子) [443KB]
  • 9.11米国同時多発テロ事件と海外におけるメンタルヘルスケア (神山昭男) [427KB]
  • スマトラ沖地震津波—心のケアと国際支援の仕組み (秋山 剛) [398KB]

表紙画像
2011年11月号(Vol.53 No.11)
特集 災害時の避難大作戦:精神科編
  • 災害医療の基礎 (徳野慎一) [407KB]
  • 災害時の病院避難計画のための基礎知識 (冨岡譲二) [626KB]
  • 精神科医のための災害時外傷応急処置 (中川雄公,嶋津岳士) [648KB]
  • 災害時の精神科疾患の反応 (木下裕久,中根秀之,中根允文) [316KB]
  • 災害対応後の病院職員へのケア (高橋祥友) [305KB]
  • 実際の避難例—病院の場合 (白濱龍興) [564KB]
  • 実際の避難例—避難支援の立場から (柳川洋一) [730KB]
  • 震災避難 (朝田 隆) [516KB]

2012年11月号(Vol.54 No.11) 「特集 アルコール・薬物関連障害」 より
  • 災害とアルコール問題—被災地における中長期的なメンタルヘルス問題 (野田哲朗) [512KB]
2013年1月号(Vol.55 No.1)~2014年3月号(Vol.56 No.3)
【連載 東日本大震災・福島第一原発事故と精神科医の役割】
  • 第1回 連載開始にあたって (丹羽真一) [210KB]
  • 第2回 カタストロフィ—その時精神科医は何を感じたか (前田正治) [408KB]
  • 第3回 東日本大震災以後の岩手医科大学におけるこころのケア活動について
    (大塚耕太郎,酒井明夫,中村 光,赤平美津子,冨沢秀光,佐藤瑠美子,
    小久保ゆみ,大杉美和子,齋藤多佳子,岩戸孝政,岩戸清香) [439KB]
  • 第4回 東日本大震災における宮城県の精神科医の活動
    (松本和紀,小原聡子,林みづ穂,原 敬造,白澤英勝) [418KB]
  • 第5回 超高齢社会における災害時のメンタルヘルスケア (池嶋千秋,朝田 隆) [860KB]
  • 第6回 小児のメンタルヘルスと精神科医 (岩垂喜貴,齋藤万比古) [525KB]
  • 第7回 東日本大震災における福島県の精神科医の活動 (矢部博興) [466KB]
  • 第8回 放射線災害への不安と精神科医 (丹羽真一,金 吉晴,秋山 剛) [1.4MB]
  • 第9回 大災害後の支援者支援 (加藤 寛) [338KB]
  • 第10回 精神医学・精神科医療関係団体の活動(1)
    (丹羽真一,秋山 剛,前田正治,澤 温,前田 潔,齊藤万比古,朝田 隆) [525KB]
  • 第11回 精神医学・精神科医療関係団体の活動(2) (渡辺洋一郎,川副泰成,松田ひろし) [348KB]
  • 第12回 災害支援学の立場からの中長期的支援の構想—今後同様な災害が起こった場合も含めて
    (高橋 晶,山下吏良,高橋祥友) [464KB]
  • 第13回 3.11が精神科医に教えてくれるもの (加藤 敏) [438KB]
  • 第14回 大震災を機とした精神科医療の再興・新生 (岡崎祐士) [459KB]

臨床外科
表紙画像
2013年7月号(Vol.68 No.7)
特集 NOTSS—外科医に問われる手技以外のスキル (抜粋)
  • 災害医療からみたノンテクニカルスキル-災害対応時に守った「行動原則」 (石井 正) [693KB]
  • 災害医療に携わった看護師からみたノンテクニカルスキル-東日本大震災からの教訓と提言 (星 愛子) [507KB]

臨床整形外科
表紙画像
2012年3月号(Vol.47 No.3)
誌上シンポジウム 大震災と整形外科医
  • 緒言 (菊地臣一) [868KB]
  • 岩手県での経験から—身元不明遺体の治療痕跡を利用した個人識別の経験 (沼田徳生,蒔苗 永) [2.1MB]
  • 宮城県での経験から—東日本大震災を振り返って—私たちはよい医療が提供できたか? (佐野博高) [1.4MB]
  • 福島県での経験から—東日本大震災と引き続く放射線被ばく問題について
    —福島医大,福島医大整形外科の活動と福島県の現状 (大谷晃司,紺野愼一,宍戸裕章) [1.8MB]
  • 茨城県での経験から—茨城県(筑波大学附属病院)における大災害下の医療活動の経験から (坂根正孝) [1.8MB]
  • DMATにおける大災害下の医療活動の経験から (谷川攻一) [1.1MB]

臨床眼科
表紙画像
2012年11月号(Vol.66 No.12)
特集 災害,震災時の眼科医療
  • 東日本大震災における岩手被災地での取り組み (高橋和博) [1.9MB]
  • 宮城県における眼科医療 (高橋秀肇,中澤 徹) [1.9MB]
  • 地震,原発事故と眼科医療 (石龍鉄樹) [923KB]
  • 大災害時に効率的に医療を提供するために—眼科医として救援活動に参加して (上條由美) [670KB]
  • 放射線障害 (前田利根) [274KB]

2012年5月号(Vol.66 No.5) 今月の話題
  • 被災地における眼科診療を振り返る (中澤 徹) [963KB]
2012年8月号(Vol.66 No.8) 「特集 第65回日本臨床眼科学会講演集(6)」 より
  • 東日本大震災早期の石巻中学避難所における眼科疾患の検討 (松田 聡) [475KB]

臨床皮膚科
表紙画像
2012年増刊号(Vol.66 No.5) 「特集 最近のトピックス2012」 より
  • 東日本大震災と皮膚科医 (相場節也) [417KB]
2014年9月号(Vol.68 No.10) マイオピニオン
  • 東日本大震災の教訓から学ぶ,来るべき大災害に対する皮膚科医の備え (相場節也) [240KB]

総合リハビリテーション
表紙画像
2012年3月号(Vol.40 No.3)
特集 東日本大震災とリハビリテーション
  • 今月のハイライト [185KB]
  • 東日本大震災リハビリテーション支援関連10団体の活動報告 (小林由紀子,石川 誠) [1.4MB]
  • リハビリテーション専門病院としての支援活動 (及川忠人) [348KB]
  • 障害特性に基づく地域リハビリテーション支援活動 (樫本 修) [576KB]
  • 原発被災地でのリハビリテーション支援活動 (渡部英晃) [580KB]
  • 行政によるリハビリテーション支援体制—栗原市の状況 (小泉 勝) [416KB]

2013年2月号(Vol.41 No.2) 「特集 呼吸リハビリテーション—新しいチーム医療の展開」 より
  • 災害や停電の管理と対策—東日本大震災における在宅酸素療法患者への対応 (松本忠明) [2.3MB]

理学療法ジャーナル
表紙画像
2012年3月号(Vol.46 No.3)
特集 東日本大震災と理学療法
  • EOI(essences of the issue) [167KB]
  • 震災発生時の医療機関におけるリハビリテーション部門の活動 (冨山陽介) [520KB]
  • 気仙沼圏域における被災後の地域リハビリテーション支援活動について
    —県保健福祉事務所を軸にした震災後の地域リハビリテーション支援活動 (後藤博音) [961KB]
  • 介護老人保健施設を軸にした震災後の理学療法・士の支援活動 (金野千津) [314KB]
  • 一般病院を軸にした震災後の理学療法・士の支援活動 (関根忠男,菊地 健) [987KB]
  • 職能団体としての組織的な理学療法・士の震災支援活動 (坪田朋子,黒木 薫,渡邊好孝) [343KB]
  • 医療救護班における理学療法・士の支援活動 (渡邉要一) [443KB]
  • 【座談会】 東日本大震災における理学療法・士の支援活動 (後藤博音,白根達也,半田一登,鶴見隆正) [767KB]

表紙画像
2015年3月号(Vol.49 No.3)
特集 大規模災害の支援・防災活動—大震災からの学び
  • EOI(essences of the issue) [252KB]
  • 大規模災害時の日本理学療法士協会としての支援体制と理学療法・士の役割 (梶村政司) [1.3MB]
  • 災害派遣医療チーム(DMAT)における理学療法士の支援活動 (浅野直也,冨岡正雄,小早川義貴,近藤和泉) [3.9MB]
  • 県士会(公益法人)の地域支援・防災システム構築と理学療法・士の役割 (下田栄次,隆島研吾) [1.2MB]
  • 大規模災害発生時の医療機関の緊急対応システムと理学療法・士の役割 (冨山陽介) [608KB]
  • 東日本大震災および東京電力福島第一原子力発電所事故による福島県南相馬市の現状と課題
    —南相馬市立総合病院リハビリテーション科の支援活動 (小野田修一) [805KB]
  • 「宮古・山田訪問リハビリステーションゆずる」の支援活動と課題 (石田英恵,櫻田義樹) [854KB]
  • 【座談会】 大規模自然災害への支援・防災活動 (鶴見隆正,坪田朋子,金野千津,安部ちひろ) [5.7MB]
【震災支援からの私の学び】
  • 1.災害の特徴に則した支援活動の検討 (林 寿恵) [1.4MB]
  • 2.円滑な支援のために必要なもの (竹内伸行) [1.1MB]
  • 3.東日本大震災における宮城県石巻市での公的理学療法士の活動 (千葉智子) [878KB]
  • 4.東日本大震災後の石巻市における民間組織でのリハビリテーション支援活動 (橋本大吾) [339KB]

病院
表紙画像
2013年3月号(Vol.72 No.3)
  • 【特別記事】 広域大災害に対する病院の備え (河口 豊) [1.2MB]

看護教育
表紙画像
2011年12月号(Vol.52 No.12)
特集 今,学生と共にいのちを考える (抜粋)
  • 突然死による遺族の悲嘆とその向き合い方 (米田朝香) [1.0MB]
  • 東日本大震災の被災地にある学校からのメッセージ (森岡 薫) [1.2MB]

表紙画像
2012年3月号(Vol.53 No.3)
特集 石巻赤十字看護専門学校の復興に向けて (抜粋)
  • 被災後の学校運営と今後の課題 (工藤三枝子) [964KB]
  • 石巻赤十字看護専門学校復興支援要員派遣の実際と課題
    復興に向けた日本赤十字社の取り組みと評価 (池田由美子) [2.5MB]

2011年7月号(Vol.52 No.7)
  • 【特別記事】 災害看護,それはこれまでの人生を問われるもの
    東日本大震災の復興および被災者支援活動から (川原礼子) [2.5MB]
2013年9月号(Vol.54 No.9)~2015年4月号(Vol.56 No.4)
【連載 ひろがる災害医療と看護 身につけるべき知識とスキル】
  • 連載を始めるにあたって (小井土雄一, 石井美恵子) [2.9MB]
  • 第1回 新しい災害医療体制 (小井土雄一,近藤久禎,小早川義貴) [11.4MB]
  • 第2回 災害看護に必要な知識とスキル (石井美恵子) [1.0MB]
  • 第3回 被災地の医療機関における災害医療と看護 (石井 正,澁谷多佳子) [1.4MB]
  • 第4回 災害現場(救護所)で必要な医療と看護 (阿南英明,網木政江) [1.2MB]
  • 第5回 病院支援を行う側と受け入れる側に必要なこと (寺村 文恵,小野寺 淳) [1.1MB]
  • 第6回 特別編 フィリピン共和国における台風被害に対する国際緊急援助隊医療チームの活動 (高村ゆ希) [1.4MB]
  • 第7回 災害現場で必要な災害医療と看護 (井上潤一,川谷陽子) [1.4MB]
  • 第8回 災害看護に必要な感染対策 (山田英子) [1.1MB]
  • 第9回 避難所における災害看護 (内海清乃) [1.1MB]
  • 第10回 災害時における在宅看護—東日本大震災の現場から (村上悦子) [1.0MB]
  • 第11回 被災者・支援者の心理反応 (大沼麻実,大滝涼子,金 吉晴,石井美恵子) [991KB]
  • 第12回 災害時の精神疾患患者への対応 (山本賢司) [1.0MB]
  • 第13回 災害関連死を巡る課題 (小早川義貴) [1.6MB]
  • 第14回 看護師からみた震災関連死 (小塚 浩) [1.1MB]
  • 第15回 災害看護に必要なパブリックヘルス (國井 修) [1.0MB]

看護研究
表紙画像
2014年12月号(Vol.47 No.7)
特集 看護を語る 看護を創る (抜粋)
  • ケアと共感疲労—東日本大震災での救援体験をめぐる2人の看護師の語りから (小宮敬子) [3.1MB]

保健師ジャーナル
表紙画像
2011年9月号(Vol.67 No.9)
特集 初動—東日本大震災の被災地支援
  • 扉 [411KB]
  • 被災地支援で教えられた公衆衛生の原点—初動期における宮城県での支援の経験から (田上豊資) [727KB]
  • 静岡県の初動体制と仙台市および岩手県での保健師活動
    —「助かった命を守る」ための組織的支援 (土屋厚子,川田敦子) [535KB]
【早期に派遣された保健師からの報告】
  • 1次避難所における被災者の健康課題と対応—京都府から会津若松市への支援を通じて (千葉圭子) [867KB]
  • 東日本大震災発生から1か月頃の保健活動—高知県による南三陸町での活動から (竹崎久美子) [357KB]
  • 原発事故ゆえの特殊性と支援の検証課題—厚生労働省看護技官として福島県へ (中板育美) [738KB]

表紙画像
2012年3月号(Vol.68 No.3)
特集 東日本大震災から1年—保健師が受け止めたもの
  • 扉 [170KB]
  • 【座談会】 地元保健師の立場から語る,被災から現在そして今後に向けて
    (藤山明美,島香聖子,佐藤由理,斎藤恵子) [2.2MB]
  • 被災地支援覚え書—災害支援のための視座 (大木幸子) [1.6MB]
  • 全国の自治体保健師による被災地支援について—厚生労働省保健指導室のまとめから (尾田 進) [1.2MB]
  • 保健衛生システム復興のために—東北大学地域保健支援センターの立ち上げと活動
    (佐藤眞理,辻 一郎,押谷 仁,平野かよ子) [4.5MB]
【被災地の保健師から】
  • 岩手県大船渡保健所—有事に備える準備力と組織力を (花崎洋子) [1.3MB]
  • 宮城県仙台市—復興に向けた,市民の健康を守る活動のあり方とは (及川艶子) [2.6MB]
  • 福島県南相馬市—原発事故への対応から市民生活の復興をめざして (大石万里子) [2.7MB]

2014年2月号(Vol.70 No.2)
  • 【特別記事】 大分県における水害時の保健活動—県保健所による市町村支援を中心に
    (西本真由美,藤本紀代美) [1.3MB]

訪問看護と介護
表紙画像
2011年9月号(Vol.16 No.9)
特集 災害と地域ケア
  • 扉 [126KB]
  • 被災地の訪問看護の今とこれから それぞれにできることを考える (角田直枝) [1.7MB]
  • 訪問看護ステーションの『災害対策マニュアル』の準備と運用の実際 (河原宣子, 江間祐恵,穴吹浩子) [1.3MB]
  • 『東日本これからのケア』プロジェクト
    被災地での地域完結型看護・介護の中長期的支援システム構築のために (川島みどり) [672KB]
  • 震災1か月後の避難所支援 日本看護協会災害支援ナースとして (野崎加世子) [3.5MB]
  • 東日本大震災から感じた自分の中の“扉”の重さ (篠崎良勝) [601KB]
  • 訪問看護ステーション同士のつながりを強くし災害に備えよう (小暮和歌子) [560KB]
  • 訪問看護師に提案したい ポートフォリオ活用と『防災ハザードマップ』による地域連携 (鈴木敏恵) [909KB]
  • 【座談会】 在宅神経難病の災害時支援 災害時対応の“常識”が通用しない大規模災害に備えて
    (安田智美,千葉芙美,長谷川詩織,川口有美子) [4.3MB]

助産雑誌
表紙画像
2012年6月号(Vol.66 No.6)
特集 東日本大震災の記録
  • 扉 [166KB]
  • 被災地での周産期マネジメント (真坂雪衣,永沼洋子) [1.2MB]
  • 東日本大震災被災地での長期的な支援助産師の活動 (柴田洋美) [2.7MB]
  • 日本助産師会の支援活動 (市川香織,峰岸まや子) [2.2MB]
  • 阪神大震災の経験を生かした17年前の恩返し
    —日本助産師会兵庫県支部の支援物資搬送について (青山恭子) [3.5MB]
  • 周産期の災害対策に関する日本看護協会の取り組み
    —「分娩施設における防災マニュアル作成ガイド」の策定に向けて (岩澤由子) [1.2MB]
  • 被災地での母乳育児支援 (佐藤由美子) [2.4MB]
  • 懐中電灯でのお産 (伊藤朋子) [4.5MB]

2013年5月号(Vol.67 No.5)~2014年3月号(Vol.68 No.3)
【連載 災害時の母子保健 妊産婦を守る助産師の役割】(抜粋)
  • 第4回 避難所巡回妊産婦健診とアセスメント・シート(1) (吉田穂波) [1.9MB]
  • 第5回 避難所巡回妊産婦健診とアセスメント・シート(2) (吉田穂波) [1.8MB]
  • 第14回 必ず成功する災害時の妊産婦支援マニュアル—東日本大震災の経験から (吉田穂波) [933KB]

看護管理
表紙画像
2011年7月号(Vol.21 No.7)
特集 東日本大震災への災害支援—日本看護協会の取り組みと現場からの報告
  • 扉 [112KB]
  • 東日本大震災への日本看護協会の取り組み (井伊久美子) [778KB]
  • 【座談会】 東日本大震災被災地におけるコーディネーターとしての活動と課題
    (石井美恵子,多久和善子,佐々木吉子) [1.0MB]
  • 被災者支援活動の看護師を追う—未曾有の東日本大震災を受けて (藍原寛子) [1.0MB]
  • 新潟中越地震を振り返る—看護師として,そして被災者として今,伝えたいこと (丸山順子) [1.1MB]

表紙画像
2011年増刊号(Vol.21 No.8)
特集 東日本大震災への医療支援の記録—日本赤十字社の取り組みと被災地からの報告
  • 扉 [112KB]
  • 日本赤十字社の災害救護体制と東日本大震災における救護班の派遣 (浦田喜久子) [725KB]
  • 広域大災害における情報共有の実際と課題 (池田由美子) [843KB]
  • 石巻赤十字病院に助産師,看護師,ER支援要員を派遣
    —大災害時の施設支援要員派遣体制の確立が求められている (大林由美子) [626KB]
  • 石巻日赤・石巻看専支援要員に対するオリエンテーションの課題 (池田由美子) [1.5MB]
  • 初動班は移動しながらより救護が必要な地域を探す
    —栗原市で情報収集し,気仙沼市を経て陸前高田市へ (山岡ふき子) [1.0MB]
  • 相馬市,川俣町,二本松市へ—初動班は被災者を残して移動を余儀なくされた (赤井信太郎) [739KB]
  • 発災3日目,冠水が続くなか24時間体制の救護活動を支援 (渡邉美佐子) [717KB]
  • 4000人の放射線量測定と重症高齢者の搬送と受け入れ
    —放射能への風評被害から,災害弱者の避難が遅れ重症化していた (佐藤美香) [1.1MB]
  • トリアージより1人でも多くの診療を—災害急性期は状況の変化への対応が求められる (成田和枝) [1.2MB]
  • 福島県で活動を続けるための拠点をつくる
    —班員の安全確保,活動の継続を証明するという使命も兼ね (村中千栄子) [734KB]
  • 合同班に工夫と活力をもたらした毎日のブリーフィングとミーティング (木下美穂) [859KB]
  • 派遣助産師として,業務変更に対応しながら急増した分娩を介助した (荒巻東香) [866KB]
  • 震災前の6倍の患者が集中する石巻赤十字病院でER支援活動 (金子健一) [849KB]
  • 全国17関連校から市内唯一の石巻赤十字看護専門学校を支援
    —泥を削り落としながら流出した書類を復元 (小越佐知子) [1.2MB]
  • 東日本大震災における現地対策本部でのコーディネーション
    —石巻圏合同救護チーム本部支援に関わって (伊藤明子) [1.4MB]
  • 3.11東日本大震災における日本災害看護学会の活動—リスクマネジメントの視点から (山田 覚) [415KB]
  • アメリカから災害支援活動に参加して—NPコース修了者から見た現場 (原田奈穂子) [435KB]
  • 全国のJMATを中心とした支援で避難所での死亡者がゼロに
    —いわき市医師会 木田光一会長に聞く (藍原寛子) [582KB]
  • 被災地における地域中核病院としての対応 (大内京子) [295KB]
  • 被災地における地域中核病院の病棟での対応 (東 泰弘) [947KB]

表紙画像
2012年3月号(Vol.22 No.3)
特集 東日本大震災から1年—今後に活かす災害支援
  • 扉 [57KB]
  • 災害サイクルに応じた救護活動への提言
    —現地派遣スタッフのメンタルヘルスの実態と救護班看護師長の活動状況 (東 智子) [502KB]
  • 職員・救護班・患者の被曝不安のなかで—原発事故後の福島赤十字病院が取り組んだこと (伊藤とし子) [1.6MB]
  • 岩手県での急性期から現在までのこころのケア活動 (阿部幸子) [594KB]
  • 「語ろう!聞こう!会」からみえたこと—松江赤十字病院の派遣者のこころのケア (原 徳子) [724KB]
  • 長期的視野をもった看護支援を
    —看護ケア班の活動を引き継いだ日本赤十字看護大学合同の支援活動計画 (高田早苗) [276KB]
  • 日本赤十字看護大学合同ケアプロジェクト—仮設住宅での健康講座開催
    (村田美和,河端恵美子,迫田綾子,村田由香,山本加奈子,新沼 剛,三味祥子) [1.3MB]
【特別記事 被災地報告 東日本大震災における東北大学病院の災害看護】
  • (1)看護管理室の活動報告 (石井幹子,後藤えり子,門間典子,川原礼子) [569KB]
  • (2)トリアージ対応を含めた外来機能における看護活動報告 (後藤えり子,石井幹子,門間典子,川原礼子) [1.0MB]
  • (3)シフト調整とケアのマネジメント (石井幹子,後藤えり子,門間典子,川原礼子) [481KB]

精神看護
表紙画像
2011年5月号(Vol.14 No.3)
緊急特集 東日本大震災で揺れた私たち
  • 扉 [875KB]
  • 被災地の病院では何が起きていたのか—福島市・富士病院からの報告 (加藤久美) [1.6MB]
  • 2011年3月20日—被災地の病院から来た患者さんを受け入れた記録 (守田 亨) [1.4MB]
  • 共感疲労という二次災害から看護師を守る (武井麻子) [1.3MB]
  • 被災地にはいない私たちの動揺 (名越康文) [1.3MB]
  • 地震で本当に揺れたもの (春日武彦) [1.3MB]
  • 中井久夫氏に聞く [1.2MB]

表紙画像
2011年11月号(Vol.14 No.6)
特集 精神科看護師が読んでおくべき『災害時のこころのケア』
  • 扉 [307KB]
  • サイコロジカル・ファーストエイドには何が書かれているか (明石加代) [706KB]
  • アウトリーチ活動とサイコロジカル・ファーストエイド—現場で「そばにいられる人」であるために (萱間真美) [671KB]
  • 東日本大震災のこころのケア—最前線の地域から伝えたいこと (米倉一磨) [1.3MB]

(2016.04.25作成 2016.06.06更新)